他社には真似できない東芝テックが提供するPOSシステムの価値とは

東芝テック トップ

最近POSレジといえば、タブレットPOSが主流となってきましたが、一方でレガシーPOSやターミナルPOSと呼ばれる据え置き型POSシステムも根強い人気が残っています。据え置型POSといっても従来品と比べて、コンパクトなデザインや画期的なシステムの追加によって日々進化しているので、今回はPOSレジ業界の大手「東芝テック株式会社」が提供する据え置き型POSレジに注目していきたいと思います。

未知の課題をも解決してくれる「フレキシブルPOSターミナル」

フレキシブルPOSターミナル トップ

近年では業種や会計形態の多様化に伴い、POSの設置や運用にも柔軟性が求められるようになっています。そういった点では場所を選ばずどこでも会計作業ができるタブレットPOSが適しているように思いますが、昨年秋に東芝テックより新しく発売された「フレキシブルPOSターミナル」はどのような点で優れているのでしょうか。

店舗1つ1つに合わせた機能

フレキシブル 機能

業種や店舗の規模、取り扱っている商品によって、POSレジにどのような機能を求めるかは変わってくるかと思いますが、東芝テックは長年の実績をもとに開発された多彩なアプリケーションの提供を可能としているので、十人十色でそれぞれの環境に最適なシステムを提案することができるようになっています。
また、東芝テックのPOSレジは周辺機器さえも高性能になってきており、従来の1.25倍のスピードで印刷でき、特別なレシートの発行時や紙の残量が減った時などにLEDで知らせてくれるレシートプリンタなども搭載されています。

耐候性に優れて洗練されたデザイン

フレキシブル デザイン

制御部とフルフラットディスプレイを一体化させた新筐体を採用したことと、ドロアやキーボードなどの各周辺機器の配置を近付けたことで、操作性を向上させるとともに、スタイリッシュなデザインに仕上がっています。
また、昔からあるスーパーなどで黄ばんでしまったレジスターを見たことがある方も多いと思いますがフレキシブルPOSターミナルは耐候性に優れており、従来品と比べても変色しにくく長期的に清潔感のある白さを保つことができます。

複数の選択肢から自由に選べるパーツ

フレキシブル 用途

通常、据え置き型POSといえば本体と周辺機器がセットで販売されていましたが、フレキシブルPOSターミナルはそれぞれのパーツを自由に選択できるようになっています。
まず、ベース部分はロングタイプとショートタイプから選ぶことが可能となっており、キーボードは形状と配置が選べるようになっています。さらに、お客様に金額を表示する画面のパーツは種類が豊富となっており、合計金額のみ表示されるものや商品内訳が全て表示されるものなど、それぞれの業種や規模に合わせて自由にカスタマイズ可能です。

お客様自身で快適な会計が行える「セルフレジ」

セルフレジ トップ

近年、レジの混雑回避と人件費削減が狙えるということで注目を集めているのが「セルフレジ」です。スーパーマーケットやレンタルストアなどで見かける機会が増えて来ましたが、東芝テックが提供する「セルフレジ」とは具体的にはどのようなものなのでしょうか。

ATMのような分かりやすい操作性

セルフレジ 操作

セルフレジを導入するにあたって懸念するポイントの1つとして「お客様が使いこなすのが難しく、どちらにせよ混雑してしまうのではないか」という点があるかと思います。
東芝テックのセルフレジは、お金やカードの投入口など、次に操作すべき部分のLEDライトが点灯するので、直観的な操作を行うことが可能です。さらに、小銭が数えやすいコイントレイや、ATMのように横向きで入れやすいお札入れなどが使用されており、また自動つり銭機が搭載されているので、扱いやすくスムーズな会計ができる仕組みとなっています。

高性能な読み取り機能

セルフレジ 読み取り

通常お会計をする際に、何の商品を購入しているかという情報をレジに認識させるためには、あらかじめ登録しておいたボタンをタッチするか、もしくは商品に貼ってあるバーコードを読み取るという方法が主流かと思います。
東芝テックのセルフレジも基本的にバーコードを読み取って商品を認識するのですが、なんとバーコード以外にも値引きシールや青果そのものの形状を読み取って商品を判別することが可能となっています。
これまで、割引商品や値札シールが貼れない商品は店員が手打ちで登録し直す必要がありあましたが、スキャナで色や模様まで自動で判別してくれるようになっているので、お客様はストレスフリーでお会計を行うことが可能です。

まとめ

「東芝テック株式会社」が提供するPOSシステムには、他社のタブレットPOSでは到底実現不可能であろう画期的な機能が数多く搭載されています。確かにタブレットPOSに比べると大きく場所を取り、かなりの費用負担にもなってしまいますが、それ以上の価値を提供してくれることは間違いないです。
POSシステムの導入を検討している店舗にとって、価格や機能、使い勝手など、何が一番重要かをしっかり考えてから導入する必要があります。自分の店舗にはどのようなPOSシステムが適しているのか分からないという方は、まずは一度コンシェルジュまでご相談ください。

POSレジについてのご相談はコチラ