年間で200万円以上もの価値を生み出す飲食店に必要なTable Top Orderシステムとは?

レジメーカーの比較を行っていると、目についてくるのが業界の動きです。一つの大きな流れとしては、レガシーPOSと呼ばれるパソコンと一体型のレジからタブレットPOSへと需要が映ってきているということや、幅広い決済端末の対応の流れ、そしてもう一つがこのTable Top Orderの需要の流れではないでしょうか。

そもそもTable Top Orderシステムなんて必要なのか?

Table Top Orderシステムというセルフオーダーシステムというと、大手チェーン飲食店が導入しているイメージで中規模以下の飲食店ではあまり必要ではないのではないかという声を聞くことがあります。実際にレジチョイスにお問合せをいただいた方でも『セルフオーダーシステムでしょ~うちはいいよ~とにかく安いレジないかな?』と聞かれることがありますが、セルフオーダーシステムって中規模から小規模の店舗でも本当に必要ないのでしょうか?ちょっと検討してみましょう。

人材不足を補う対策の一つとして

飲食店での従業員不足は深刻化しています。飲食店の求人倍率はなんと3倍、都内では約7倍にまでなっています。正社員における求人倍率ですので、アルバイトに関してはもう少し倍率は落ちるかと思いますが、今飲食店は人材を確保することが難しくなってきているのが現状です。

この飲食店における人手不足を解決する最大の方法が、このTable Top Orderシステムなのです。テーブルに1台設置するだけで注文をとりにいく人材分を補うことが可能になります。さらに注文はお客さまから自らデジタルで行ってもらうので注文間違いというものが無く、仮にあったとしてもデータとして証拠を残しておくことができるのでトラブルも回避することができます。

海外からのお客を取りこぼさない施策として

最近では東京オリンピックの影響や国策の影響で、外国人観光客から外国人居住者が増えてきております。居住者であればある程度の日本語に対応することが可能ですが、外国人観光客であれば日本語の読み書きがあまり得意ではない方が多いのが現状です。しかし、日本国内における海外からの観光客市場というのは年々大きくなってきています。この需要を獲得する意味でも、Table Top Orderは欠かせません。

日本語のメニューだけではなく、多様な外国語に対応しているからこそ、外国人従業員を雇わなくともシステム一つで対応することが可能になり、安心して外国人観光客を迎えることができます。さらにメニュー表は基本的に写真と一緒に表示されているので、外国人の方も安心して注文することができます。

システムが生み出す価値を知る

いくらセルフオーダーシステムが必要だからといっても、実際に導入に掛かるコストがかかるので敬遠されている方も多いかと思います。確かに、今まで大手チェーン店などで利用されていたPOSレジと連動しているセルフオーダーシステムは導入に何百万もの費用がかかり、専用の端末を購入しなければなりませんでした。しかし、タブレットが普及したことによりタブレットとアプリケーションだけで今までよりもはるかに低価格で導入することができるようになりました。

例えば概算ですが、あるタブレットPOSメーカーでTable Top Orderの機能があるものを導入するとします。ミニマムの導入金額でおおよそ40万円前後になります。そして、テーブル毎にタブレットを置くとして仮に5台アイパッドを準備したとします。

iPad(中古):  10,000×5台=50,000円
レジ導入費用     一式=400,000円
          合計 450,000円

以上の簡単な数字がたたきだされます。もろもろをあわせて大目に見積もって60万前後だとします。それに毎月の運営費用が2万円だとした場合、導入から1年で掛かる費用が、24万+60万=84万円であると見積もることが出来ます。これだと確かに100万近くの数字が出て行くと思うと小規模の店舗であれば身構えてしまいます。

では続いてシステムが生み出す価値を試算してみましょう。

従業員1名分もしくは2名から3名分の働きをこのTable Top Orderシステムがこなし、注文ミスもないとしたらどうでしょうか?ホールスタッフの給与が約20万前後の平均だとすると、2名分の働きをしなければ40万円の価値が毎月このシステムから生み出されることになります。さらに、注文ミスが無いということであればつきに2万~5万ほどオーダーミスなどを考えると年間で22万~60万ほどの損害を防ぐことが可能であると推測されます。つまりこのTable Top Orderシステムが年間で生み出す価値というのは、概算でも200万以上は生み出す計算になります。

まとめ

Table Top Orderのシステムは、導入が一時的に大きな出費だとしても1従業員としていけば、導入費用や運営費用にかんしても高いと感じないのではないでしょうか。むしろ、今後高くなるであろう求人獲得費用などをトータルでみるとシステムを導入することのほうが結果として安くなり、飲食店サービスの向上もでき外国人来店者も獲得できるので、人材不足でお悩みの飲食店様にはこのオーダーシステムを導入することをおススメいたします。

Table Top Orderシステムについてのご相談はコンシェルジュまで