無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

POSレジで使うタブレットはどこ?タブレット5種類と推奨しているメーカーについて

POSレジを導入するのであれば、タブレット端末を利用したいと考えている方。POSレジメーカーによって推奨するタブレットや、使える端末が違うということはご存知でしたか?実は各レジメーカーによって使えるタブレット端末は変わってきます。

そこで今回は端末を5つにしぼって、どのタブレットPOSレジメーカーがどのタブレット端末を推奨しているのかを見ていきたいと思います。



なお、「既にこういうタブレット端末があるんだけど、対応しているメーカーはどこだろう?」というお悩みの場合は、ぜひレジチョイスまでご相談ください。手持ちのタブレットを使用して、使えるPOSレジメーカーをご案内します。
>タブレットPOS導入についてレジのプロに相談してみる

iPad

iPadは、様々なタブレットPOSレジメーカーが採用しています。

iPadを採用しているレジメーカー例

  • スマレジ
  • ユビレジ
  • Airレジ
  • poscube(ポスキューブ)
  • POS+(ポスタス)
  • Orange Operation(オレンジオペレーション)

価格はスペックによって異なりますが、最も新しい第6世代のiPadですと、Wi-Fiモデル、32GBの容量で37,800円となっています。128GBのものになると48,800円になりますが、POSレジのタブレットとしてはオーバースペックになるので、32GBでも十分すぎるほどです。

OSはiOS 12に対応しています。9.7インチで、サイズは高さが240㎜、幅が169.5㎜、厚さは7.5㎜と薄型で、Wi-Fiモデルですと重量は469gです。

タブレットPOSレジメーカーは、ほとんど半数以上がiPadを推奨しています。過去にレジチョイスで取り扱った下記の記事の、26社中なんと19社がiPadを推奨しているというから驚きです。

タブレットPOSレジ【26社を徹底比較】随時更新中!

iPod touch

スマレジ、Free POS(フリーポス)などで使えるのがiPod touchです。

こちらもスペックによって価格が異なってきますが、32GBで21,800円になります。128GBのものは32,800円ですが、これもPOSレジとして使うには容量が多すぎるので32GBで十分といえるでしょう。OSはiOS 11に対応しています。

4インチディスプレイで、サイズは高さが123.4㎜、幅が58.6㎜、厚さが6.1㎜となっており、重量は88gと非常に軽量です。

iPhone

携帯電話のiPhoneもPOSレジに早変わりします。
iPhoneは様々なモデルがあり、価格も大きく異なりますが、最も安価なiPhone SEの36GBモデルですと39,800円となっています。当然のことながらWi-Fi機能がついています。

4インチディスプレイで、サイズは高さが123.8㎜、幅が58.6㎜、厚さは7.6㎜と、とても薄いです。重量は113gあります。

Androidタブレット

「Tabレジ」「ライブレジ」などが推奨しているのがAndroidタブレット端末です。
。Androidタブレット端末はとても数多くありますが、国産にこだわらないのであれば、HUAWEI(ファーウェイ)が生産している「MediaPad M3 Lite 10 wp Wi-Fiモデル」などもあります。価格も29,925円とアップル製品と比べると若干ではありますが安くなっています。スペックは容量が32GBで、OSはAndroid 7.0に対応しています。10.1インチディスプレイで、サイズは高さが248㎜、幅が173㎜、厚さは7.8㎜となっていて、重量は465gあります。

なお、「既にこういうAndroid端末があるんだけど、対応しているメーカーはどこだろう?」というお悩みの場合は、ぜひレジチョイスまでご相談ください。手持ちのタブレットを使用して、使えるPOSレジメーカーをご案内します。
>タブレットPOS導入についてレジのプロに相談してみる

Windowsタブレット

「Orange Operation(オレンジオペレーション)」や「ライブレジ」といったタブレットPOSレジメーカーで使えるのが、Windowsタブレット端末です。Windowsタブレット端末は基本的にハイスペックで、値段が高いものが多いのですが、その中でも良心的な価格なのが「Lenovo 2in1 タブレット ideaPad Miix 320 80XF002AJP」の34,980円です。キーボードとディスプレイが分離する形となっており、ディスプレイだけをタブレット端末として操作が可能です。

スペックは容量が64GB、OSはWindows 10です。もちろんWi-Fiに対応しています。10.1インチディスプレイで、サイズはディスプレイのみのものになりますと高さが249㎜、幅が178㎜、厚さは9㎜となっています。重量は555.5gと若干重めです。

まとめ

今回ご紹介したiPad・iPod touch・iPhone・Androidタブレット・Windowsタブレットは、容量が32GBのものです。しかし、実は32GBでもPOSレジとして使うには十分すぎるスペックで、例えば「スマレジ」が推奨しているiPadの場合、16GBとなっています。ですので、あえて32GBを無理して購入する必要はなく、中古の16GBを購入するという手もありといえます。

レジチョイスでは、タブレットPOS選びをご案内しています。お困りごとがあればお気軽に相談ください。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。