【2年以内に飲食店を開業したい方必見】押さえておくべきポイントとは?

open

近い将来、飲食店を開業したい。今は飲食店で働いているけれど、いずれは独立して自分のお店を持ちたい。けれど物件選びやコストの検討、予算の準備はどうしよう。計画の進捗管理はどうすればいいのだろう?飲食店の独立開業を目指す人にとって、悩みは尽きないかと思われます。今回の記事では、飲食店を独立開業するにあたり押さえておきたいポイントを紹介させていただきます。今回紹介するポイントを意識して取り組めば、2年以内の開業、独立も夢ではありません!

飲食店経営の準備。物件はどうしよう?予算はどれくらい準備しておくべき?

飲食店を経営する上でまず気になるのが、物件選びと必要予算についてです。以下、それぞれ項目ごとに押さえるべきポイントについてご紹介させていただきます。

① 物件選びについて

物件探し

経営を成功させる為には、物件選びが重要です。まずは自分が経営したいと考える店舗に適した立地を選ぶ必要があります。たとえばOL向けのランチサービスを提供したいのならオフィス街に、サラリーマン向けの居酒屋を提供したいのであれば繁華街になど。OL向けランチサービスを提供したいのに住宅街に店舗を開いても、望む層の集客は期待できません。適切な集客の為には、店舗のコンセプトとメインとなる客層のニーズがマッチングした立地の物件を選ぶ必要があります。

② 予算準備について

家とお金

開業資金に必要な予算についてですが、こちらは出したい店舗の規模やサービス内容によって必要となる額が変動します。一般的な目安としては、年商のおおよそ50%を用意しておくといいでしょう。年商とは一年の間に個人や会社が売り上げた金額の総額を指す、純粋な売上高のことです。たとえば年商2,000万円を見込むのなら、開業資金には1,000万円を用意しておきたいところです。

年商の計算方法として最も一般的な手法としては、客席と単価、回転率から算出する方法があります。

(客席数×単価×回転数)×年間営業日数

まずは一日の平均売上の予測を()内で算出し、年間営業日数で年商を出すという計算式です。店舗を開業するにあたり、事業計画書を作成しているかとおもいますので、上記の計算式は空くまでも概算を予測するとき利用していただければと思います。

関連記事:店舗経営者が知っておきたい15のマーケティング戦略

食材費と人件費について。FL比率とは?

経費計算

食材費と人件費の二つは、飲食店を経営していく上で重要な二大経費項目です。この二つ、食材費(Food)と人件費(Labor)を合わせて「FLコスト」と呼ばれます。さらにFLコストの合計を売上高で割ったものが「FL比率」と呼ばれます。

FL比率は一般的に55~60%に抑えるのが望ましいとされていますので、それ以上となると利益率が低いお店ということになってしまいますので注意したいところです。また優良な飲食店ですと、FL比率を50%近くまで絞っているというケースもあるようです。

FL比率の割合をどうするかは、店舗ごとの経営戦略によって変わります。以下で具体的なケースをご紹介します。

ケース① 食材費比率35%+人件費比率20%=FL比率55%

この場合ですと、食材原価にコストをかけた食材費重視型の経営スタイルになります。仕入れ食材からこだわった料理店で、かつ少人数でサービスを行っているような店舗に見受けられます。個人経営で食材にコストをかけたいという方は、この比率を目安に店舗出店にむけた事業計画をねると良いでしょう。

ケース② 食材費比率20%+人件費比率35%=FL比率55%

こちらの場合は、食材費よりも人件費に重点を置いた接客サービス重視型の経営スタイルになります。席数が多く、どうしても人件費に割かなければいけない大きめの店舗開業を検討している方にオススメのコスト比率かと思います。

このように店舗の規模や経営戦略によって、FL比率は割合が変化しますが、どのような場合においても合計で55~60%に抑えるのが大事だということを念頭に置いておきましょう。もし仮にこのFL比率が60%を上回ってしまうようであれば薄利となり、経営自体が厳しくなる恐れがありますので注意しましょう。

関連記事:2016年フードビジネスで勝つためのレストランマーケティングアイディア20選

本業以外の作業時間の効率化

頭を抱える

飲食店経営を志す方の中には、料理や接客は得意だけど数字や計算は苦手という人もいらっしゃるかのではないかと思われます。また上記で紹介したような経理作業や事務作業に時間を取られてしまい、本業に時間が割けないというケースも発生してしまいかねません。

そんな時にオススメしたいのがクラウド会計等と連動したPOSレジです。POSレジとは「Point Of Sales」の頭文字を取ったもので、従来のキャッシュレジスターとは異なり顧客管理機能、データ分析機能、売上集計機能などが搭載されています。クラウド会計ソフトとの連動により、店舗における事務作業や経理作業が簡単に行えるようになります。レジでの会計や締め作業が簡単に効率よく行えるので、人件費の削減にも繋がります。

関連記事:機能でレジをさがす POSレジ初購入者が押さえておくべき基本知識とメリット

まとめ

楽しそうなオーナー

飲食店業界では新規参入のハードルが他の業界に比べて低いとされています。一方で、5年以内に廃業してしまうというケースが20%といわれています。他の業界と同じように明確な経営ビジョンを掲げ、経営戦略を練り、利益率が上がるようにコストを計算して、事務作業や経理作業をこなす必要があります。少人数でこなすとなると、とても本業まで手が回らなくなってしまう…ということにもなりかねません。ですが世の中は便利になりました。POSレジのような最先端の技術を導入することで面倒な作業がお手軽に行えるようになり、経営者の方々が本業に打ち込みやすい環境を作り出してくれます。2年以内に飲食店の起業を検討されている方は是非上記の3つのポイントを意識して計画をすすめることをオススメします。

飲食店におすすめのPOSレジに関するご相談はコチラ