無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を店舗が始めるには?手数料やコストを徹底調査

新型コロナウイルスの影響により日本各地では緊急事態宣言後、感染者数が過去最多を更新するなどいつ感染が終息するのか先が見えない状況となっています。その影響から外食産業の損失はかつてない状況へと追いやられており、大きな節目を迎えています。飲食店のこの苦しい状況を乗り越えるには、テイクアウトやデリバリーといった新たな販路の開拓がカギといえます。

フードデリバリーサービスといえば、2016年に日本で登場して以来、多くのメディアで話題を呼んでいるUber Eats(ウーバーイーツ)。新型コロナウイルス対策として最近この「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の店舗登録を行う飲食店が急増しています。

本記事では、これからUber Eats(ウーバーイーツ)を導入する飲食店に向けて、店舗登録を行う際にかかる手数料やコスト、登録方法について徹底解説します。また飲食店向けのアフターコロナに向けた衛生対策なども紹介するのでぜひチェックしてみてください。

ウーバーイーツ導入のご相談はこちら

新型コロナウイルス感染拡大防止による外出自粛ムードで、宅配・フードデリバリー需要がアップ

2020年より全世界に広まりを見せている新型コロナウイルスによる影響で、日本でも外出自粛を余儀なくされている状況です。小中高の休校だけでなく、企業のテレワークの推進など、外出自粛を要請する動きは高まりを見せており、それに伴い飲食店は来客数・売上の減少というシビアな状況に追い込まれているとも言えるでしょう。

しかしながら、外出自粛に伴い急増しているのが、テイクアウトやフードデリバリーサービスの需要です。そもそもフードデリバリーサービスの需要は、2019年10月の消費税増税に伴い開始された軽減税率の導入により徐々に増加していましたが、今回のコロナショックにより、ウーバーイーツをはじめとするフードデリバリーサービスを利用する人が急増しています。こうしたフードデリバリー対応は、来客数や売上の減少に悩んでいる飲食店であれば、今こそ取り入れておきたい、ピンチをチャンスに変える対策だと言えます。

ウーバーイーツ導入のご相談はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

ウーバーイーツとは、飲食店がウーバーイーツへ店舗登録をすることで、配達員を雇うことなくデリバリーが可能になる画期的なサービスです。利用者からすれば、店舗に足を運ばなくても注文する料理の代金と、配送料を支払うことで、配達員が指定した場所へスピーディに商品を届けてくれるため、とても便利なサービスといえます。

またウーバーイーツが評判になっている理由の一つに、「自社でデリバリーを行っていない飲食店もサービス対象に含まれているから」ということが挙げられます。配達員については、ウーバーイーツ側で雇用されているため、これまで自社デリバリーが行えなかった飲食店も参入できるようになり、利用者側はデリバリーして楽しむことができるのです。

ウーバーイーツ導入のご相談はこちら

Uber East(ウーバーイーツ)で利用者向けに定額制サービスが開始!

2020年8月8日より、Uber Eats(ウーバーイーツ)で配送料が月額980円になる定額制サービスが開始されます。この定額制サービスを利用すると、料理代が1200円を超える場合に配送料がかからない形となります。出前館といったの他のデリバリーサービスとの競争が激しくなる一方で、Uber Eatsではこうした配送料定額制の導入をすることにより、顧客の囲い込みを強めているものと考えられます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗登録手数料・費用について

ウーバーイーツを店舗に導入する際に、手数料や費用面はどれくらいか気になる方も多いのではないでしょうか。ここでは、実際にウーバーイーツの登録にかかる初期費用・手数料・月額費用・解約金などについても紹介します。

ウーバーイーツの出店に必要な費用はタブレット代のみ

ウーバーイーツ店舗登録の際にかかる費用
初期費用 0円
月額費用 0円
手数料 毎月売上総額の35%が手数料としてかかる
レンタルのタブレット料金 毎月1,700円(30回払い)

※自前のタブレットがある場合は0円

必要経費 容器代

飲食店がウーバーイーツに店舗登録をする場合、基本的には初期費用をはじめ、月額費用や解約金などは一切かかりません。料理を入れる容器さえ用意すれば配達をはじめることが可能です。そのため、費用面に頭を悩ます必要がないことは店舗経営者にとって大きな魅力といえるでしょう。

ただし、注文を確認するためのタブレットとネット回線が必要になるため、自前のタブレット・ネット回線がない場合は準備をする必要があります。ウーバーイーツでは、SoftBankの4G回線付きのタブレットのレンタルも月額1,700円で行っているため、わざわざタブレットを購入したくないという人やネット環境が整っていない店舗にはタブレットレンタルがおすすめといえるでしょう。

