【日本初】トライアルが導入したレジシステムでスムーズな会計を実現! スマートレジカート体験レポート①準備編

こんにちはレジチョイス編集部の加治屋です。
以前キャッシュレスでスマートに会計ができる「Amazon Go」が話題を呼びましたが、日本でも2018年2月14に新しくオープンしたトライアルでスマートカートの導入を実現させ、いま全国的に大きな話題を呼んでいます。

今回は「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」にお邪魔させていただき、実際にスマートレジカートを利用してお買い物をしてみました。プリペイドカードの作り方や会計の方法などについても、ユーザー目線で細かくレポートさせていただいておりますのでぜひご覧ください。
※3月上旬に取材させていただいた内容に沿って執筆させて頂いておりますので、現在の店内状況やシステムはこの記事の内容とは異なる場合がございます。

なお今回のスマートレジカート体験レポートに関しましては、
①準備編 (本記事)
買い物編
会計編
システム編
以上4回に分けてご紹介していきたいと思います。

次世代店舗「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」とは?

株式会社トライアルカンパニー、パナソニック株式会社、株式会社Remmo、3社の連携によってスマートレジカート・スマートカメラを導入した次世代店舗「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」が、2018年2月14日にオープンしました。

店舗にはRemmoとの共同開発で生まれたタブレット決済機能付きの「スマートレジカート」を導入しており、日本初スマートストアとしてレジ待ちや人員不足の改善を目指しています。
「スマートレジカート」はショッピングカート自体にセルフレジのような機能が搭載されており、トライアルの専用プリペイドカードでログインすることで、キャッシュレスでスマートに会計を行うことが可能です。

また店内には計700台の監視カメラが設置されており、トライアルが独自開発した商品の動向を分析できるAIが搭載されたスマートカメラと、パナソニックが開発したお客の動きを分析することができるVieurekaプラットフォームを利用したカメラによって、顧客のプライバシーを守りながらも行動を可視化することができ、自動分析されたデータをもとに商品の見つけやすさの改善や商品欠品の防止に役立てることができます。

日本で最先端のレジを体験しに、さっそくトライアルへ!

照葉ガーデンスクエア入口のバス停を降り、5分ほど歩いたところで店舗に到着しました。
照葉スパリゾートと同じブロックにあり、駐車場も広々としているため、『岩盤浴に来たけど着替えを忘れてしまった!』という場合でも、すぐにトライアルまで買いに来ることができて便利そうです。

取材をお願いしていた時間よりも早く着いてしまったので、とりあえず店内へ入ってみることに。

ドアは2段構えになっていて、中からは反応しない入口専用の自動ドアと、外からは反応しない出口専用の自動ドアがありました。
また、入口にはたくさんのスマートレジカートがたくさん置いてあります。

入口のところでスマートレジで利用できるトライアルのカードが作れるコーナーが用意されていましたが、カードを持っていなくても店内に入れるようだったので、先に商品を見てまわることに。

まずはじっくりと店内探索

ドキドキしながら入口専用の自動ドアに脚を踏み入れて見ると…
す、すごい商品の量……!

ものすごい商品の数でしたが、商品は綺麗に積まれていて通路もスッキリとしているので、ゴチャゴチャした印象はありません。
店内ではスマートレジカートを利用している方も多く、初めての利用のようでスタッフさんに質問している方や、すでに楽々と使いこなしている方もいらっしゃいました。

なんと店内では46,000点もの商品を取り扱っているそうで、自転車や家電、医薬品なども販売されており、店内に入って右側はホームセンターのようになっていました。

そんな風に店内を見学してまわっている間に、取材の約束をしていたお時間に。

社長が直々に取材協力してくださいました!

今回の取材は、トライアルグループ全体のバックオフィスや、オペレーション周りを統括する株式会社トライアル・シェアードサービス 矢野 博幸 代表取締役(写真右)トライアルの新たな決済の仕組みを作っている株式会社トライアルフィナンシャルサービス  松重 広一 役員(写真左)が受けてくださいました。

テクノロジーを活用し、お客様の購買体験をより向上させたい

「トライアル」、「パナソニック」、「Remmo 」3 社の方向性が合致したことにより各社の技術を最大限に活かし、お客様に『スマートな購買体験』をしていただける店舗づくりの第1歩として「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」が誕生したそうです。

また、株式会社トライアルカンパニーは福岡に本社を構えているため1つ目の「スマートレジカート」導入店に福岡が選ばれたことは納得なのですが、都市開発が進む香椎ではとくに最新の技術に興味をもつ方が多く住んでいる傾向にあるようで、より多くの方に活用していただけるようにとアイランドシティへの出店を決定したということでした。

スマートレジカートの利用にはプリペイドカードが必須!

「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」で利用出来る決済方法は、スマートレジとセルフレジではプリペイドカード決済のみとなっており、セミセルフレジでは現金払いにも対応しています。

さっそくプリペイドカードの作り方をご説明いただきましたのでご紹介致します。

カード作成はこちらのタブレットを操作して行います。

まずはタブレットの隣に設置してあるバーコードリーダーでカードの情報を読み込み、4ケタのPINコードを入力していきます。

私はトライアルのポイントカードを作るのは今回が初めてだったのですが、これまで他の店舗でトライアルのポイントカードを利用されていた方は、情報の引き継ぎもできるようになっていたので安心ですね。

あとは表示される指示に沿って名前性別電話番号郵便番号住所を入力していきます。

たったこれだけの作業でカードの登録が完了

日中は担当のスタッフの方が作り方を教えてくれるようになっており、夜間はサービスカウンターでカードを受け取って自分で作るようになっているそうですが、タブレットは直観的に操作することができたのでスタッフのサポートが無い状態でも問題なく作れそうでした。

こちらのカードはスマートレジカートを利用するために必要なプリペイドカードとなっているので、次は現金をカードにチャージする必要があります。

プリペイドカードにお金をチャージしてみよう!

プリペイドカードへのチャージはこちらの機械で行います。

カードを投入してチャージしたい金額を選択します。

金額を選択したら機械にお金を投入するのですが、どこにお金を入れたらいいのか表示されるので初めての方でも分かりやすくなっています。

しかも投入口も光って教えてくれるという親切設計でした。

あとはカードとレシートを受け取って完了です。
本当に簡単ですね!

さて、ついに買い物の準備が整ったところですが、スマートレジカートを使った買い物の仕方については、また次回の「スマートレジカート体験レポート②買い物編」にてご紹介させていただきます。

 

スーパーセンタートライアル アイランドシティ店
住所:福岡県福岡市東区香椎照葉5 丁目2-23
アクセス:JR 香椎線 雁ノ巣駅 車7 分、JR 香椎線 香椎駅 車12 分
営業時間:24 時間営業
電話番号:0120-033-559