スウェーデンでは現金お断り!? 日本の先を行く世界のお金事情

キャッシュレスへの対応が遅れていると言われている日本ですが、導入しやすいモバイル決済サービスの誕生もあって、最近では多くの店舗でキャッシュレスでの支払いに対応できるようになったのではないでしょうか。店内すべてのレジではなく、いくつかだけキャッシュレス対応という店舗も多いようなので、キャッシュレス文化はかなり普及しているように思えます。
しかし、世界的に見てみると日本でのキャッシュレスの定着度というのは、どの程度のレベルに達しているのでしょうか。今回は世界のキャッシュレス事情について迫ってみたいと思います。

世界における日本のキャッシュレス文化普及率は?

2016年に経済産業省が統計した結果によると、買い物などをした際の支払い方法として、現金ではなくキャッシュレスでの支払いが占める割合は、各国ごとに以下のようになっています。
・日本:およそ20%
・アメリカ:およそ40%
・スウェーデン:およそ60%

最近では、日本でもクレジット払いはもちろん電子マネーにも対応した店舗が増えてきたように思えますが、スウェーデンでは日本に比べてかなりの割合の方が何かしらのキャッシュレスサービスを利用していることが分かります。
日本でもキャッシュレスが普及してきたように感じていましたが、世界的にみると日本はまだまだ現金払いの方が当たり前で、やはり日本がキャッシュレス対応に乗り遅れているという事実は間違いないようです。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

キャッシュレス先進国のスウェーデン

スウェーデン

スウェーデンは世界でも有数のキャッシュレス先進国と言われています。先ほど紹介したようにキャッシュレス決済の浸透率は60%にも上り、年々現金の利用率は低下してきています。

支払方法をキャッシュレスのメリットと言えば、大きな財布を持ち歩かなくて良い点や、手軽に支払いができるなどの様々なポイントが挙げられます。また、さらにシンガポールではほとんどすべての店がキャッシュレスに対応しているため、お金の出入りがすべてアプリに記録され、家計簿をつける必要がないというのも大きなメリットと言えます。

2017年の夏ごろには、ユーザーがカウンターでキャッシュレス支払いを行う「Bingo Box」形式を採用した無人コンビニ「Cheers」が誕生しているので、シンガポールのキャッシュレス文化はさらに根強いものとなっていくのではないでしょうか。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

スウェーデンは現金が使えない店があるらしい!

シンガポールでは、ただ現金を使う人が減っているというだけでなく、『現金払いはお断り』という店舗も増えてきており、クレジットカードや電子マネーなどでのお支払しか受け付けてくれないというケースも珍しくなくなってきている程のようです。それどころか1度に多くの現金を使おうとすると、強盗やテロリストなのではないかと疑われてしまい、最悪の場合は通報されてしまうような事例もあるというくらいです。

また日本のバスに電子マネー決済端末が搭載されたのはここ数年の話ですが、スウェーデンのバスではむしろ現金が利用出来ず、電子マネーで支払うか、もしくは事前にチケットを購入しておく必要があります。
日本では運転手さんが投入される現金を目視で確認していたりもするため、誤魔化そうと思えばできてしまうかもしれませんが、電子マネーであれば誤魔化し様がないため不正対策としても有効かもしれませんね。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

ノルウェーでは現金を使う人が10%以下!

シンガポールでは現金払いを断る店舗が出てきていますがノルウェーではさらに先に進んでおり、現金による決済の利用率は稀で、割合にすると10%を切るほどです。
また企業や政府が無理な施策を行って現金からキャッシュレスの方向に導いたというわけでもなく、国民自身が『キャッシュレス社会の方が便利だ』という考え方を落ち、無理なく自然にノルウェーの国民全体に定着していきました。
そのため、ノルウェーは事実上の世界初のキャッシュレス社会と言ってしまっても過言ではないでしょう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

まとめ

もちろん、最近では日本でも既に一定数はキャッシュレス生活を心がけている方もいらっしゃるようですが、日本人は古き良きものを大切にする習慣があるため、現金払いが無くなることはまずないのではないかと思われます。これから何十年も経って、子供のころからパソコンやスマートフォンを使っていた世代が大人になった頃に、やっとキャッシュレスがしっかりと定着するのではないでしょうか。
モバイル決済を導入する店舗も増えてきてはいますが、現金払いをされる方の方が多い以上、もしかすると自動つり銭機やセルフレジ、セミセルフレジなどの方が重宝されるのかもしれませんね。

POSレジと連動した決済サービスのお問い合わせはレジチョイスまで