ウーバーイーツ導入のご相談はこちら

注文時に発生する手数料

つづいて、ウーバーイーツの加盟店になるときに覚えておかなければいけないのが加盟店手数料です。ウーバーイーツ経由で注文が入った場合は、総額の売上に対して配送手数料を含む35%の手数料が発生します。この手数料から配送パートナーの報酬やウーバーイーツ利用機能料が支払われることになります。また支払いは、ウーバーが徴収代行をしたあと、諸経費を引いた金額が指定口座へ振り込まれるという流れになります。

35%の手数料というと大きな金額になるでしょうから、ウーバーイーツに加入することでどれだけ利益が見込めるのか、メリットが大きいのかを事前にしっかりと検討して契約をすることをおすすめします。次の章では、具体的にウーバーイーツで利益は出るのか、事前に把握しておきたい項目について、ご説明します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で利益は出るの?利益率を計算してみよう

前章ではウーバーイーツの費用面について触れましたが、やはり35%の手数料が気になる方も多いでしょう。果たしてそれだけの手数料を引いても店舗に利益は残るのでしょうか。
ここでは、ウーバーイーツを導入した場合の店舗の利益率の算出方法をご紹介します。

①手数料を計算する

ウーバーイーツは手数料として売上総額の35%を支払う必要があります。例えば1件2,000円の注文を受ければ、そこからウーバーイーツへ手数料700円(2000×0.35%)支払う必要があります。そしてこの手数料から配達パートナーの報酬とウーバーイーツの機能利用料が支払われます。手数料と粗利の計算式は以下です。

①2000円(売上)×0.35(手数料35%)=700円(手数料)
②2000円(売上)-700円(手数料)=1300円(粗利)

②原価率を引く

次に残った粗利1300円(100%-35%手数料)に対して原価率(食材費)30%~40%がかかります。先ほどの例で計算すると以下となります。

1300円(粗利)-600円(原価)=700円

ここで注意が必要なのは、原価率が高い食材を使っている場合は、商品が売れるほど赤字になる可能性があるという点です。イートインで売れ筋だからと安易にウーバーイーツのメニューに展開してしまうとウーバーイーツを導入するメリットがなくなる可能性があるため、利益が得られるようなメニュー設定をしましょう。とくに飲み物で利益を得ている店舗などはよく原価計算をしておかないとマイナスになるので注意しましょう。

③包装コストも考慮する

ウーバーイーツで配送を行うと、料理がこぼれたり、汁が漏れたりといったトラブルが発生することはよくあります。その場合店舗側は、ウーバーイーツ専用のトレーを使用したり、ドリンクのフタを二重にするといった工夫をする必要が出てきます。包装コストは、一般的に7~10%かかります。さきほどの例で計算してみましょう。

700円(粗利)-10%(包装代)=630円 ※原価30%の場合

このような包装にコストがかかってしまうというケースも見られるため、その点も考慮した上で価格設定を行いましょう。

④人件費を引く

最後に人件費を引きましょう。ここでは、人件費を含むかは注文件数によって異なります。例えば、ウーバーイーツからの注文がピークタイム時に10件入ると店舗に従業員を増員する必要が出る可能性もあります。もし数件であればウーバーイーツの注文に回す人件費はすでに店舗で抱えているため上乗せしません。目安としては、1件に5分の時間がかかるのであれば、時給×5分(0.83h)が乗ることになります。時給1000円を仮定して計算すると以下となります。

①時給1000円×0.83h=83.3円(1件の注文にあたり)
②630円-83円=547円(最終利益)

価格設定を高めにすることも考えよう

ウーバーイーツで提供する料理の価格は、店舗で自由に決めることができます。多くの店舗では、利益が出るように通常料金よりも約10%ほど上乗せした価格にしているところが多いです。原価率が高く利益があまり見込めない場合は、価格を上げることも考えましょう。
そうすることで、包装費や人件費などでかかる手数料やコストを回収することができるため、利益を生みやすくなります。ウーバーイーツを利用する客層は、価格よりも手軽さを求めている傾向が高いため、やや割高であることも承知の上で注文しています。とはいえ、格段に値上げしてしまうと注文が入らなくなってしまうので、原価率との相談をしながら価格設定を行うようにしましょう。

ウーバーイーツ導入のご相談はこちら

ウーバーイーツの店舗登録をするメリットは豊富

次にウーバーイーツを店舗が登録することで、はたしてどのようなメリットがあるのでしょうか。おもに5つのメリットをご紹介します。

メリット①新規顧客の増加

ウーバーイーツに店舗登録する一番のメリットは新規顧客が増加するという点です。顧客がウーバーイーツを注文する際、公式サイトやアプリから注文をします。そのためこれまで店舗の存在を知らなかったお客様でもウーバーイーツのサイトをきっかけに店舗を知ってくれたり、デリバリーから実店舗への来店につながることも多いです。
また普段は足を運べない遠方に住んでいるお客様も商圏内となるため、新規ユーザーを獲得するアプローチとしても、ウーバーイーツの店舗登録は有効といえるでしょう。

