無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

セルフ精算機としても使えるハイブリッド型券売機「Uレジ Ticket & Pay」って?

食堂やラーメン、ファーストフード店では、人手不足やコロナ禍による衛生対策への取り組み強化が急務となっています。とくに回転率重視の業態においては、こうした課題を解消すべくセルフレジや券売機などの導入を検討し、新たな店舗オペレーションの構築を検討している店舗も多いのではないでしょうか。

音楽放送でおなじみの株式会社USENでは、このような課題を解消すべく、セルフ精算機としても使えるハイブリッド型券売機「Uレジ Ticket & Pay」をリリースしました。

本記事では、コロナ禍の衛生対策や省人化につながる「Uレジ Ticket & Pay」の概要や導入メリット、利用の流れなどについて詳しく解説します。

ご相談実績は6000店舗以上!
POSレジ選びのお悩みなら
レジチョイスの無料相談へ!
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する(無料)
お電話でのご相談はこちら
050-5052-0036受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能050-5050-0122
050-5050-0122
人気POSレジ 比較ガイド人気POSレジ 比較ガイド


USENの提供する券売機「Uレジ Ticket & Pay」とは

株式会社USENが提供する「Uレジ Ticket & Pay」 は、店舗オペレーションに合わせて券売機・セルフ精算機としても利用できるハイブリッド型の券売機です。コロナ禍により需要の高まる非接触化を実現するだけでなく、セルフ精算機モードに切り替えることで2パターンの運用が可能となります。

たとえば、回転率を重視するランチタイムは券売機として運用し、客単価アップを狙いたいディナータイムはスタッフによる注文とセルフ精算機による運用を使い分けることで、さらに効率的な店内オペレーションを実現することができます。

また、スタッフによる注文伺いや決済時の業務が省かれることで、店舗の運営に必要とされる人件費を最適化することが可能となります。

それでは、店舗へ「Uレジ Ticket & Pay」を導入した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。次章で詳しくみていきましょう。

券売機「Uレジ Ticket & Pay」を導入するメリット

ここでは、店舗へ「Uレジ Ticket & Pay」を導入した場合に得られる3つのメリットをご紹介します。

メリット①注文から決済まで完結!ホールスタッフの省人化に

券売機「Uレジ Ticket & Pay」を一体型モードで使用した場合、注文から決済までお客様自身で済ませることができます。そのため、これまで会計業務として必要だった人員が不要となり、少ない人数での運用も可能となります。

さらに、手が空いたスタッフはお客様へのサービスやそのほかの業務に注力することできるため、顧客満足度の向上も期待できます。

このように「Uレジ Ticket & Pay」を導入することで、ホールスタッフの省人化による人件費の削減が見込めるでしょう。

メリット②効率的な会計運用が実現する

「Uレジ Ticket & Pay」は、券売機とセルフ精算機の2つのモードを使い分けることが可能です。

そのため、ランチタイムは券売機モードにより回転率を上げ、ディナータイムは精算機モードに切り替えて客単価アップを狙うといった効率的な会計運用を行うことができます。

メリット③デリバリー・テイクアウトサービスとの連携

Uレジ Ticket & Payは、USENが提供する飲食店向けタブレットPOS「Uレジ FOOD」と連携させることで、人気のデリバリーサービス「Uber Eats」やテイクアウトサービス「LINEポケオ」などとの運用もあわせて行うことができます。これらのシステム連携が可能になることで業務の手間を省いたり、業務効率化につなげることができます。

ここまでは「Uレジ Ticket & Pay」の特徴やメリットについてご紹介しました。次章では、「Uレジ Ticket & Pay」の利用の流れについてみていきましょう。

ご相談実績は6000店舗以上!
POSレジ選びのお悩みなら
レジチョイスの無料相談へ!
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する(無料)
お電話でのご相談はこちら
050-5052-0036受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能050-5050-0122
050-5050-0122
人気POSレジ 比較ガイド人気POSレジ 比較ガイド

