無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

「弥生会計 オンライン」の魅力!会計ソフトとPOSレジで税理士が不要になるかも?

店舗で使っているPOSレジと、会計ソフトを連携させたいと考える方も多いのではないでしょうか。現在までに、様々なPOSレジと連携できる会計ソフトのサービスが登場していますが、今回は「弥生会計オンライン」というサービスについてご紹介していきます。
これから確定申告を行う店舗や、POSレジをもっと効率よく使いたいと考えている場合におすすめです。是非最後まで読んでみてくださいね!

弥生会計 オンライン とは?

弥生会計オンラインとは、弥生株式会社がサービスを提供するクラウド型の会計ソフト。そもそも弥生会計は、会計ソフトのシェアNo.1(※)とされています。

弥生会計オンラインの特徴としては、以下のことがあげられます。簿記、会計の知識がなくとも利用しやすく、汎用性の高い会計ソフトというのが弥生会計の特徴でしょう。

  • 簿記や会計の知識がなくてもわかりやすく使える機能や設計になっていて、初めての方でも簡単に使いこなせる会計ソフト
  • 数字をわかりやすいグラフレポートにしてくれるので、経営状況の把握に役立つ
  • サポート体制も万全!ソフトの操作だけではなく仕訳や経理業務の相談もサポート(ベーシックプラン)
  • クラウド型なのでMac・Windows問わずインターネット上でいつでも利用可能。

※(参考データ:弥生会計公式サイトーソフト実売統計において2018年年間最多販売ベンダー最優秀賞受賞(株式会社BCN調べ)等)



弥生会計 オンラインでできること

弥生会計でできる特に便利な機能をご紹介します。

データの入力機能

「スマート取引取込」機能では、銀行やクレジットカードでの取引明細を自動で取り込み、仕訳してくれるので、手間や時間を削減して効率のよい作業にすることができるでしょう。取引に関する入力は、データから読み込むこともできますが、わかりやすい画面でスマホ入力も可能。指定のデータ形式であれば、取引データを簡単に取り込むこともできるようになっています。
煩雑になりがちな明細情報を、自動取込・入力できるようになるので、作業時間を大幅に短縮できますよ。

かんたん取引入力では、簿記知識がなくても、日付や金額などを入力するだけで利用できます。

集計・レポート機能

入力されたデータを自動集計して、仕訳帳や総勘定元帳を作成することが可能。社内の経理業務だけでなく決算書の作成においても必要なものになり、法律でも作成が義務付けられています。会社の経営においても重要な数字を記すものとなりますので、これを自動で作成できるのが嬉しいですね。

便利で日々の経営に活かせるのが、各数字にもとづいた数値を集計してグラフ化してくれるレポート機能。数字だけをデータとして取り扱うよりも、視覚化することで、より会社の経営状態をわかりやすく捉えることができるでしょう。

決算書作成

基本的に1年に一度作成される決算書。税務署に確定申告を行う際や会社全体の経営状況を把握する上でも重要な参考にできるため重要な資料となります。
この決算書の作成にも対応していて、簡単なステップに沿って進んでいくことで作成していくことが可能です。
※個人事業主の決算・申告には非対応



弥生会計とほかの会計ソフトの違いは?

実績のある会社が展開するサービス

会計ソフトは様々な企業や新しいサービスが展開されていますが、どの企業のサービスを使えば良いのかわからないという方も少なくないはず。弥生会計は会計ソフトに関して実績も伴っているため安心して使うことができるでしょう。

弥生会計は、2018年には全国家電量販店等の実売統計で年間最多販売業者として最優秀賞を獲得。しかも業務ソフト部門では20年連続、申告ソフト部門では15年連続の受賞となっています(※1)。他にも、クラウド会計ソフトの事業者シェアで圧倒的シェア率を獲得(※2)。内容はもちろん、実績が伴った企業が展開するサービスとして、信頼して利用することができるのが大きな魅力のひとつではないでしょうか。