メリット②注文数が増加する

ウーバーイーツに店舗登録をすると、通常の店舗営業に加えてデリバリーの注文がプラスされるため、日々の注文数の増加が期待できます。また店舗営業の場合だと、天候に左右されることも多く、雨の日などは客足が減ることも多いでしょうが、ウーバーイーツの加盟店であれば、天候の悪い日であってもデリバリーでカバーすることも可能です。そのため、ウーバーイーツをきっかけに店舗全体の売上を伸ばすことも可能でしょう。

メリット③気軽にデリバリーサービスが導入できる

これまでは人手不足やコストがかかるという理由から、デリバリーサービスの導入に踏み切れないという店舗は多いのではないでしょうか。ウーバーイーツに店舗登録をすれば、どんな店舗のスタイルでも気軽にデリバリーサービスをはじめることが可能です。配達は店舗のスタッフではなく、ウーバーイーツの配達員によって行われるため新たにスタッフを雇う必要もありません。タブレット端末さえあればデリバリーサービスをはじめることができるので、飲食店にとって大きな魅力といえるでしょう。

メリット④お客様がキャンセルをした場合も入金可能

ウーバーイーツを店舗が導入した場合、利用客が料理を注文した後にキャンセルされるケースが少なくありません。店舗側は注文された料理をすでに料理し始めている場合、キャンセルされてはその分のコストがムダになってしまいます。
そのような注文後のキャンセルに関してウーバーイーツでは調理をしている場合、必ずその分の支払いを受け取れるようになっています。具体的には、店舗側で注文された料理をすでに調理している場合に利用客がキャンセルを行うには、ウーバーイーツのサポートセンターに直接電話をしなければいけません。その後サポート担当者から店舗に電話が入り、調理がすでに始まっているかの確認が入ります。調理をしている場合はその注文の支払いを受け取れるという仕組みになっています。
そのため、利用客が注文をキャンセルした場合でも調理済みであることをウーバーイーツのサポートが確認することができれば、週ごとの支払い概要にて注文分の入金が可能となります。

メリット⑤一時的に注文受付を停止することが可能

最後にお伝えするウーバーイーツのメリットとして、店舗の稼働状況により一時的に注文受付をストップできることが挙げられます。店舗にて効率よく売上を上げていくためには、店内飲食とデリバリーをしっかり両立させながら運営していくことが非常に大切です。しかししながら、ピーク時は店内のお客様の対応で忙しくなり注文を受けることができない状況なども多々あるしょう。そんな場合を想定してウーバーイーツでは、店舗の稼働状況に応じてお客様が注文をできないようにする機能が搭載されています。とくに店舗のスタッフが急に休んで人手が足りないときや、休業などにも対応することができるので店舗にとっては、うれしい機能の一つといえるでしょう。

ウーバーイーツ導入のご相談はこちら

ウーバーイーツ店舗登録方法

ここからはさっそく店舗がウーバーイーツの加盟店になるための店舗登録方法をお伝えします。

対応エリアを確認する

ウーバーイーツの店舗登録を行うにあたり、まずは店舗が対応エリアなのかどうかチェックすることからはじめましょう。対応エリアから遠い位置にある店舗の場合、審査が通りにくい可能性もあります。その場合は、ウーバーイーツは随時対応エリアを拡大しているので、改めて申請することも視野に入れておくといいでしょう。

現在国内においてウーバーイーツを提供しているサービスエリアは10都市以上、加盟店舗数は約10,000店にて展開されています。2019年時点で提供エリアは以下のとおりです。エリア拡大は継続的に行われているので、以下のエリア以外でも加盟店になれるチャンスは十分に期待できるでしょう。

2020年7月30時点:配達可能エリア

  • 東京都
  • 神奈川県横浜市
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県神戸市
  • 愛知県名古屋市
  • 広島県
  • 福岡県
  • 岡山県岡山市
  • 愛媛県松山市
  • 香川県高松市
  • 宮城県仙台市
  • 石川県金沢市
  • 富山県
  • 栃木県宇都宮市
  • 静岡県静岡市
  • 奈良県奈良市
  • 長野県長野市
  • 新潟県新潟市
  • 北海道札幌市(2020年7月28日~)