券売機「Uレジ Ticket & Pay」を使用したオペレーション

2パターンの運用が可能な「Uレジ Ticket & Pay」ですが、実際に店舗へ導入するとどのようなオペレーションになるのでしょうか。一体型の場合とセパレートの場合とでそれぞれみていきましょう。

一体型の場合

画像引用:Uレジ公式サイト

STEP1 お客様が券売機を使ってセルフで注文
STEP2 注文を終えたあと、そのままセルフで会計を行う
STEP3 注文データは、券売機から厨房へ送信され、キッチンプリンタから整理番号つきの伝票が印刷される。キッチンスタッフはその伝票をもとに調理を開始
STEP4 料理が完成したら、呼び出し用のディスプレイに番号が表示され、カウンターにて商品の受け渡しも可能となる

セパレートの場合

画像引用:Uレジ公式サイト

STEP1 お客様のテーブルにてスタッフが注文を受ける
STEP2 料理が完成したらテーブルへ配膳する 
STEP3 精算機を使用してお客様がセルフで会計を行う

飲食店向けPOS「Uレジ FOOD」でデリバリー・テイクアウトの連携も可能に

ハイブリッド券売機「Uレジ Ticket & Pay」が登場したことで、飲食店向けタブレットPOS「UレジFOOD」は、さまざまなオペレーションが必要となるファーストフードやラーメン店などの業態の店舗へ各オペレーションに対応するソリューションを提供できるようになります。

コロナ禍において、デリバリーやテイクアウトのニーズはますます増加する中、これらのサービスを導入する店舗も増えています。そのような店舗でも店内の注文に関しては券売機を利用し、デリバリーやテイクアウトの注文管理については、UberEatsとのシステム連携でカバーするといった運用が可能となり、効率的な店内オペレーションを確立することができます。

USENシリーズでは、このように飲食店向けPOSをはじめとするコロナ禍の需要にマッチした新機能やオプションがぞくぞくと登場しています。単体でUレジを導入するよりもシリーズで揃えることで、さらに効率的な店舗運営を実現することが可能となります。

USENシリーズのその他の新機能やオプションについては関連記事でご紹介しているので、ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

▼関連記事はこちら
UレジFOODが進化!モバイルオーダー対応・ウーバーイーツ連携で飲食店の強い味方へ

飲食店を知り尽くしたUSENのタブレットPOSレジ「Uレジ food」を調査!

UレジFOODは予約システム「テーブルチェック」とも連携可能!

まとめ

今回は、券売機とセルフ精算機を兼ね備えた「Uレジ Ticket & Pay」について詳しく解説しました。現在新型コロナウイルスの影響により、新たな会計・注文方法の見直しが必要となっています。「Uレジ Ticket & Pay」は、券売機とセルフ精算機を状況に応じて使い分けることができるため、店舗に最適な店内オペレーションを確立することができ、非接触決済による衛生対策にも効果を発揮します。現在、店内オペレーションの効率化を図りたい方や券売機・セルフ精算機の導入を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

レジチョイスでは、セルフレジや精算機に関するご相談も受け付けております。無料相談となっているので気になる方は、ぜひお気軽にコンシェルジュまでお問い合わせくださいね!

POSレジ選びなら専任コンシェルジュにお任せ!
POSレジ選びなら
専任コンシェルジュにお任せ!
POSレジの比較・見直しならご相談実績6000店舗以上のレジチョイスコンシェルジュへ!
セルフレジ・自動釣銭機のご相談も承ります。
気になる点があればお気軽にお問い合わせください!
POSレジの比較・見直しなら
ご相談実績6000店舗以上の
レジチョイスコンシェルジュへ!
セルフレジ・自動釣銭機のご相談も承ります。
気になる点があればお気軽に
お問い合わせください!
Webフォームでのご相談はこちら
業種
相談をはじめる(無料)
お電話でのご相談はこちら
05050520036
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能
050-5050-0122
05050500122
  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • ピピッとチョイス QR・キャッシュレス決済の比較・導入ならピピッとチョイス