※1.参考データ:”BCN AWARD受賞企業一覧”BCN
※2.参考データ:”クラウド会計ソフトの利用状況調査”MM総研公式サイト

税理士・会計事務所のネットワーク

弥生会計オンラインでは、全国9,700もの税理士や会計事務所とパートナーシップを組んでいます。弥生プロフェッショナルアドバイザープログラムとして、何かあった時に頼れる事務所の基盤が整っているのも心強いのではないでしょうか。これから会社を設立する方、法人化を検討している個人事業主の方、各種申告時においてお困りの方はこのネットワークを生かして専門家を紹介してもらうことができるようになっています。
また、これらの専門家も弥生会計が展開する会計ソフトサービスを推薦しているため、より信頼できるサービスとして裏付けられるでしょう。

業界最大規模のフォロー体制

弥生オンラインでは、サポート体制を盤石に整えています。サービスを導入した後も、丁寧にフォローしてくれるのが安心できるでしょう。わからないことや確認したいことなど、電話やメール、チャット等で画面共有も行えるので使いやすいサポートサービスと言えるはず。こうしたサポート体制も、弥生会計オンラインならではの魅力です。

そのほか、クラウド型でMacにも対応、強度なセキュリティ対策を行なっているため、弥生会計だからこそ安心して使える要素がたくさんあると言えるでしょう。



弥生会計と連携しているPOSレジ

弥生会計と連携を行っているPOSレジは、以下の通りです。

スマレジ

スマレジは、小売、アパレル、飲食店など幅広い業態で使われている高機能タブレット型POSレジです。スタンダードプランであれば月額無料で利用が可能です。会計ソフトの連携について、弥生会計のほか、freeeやMF会計クラウドといった会計ソフトとも連携を行っています。

ユビレジ

ユビレジは、業種別に使える機能を選べるタブレット型POSレジです。飲食店向け・小売店向けのプランがあり、オリジナルのカスタマイズも対応可能。会計ソフトの連携について、弥生会計のほか、マネーフォワードクラウド会計、freeeなどの会計ソフトとも連携を行っています。

Airレジ

Airレジは、0円で簡単に使えるPOSレジアプリです。リクルートライフスタイルが展開している「Airペイ」「Airリザーブ」などと連携可能な点も魅力です。会計ソフトの連携については、弥生会計のほか、TKCの会計ソフト「FXシリーズ」、マネーフォワードクラウド会計、freeeなどの会計ソフトとも連携を行っています。

「スマレジ」「ユビレジ」「エアレジ」3社を比較した記事は、こちらからご確認いただけます。

「ユビレジ」「スマレジ」「エアレジ」3大タブレットPOSシステムを徹底比較!

弥生会計オンライン 利用にかかる費用

会計ソフトとして圧倒的な魅力を持つ「弥生会計オンライン」。実際に利用するとなると、どれくらいの金額がかかるのでしょうか?各プランごとに見ていきましょう。

※「弥生会計オンライン」は法人向けサービスとなり、個人事業主には対応しておりませんのでご注意ください

無料体験プラン セルフプラン ベーシックプラン
費用 最大2カ月無料 26,000円(税別)/1年間 30,000円(税別)/1年間
機能 初期サポートとして、電話・メールサポートが利用できます。ただし、決算書作成機能は利用できません。 すべての機能が利用可能。初期サポートとして、電話・メールサポートが最大2カ月間利用できます。 すべての機能が利用でき、電話・メールサポートも期間の制限なく利用できます。

 


まとめ

今回はクラウド型の会計ソフト「弥生会計オンライン」をご紹介しました。POSレジと連携できるようになっているため、便利でより効率のよい会計業務や各経理作業の負担も軽減させることができるでしょう。
これから確定申告を行う方や新しく会社を設立した方などは、ぜひ安心して使える業務効率化ツールの一つとして注目してみてくださいね!

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。

関連タグ

  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • ピピッとチョイス QR・キャッシュレス決済の比較・導入ならピピッとチョイス