無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

UレジFOODが進化!モバイルオーダー対応・ウーバーイーツ連携で飲食店の強い味方へ

国内では新型コロナの影響により、テイクアウトやフードデリバリーサービスの需要が急増しています。人が集まる飲食店などでは、感染防止対策として人との接触が避けられる非接触型の店舗オペレーションが注目を集めており、利用客のスマートフォンで注文できる「モバイルオーダー」の導入なども増え始めています。

そんななか、人気の飲食店向けタブレットPOSレジアプリ「UレジFOOD」では、新たにオプション機能としてモバイルオーダーシステム「Uレジ Mobile Order」が対応しました。さらにアフターコロナに向けた対策として「UレジFOOD」は、話題のフードデリバリーサービス「ウーバーイーツ」やテイクアウトサービス「LINEポケオ」との連携も果たし、ますます進化しています。

本記事では、そんな注目の「UレジFOOD」にスポットを当て、新たなサービスや提携などに関する最新情報をお伝えします!

Uレジ導入のご相談はこちら

>>Uレジシリーズについて詳しく知りたい方はこちら!
【特集】Uレジシリーズについて

>>飲食店を知り尽くしたUSENのタブレットPOSレジ「Uレジ food」を調査!

UレジFOODがモバイルオーダーに対応

2020年4月28日、株式会社USENは、5月下旬にリリースした飲食店向けのタブレットPOSレジアプリ「UレジFOOD」で利用できるモバイルオーダーシステム「Uレジ Mobile Order(以下、Uレジモバイルオーダー)」の提供を開始しました。
飲食店向けのモバイルオーダーシステム「Uレジモバイルオーダー」とは、店舗へ来店した際に利用客のスマートフォン一つで注文ができるセルフオーダーシステムです。このシステムは、「UレジFOOD」のオプションとして利用することができ、店舗の人手不足の改善や業務オペレーションの効率化などを図ることが可能です。

では、店舗が「Uレジモバイルオーダー」を導入することで、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。3つのメリットについてみていきましょう。

Uレジモバイルオーダーのメリット

メリット① 初期投資を抑えて導入できる

「Uレジモバイルオーダー」は、導入の際に気になるコスト面での負担が少ないことがメリットの一つとして挙げれらます。お客様自身のスマートフォンを利用して注文するため、店舗は専用端末を用意する必要がなく始めることが可能です。初期投資を抑えて導入することができるため、小規模店舗でも気軽に「Uレジモバイルオーダー」を導入することができるでしょう。

メリット②人手不足の解消と回転率の向上につながる

「Uレジモバイルオーダー」は、利用客のスマートフォンから直接注文するシステムとなので、オーダーにかかる業務が削減されます。利用客はスタッフを呼ぶ必要なく注文できるので、店舗側は人手不足の解消につながるだけでなく、追加注文の増加や客単価UPなど回転率の向上も期待できます。さらに店内オペレーションの効率化を図ることでスタッフは接客に力を入れることができるため、顧客満足度の向上にも役立てることが可能でしょう。

メリット③ サブメニューの機能により、幅広い業種に対応可能

「Uレジモバイルオーダー」は、UレジFOODのオプション機能の一つであるサブメニュー機能により、料理のトッピングやドリンクの割り方といったカスタマイズメニューなどにも対応しています。幅広い業種に対応しているだけでなく、細かいオーダーの伝達ミスなども防ぐことが可能です。

Uレジモバイルオーダーの使用方法

次に、「Uレジモバイルオーダー」の使用方法についてみていきましょう。ここでは、お客様側と店舗側それぞれの使用方法を紹介します。

≪お客様の使用方法≫

引用:UレジFOODホームページ

STEP①入店後、スタッフが発行したQRコードをお客様のスマートフォンで読み取ります。
STEP②QRコードの読み取り後、注文画面に進み好みのメニューを選択します。
STEP③注文完了後は「UレジFOOD」へ注文内容が自動反映。食事後は、通常どおりレジでの会計となります。

≪店舗スタッフの使用方法≫

引用:UレジFOODホームページ

STEP①お客様が来店後、注文用のQRコードを発行してプリンターで印刷。注文方法をお客様へ説明します。
STEP②お客様のスマートフォンでQRコードを読み取った後は、注文完了までお客様自身で行います。これによりフロアスタッフは、注文を取る必要はありません。
STEP③注文完了後、「UレジFOOD」にテーブル情報・注文内容が自動反映され、注文伝票がスピーディに印刷されます。

Uレジ導入のご相談はこちら

UレジFOODはUberEats(ウーバーイーツ)と連携可能に

近年、急速に需要が増加するテイクアウトやフードデリバリーサービス。2019年10月に開始された軽減税率の導入により徐々に利用者は増え始めていましたが、2020年より全世界に広がりを見せる新型コロナウイルスの影響により、さらにフードデリバリーサービスの利用者は増加しています。一方、コロナショックにより飲食業界では売上低迷が続く中、これまでデリバリーやテイクアウトに対応していなかったところでも導入を始める店舗が増えています。