まもなく対応予定エリア

  • 鹿児島県鹿児島市(2020年8月4日~)
  • 宮崎県宮崎市(2020年8月4日~)
  • 熊本県熊本市(2020年8月11日~)
  • 大分県大分市(2020年8月13日~)
  • 沖縄県那覇市(2020年8月下旬~)

※すべて一部地域のみ

ウーバーイーツの加盟店申し込み・審査

ウーバーイーツへの加盟店申請後、ウーバーイーツ側で審査が行われます。ウーバーイーツの加盟店に適していると判断された場合は、その後ウーバーイーツより提携の連絡が入ります。その後正式に提携が決まると商品の撮影や販売シュミレーションの準備が行われ営業開始するという流れになります。

レジチョイスでは、ウーバーイーツへの加盟店申し込み、導入に関するご相談を無料で承っています。
導入面に関する不安や、お申込みに関する詳細など気になることは、ぜひお気軽にご相談ください!

ウーバーイーツ導入のご相談はこちら

ウーバーイーツと連携しているPOSレジもチェック!

ウーバーイーツと連携をしているPOSレジを利用することで、二度打ちの手間がなくなり業務効率化につながります!気になる方はこちらの記事もチェック!

Uber Eats(ウーバーイーツ)と連携しているPOSシステムまとめ

アフターコロナに向け、店舗の衛生対策の見直しも

今回はウーバーイーツについて詳しく説明していきましたが、アフターコロナに向けて店舗内の衛生対策も必須となってくるでしょう。お客様だけでなく従業員も安心して過ごせる環境づくりは重要です。

お店の手洗い場などで、エアータオルやペーパータオルなどを使っている店舗は、特に見直しを検討しておいたほうが良いと言えそうです。従来のエアータオルなどはかえって菌をまき散らす可能性があるため、使用を控える店舗や飲食店も増えてきているということをご存じでしょうか?
一時的に使用禁止にする措置も有効ではありますが、いつまでも使用禁止のままでは、お客様に不便な思いをさせてしまうことにもなるので、早急な対策が必要です。

そんな中、株式会社セントラルセブンが提供する、乾燥機能を持ちながらもウイルスを99%殺菌させることができる「手指・周辺殺菌装置 NewスーパーM」が今注目されています。すでに導入実績は35,000社を突破しています。こうした殺菌力のある装置に切り替えることで、アフターコロナに向けてお客様に安心して来店いただける環境づくりが可能となると言えるでしょう。

NewスーパーMについて詳しく見る

なお、「NewスーパーM」についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

【コロナ対策】エアータオルは危険?!高速殺菌装置で感染予防!コスト削減率や機能を解説!

コスト削減対策も同時にしっかりチェックしよう

今回はウーバーイーツについて詳しく説明していきましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、多くの店舗は打撃を受けているのではないでしょうか。ウーバーイーツ加盟店になることも売上アップの手段の一つですが、そのほかにもコスト削減施策を行ったり、政府や自治体の助成金・補助金を活用することもおすすめです。

たとえばお店を営業していると、切っても切り離せない固定費が、家賃・賃料です。この賃料が削減できるだけでも、お店としては大きな負担減になるのではないでしょうか。レジチョイスでは、お店の家賃・賃料の適正金額査定を行う「賃料適正化」も、今できるコスト削減施策としておすすめしています。賃料適正化について気になるという方は、お気軽に以下のフォームよりお問い合わせください。ご相談は無料となっております。

賃料適正化の相談はこちら

>>【コロナ対策】補助金・助成金など、飲食店がチェックしておきたい対策まとめ

>>【店舗・家賃補助制度】家賃交渉で賃料減額は可能?今こそ知りたい「賃料適正化」

>>店舗の電気代節約・削減方法3選!夏の電気代を抑えよう

まとめ

今回は、デリバリーサービス「ウーバーイーツ」の導入を検討している飲食店へ向けて、ウーバーイーツの店舗登録方法や費用面、メリットについて解説しました。軽減税率の導入に加え、コロナショックによる経済状況の大きな変化により、ますますテイクアウトやデリバリーサービスの需要は加速していくと考えられます。こうした変化にも柔軟に対応していくことが店舗の存続につながるといえるでしょう。また国や都などが設ける飲食店向けの支援対策などを活用することで、なかなか導入に踏み切れなかった店舗でもテイクアウトを始めやすくなります。そのような支援情報もこまめにチェックするようにしましょう。

レジチョイスでは、レジのご相談以外にも「ウーバーイーツ」の店舗登録に関するご相談にも応じています。相談は完全無料ですので、ぜひお気軽にコンシェルジュまでお問合せくださいね。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。

お悩み・目的別タグ

  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • ピピッとチョイス QR・キャッシュレス決済の比較・導入ならピピッとチョイス