無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

POSレジのデータ活用できてますか?時間帯別の売上を極めよう

POSレジでは様々なデータが得られます。特に売上に関しては、部門別・商品別・日別など、膨大なデータをもとに様々な分析を行うことが可能となっています。その中でも特に有効な分析となってくるのが、時間帯別のデータをもとにした「時間帯分析」です。

「時間帯別まで分析って、そこまでする必要があるの?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実はこの「時間帯分析」を最大限活用することで、コストカットにつながったり、集客のための施策を打ち出したりできるのです。

今回はこの「時間帯分析」について詳しくご説明していきたいと思います。

時間帯分析とは

売上に関して分析を行う際、現在では様々なPOSレジでいろいろな角度からデータを参照することができます。その中でも「時間帯分析」は、読んで字のごとく、どの時間にどれだけの売上があったかというデータをもとに行われる分析のことです。

具体的な例として、スマレジの「時間帯別売上集計」機能を挙げたいと思います。この機能を使うと、どの時間帯に何がどれくらい売れたかということがグラフとなってわかるようになります。検索オプションを使えば、部門別・商品別でも絞ることができるため、「何が」どの時間帯に売れたかということもわかるようになるという機能になっています。

この機能を使うと以下のようなことがわかってきます。

  • どの時間帯に、どの商品が売れているか?
  • どの時間帯に集客ができているか?
  • どの時間帯の集客に力を入れるべきなのか?
  • どの時間帯に何人スタッフを配置するべきなのか?

時間帯分析をするとこのようなことがわかってきて、様々な対策を講じることができるようになります。

時間帯別の売上を把握するメリットとは

それでは、時間帯別の売上を把握することで、どんなメリットが生じるのでしょうか。先述したように売上データからは様々なことがわかってくるのですが、ここでは具体的に時間帯分析を生かしてどのようなメリットがあるのかをご紹介していきたいと思います。

売上の多い時間

売上の多い時間帯となると、お客様がどっと押し寄せることになると思います。そんな時スタッフが手薄になっているとしたらどうでしょうか? きっとレジが混んでしまって、お客様もイライラしてしまいクレームにつながりかねません。とっても効率が悪いですよね。

しかし、どの時間帯に売上が多いかを事前に把握していれば、スタッフをどの程度配置すればいいかがわかるので、人件費を効率よく使うことができます。現場に負担をかけることもなくなるとともに、コストに見合った人員配置を行うことができます。

売上の少ない時間

1日を通してみると、売上の少ない時間帯というのはどうしても生じてしまいます。そんなときに、何の対策も打たずに手をこまねいているのは非常にもったいないことですよね。せっかく時間帯別の売上データがあるので、これは活用しない手はありません。

売上の少ない時間帯を有効に活用する一般的な例としては、タイムセールなどを行うことが挙げられます。タイムセールを行うことで集客につなげることができ、売上をアップさせることができます。これでできる限り売上の少ない時間帯を減らすことができるようになります。

まとめ

今回は前提として、小売店での時間帯分析をご紹介しましたが、これは飲食店でも同様のことがいえます。売上が多い時間帯は、小売店と同じようにシフトを集中させることで、繁忙期の負担を緩和させることができます。逆に売上が少ない時間帯には、ハッピーアワーを企画するなどして、集客のための施策を講じることが可能です。

また、今回具体例としてスマレジの時間帯別売上集計機能を挙げましたが、他のPOSレジシステムでも同様の機能が備わっています。時間帯別の売上データがグラフとなり、可視化されるので時間帯分析がしやすくなっています。

ぜひ、時間帯分析を活用していただき、お店の売上アップにつなげていってもらえたらと思います。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。