株式会社USENでは、飲食店のデリバリー領域における販売支援を目的として、UレジFOODと、2016年より日本に上陸したフードデリバリーサービス「Uber Eats(以下、ウーバーイーツ)」とのシステム連携を開始しました。「ウーバーイーツ」は、飲食店がウーバーイーツへ店舗登録することにより、自社で配達員を雇うことなくデリバリーが可能となる便利なサービスです。

これまでウーバーイーツの売上を管理するにあたり、直接レジにウーバーイーツの売上を手入力する必要がありましたが、UレジFOODと「ウーバーイーツ」がシステム連携することで、二度打ちの手間が省け、店内の業務効率化につながることが期待されます。

今後のアフターコロナに向けても、こうしたフードデリバリーサービスとのシステム連携は飲食店にとって店舗運営を行うにあたり強い味方となるでしょう。

>>【こちらも注目!】「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を店舗が始めるには?手数料やコストを徹底調査

Uレジ導入のご相談はこちら

UレジFOODはLINEポケオとも連携可能に

つづいてUレジFOODは、2020年5月18日よりLINE株式会社が提供するテイクアウトサービス「LINEポケオ」との連携も可能となりました。
「LINEポケオ」は、テイクアウト商品をLINEでカンタンに注文できるテイクアウトプラットフォームで、今いる場所に応じてテイクアウトのできる店舗を検索・注文・事前決済までをLINEひとつで完結させることが可能です。これにより、独自にテイクアウトシステムを構築しなくてもカンタンにテイクアウトサービスを店舗で開始することができます。
また、プッシュ通知機能により店舗のお得な情報などをリアルタイムにユーザーに配信することもできるため、多くのユーザー数を誇るLINEの基盤を集客面でも大いに活用することができるでしょう。

UレジFOODはLINEポケオが連携するメリット

Uレジフードと「LINEポケオ」が連携することで、テイクアウトの注文から会計にかかる業務の手間を省くことができます。これまでは二重管理が必要だった注文から会計処理までのオペレーションを自動化することが可能です。この自動化により、LINEポケオから届く注文・受け渡し・会計などの手間を大幅に短縮し、テイクアウトサービスを始めるにあたり最適なオペレーションを実現することができるでしょう。

LINEポケオ初期費用・決済手数料等0円キャンペーンも開催!

株式会社USENでは、コロナショックにより影響を受ける飲食店を支援すべく、お得なキャンペーンを実施しています。内容は、タブレットPOSレジアプリ「UレジFOOD」に加入したお客様と今後契約する方を対象に「LINEポケオ」の初期費用に加え、2020年9月30日までの利用料金・決済手数料を0円にするキャンペーンとなります。

キャンペーン期間:2020年4月28日~2020年9月30日まで

これまでテイクアウトサービスの導入を検討していた店舗は、このようなキャンペーンを活用することで、さらにお得にテイクアウトサービスを始めることができるのでチャンスといえるでしょう。

UレジFOODはコロナ時代を生き抜く飲食店の強い味方に

飲食業界ではアフターコロナに向けて、感染リスクを軽減するためテイクアウトやデリバリーサービスのほか、非接触型の店内オペレーションの強化などが注目されています。
「UレジFOOD」も、今回のコロナ時代を生き抜くため、モバイルオーダーサービスの連携に加え、ウーバーイーツとの連携によるフードデリバリー対応、LINEポケオとの連携によるテイクアウト対応など新たなサービス・連携を開始しています。

コロナと共存する時代を迎え、営業方法そのものを変える必要が迫られた飲食店にとって、このような「UレジFOOD」の新たな取り組みは、今後の店舗の売上を軌道に乗せるための強い味方となるでしょう。

>>【2019年最新】飲食店向けタブレットPOSレジ13選!

Uレジ導入のご相談はこちら

まとめ

今回は、飲食店向けタブレットPOSレジアプリ「UレジFOOD」が新たに実施するするモバイルオーダーサービスやテイクアウト・デリバリーサービスとの連携などについて紹介しました。アフターコロナに向けて飲食店では、売上向上に向けた対策やウイルス感染防止対策などさまざまな取り組みを行っていることでしょう。飲食店向けのタブレットPOSレジアプリ「UレジFOOD」であれば、コロナ時代を生き抜くための、新たなサービスや提携なども行っており、店舗の業務オペレーションの効率化も図ることができます。現在POSレジの導入を検討している方は、飲食店の強い味方である「UレジFOOD」の導入を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

>>Uレジシリーズについて詳しく知りたい方はこちら!
【特集】Uレジシリーズについて

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。

お悩み・目的別タグ