無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

スマレジは無料からスタートできる高機能POSレジ。費用対効果の良さはバツグン

初期費用無料で導入できるスマレジ

スマレジの基本情報

今回は、数多くあるタブレットを利用したPOSレジの中から、株式会社スマレジ(旧:株式会社プラグラム)が提供するタブレット型のPOSレジシステム「スマレジ」をご紹介していきたいと思います。
無料POSレジというとAirレジを思い浮かべる方もいるかと思いますが、スマレジには無料プランがあり気軽に始めることができます。機能をより充実させるには月額の有料プランもありますが、顧客管理や在庫管理、原価率などの管理が可能な高性能なレジアプリであり、ただ単に売上げを集計・確認する以上の機能を求める店舗オーナーや管理者の方に、特にオススメのレジシステムです。

なお、軽減税率対策もされており、軽減税率対策補助金の対象にもなります。増税に向けてレジの買い替えを検討中の方には、候補に入れるべきPOSレジです。

※スマレジの軽減税率補助金対象のご契約受付は、終了いたしました。

公式webサイトの説明によると、

スマレジはiPadやiPhoneを用いた低価格かつ高機能なPOSレジです。データはクラウド上で一元管理。時間と場所を選ばないリアルタイムな売上分析を実現しました。小売やアパレル、飲食店など多くの業態に応える機能を有し、小規模から大規模チェーンまでご利用いただけます。操作はシンプル。どなたでも簡単にご利用いただけます。単独店舗の基本レジ機能は無料。お客様の用途に応じた料金プランをご用意しています。

と打ち出されており、掲載されているように基本機能は無料で使用ができ、各店舗で必要な機能に応じて月額の費用が発生する仕組みですね。店舗にとっては、必要な機能の分だけ月額費用を払うシステムなので非常にわかりやすいのではないでしょうか。

Googleが提供しているGoogle検索の検索ボリュームがわかるサービスで調べてみたところ、下記のような結果が出ました。

検索ボリュームでも競合で先発の「ユビレジ」「エアレジ」を既に上回っているだけでなく、単に「POSレジ」だけでGoogle検索する数より多い状況になっています。気になっている人が多いということですね。

スマレジの各料金プランで使える機能について

まずはじめに、無料で使える基本的なスマレジの機能について見てみましょう。といっても機能がかなり多いので、ざっくりまとめて記します。

スマレジ無料プラン(スタンダードプラン)のレジ機能

・レジの販売機能
・レシート印刷
・点検/清算
・取引履歴の確認と編集
・商品管理(1000件まで)
・商品在庫管理
・締め処理(日次/月次)
・目標予算管理
・売上分析
・免税販売対応
・カスタマーディスプレイ機能
・NON-PLU対応

どうでしょうか?
費用がかからない無料プラン(スタンダードプラン)の機能だけでも、店舗運営には必要十分な機能を備えていることが注目されている理由なのかも知れません。これで無料ならば、使えば使うほど費用対効果はバツグンだと思います。

スマレジの有料プランのレジ機能

スマレジを月額4000円のプレミアムプランにすると、商品点数が10万点まで増え、複数店舗管理、PL管理もユーザー閲覧権限設定、API利用、会計ソフトとの連携、も追加されます。

料金は後半でご紹介しますが、さらに上位プランもあります。飲食店向けのプランにすると、オーダーシステム(スマレジ・ウェイター)が使えますし、リテールビジネスプランにすれば棚卸や出庫関連の機能も充実します。

公式サイトより引用

簡単に一言で表すと「大体のことはできる」という印象です。これだけ機能があると、逆に不足している機能を見つけることも難しいですね。自分の店舗に必要な機能を中心にプランを決めることになります。公式サイトでは各プランについてより詳細がまとめられていますので、こちらもご利用ください。

>>スマレジのwebサイトで詳しく見る<<

 

スマレジでオススメの機能と今後追加して欲しい機能

さらに、調べただけではわかりにくいので、レジチョイス編集部で実際にスマレジを使ってみました。そして、その中から筆者が注目した機能をご紹介してみたいと思います。

スマレジでオススメの機能3選

1  使用感を試せるトレーニングモードの存在

レジシステムの新規導入、リプレイスとなると慣れるまでに時間がかかってしまったり、想定外の事態で操作がわからなくて困る、といったこともあるかもしれません。そんなときのために事前に操作を学べるのがトレーニングモードの存在です。使い方がわからない…という場合に活躍します。

2 引換券の発行機能

引換券の発行機能があります。カフェなどで事前に決済をしておいて、番号の付いた引換券と商品を引き換えて受け取るアレですね。この機能はニーズはありますが、タブレットのPOSレジで実装している商品はなかなか無いので、テイクアウトの商品がある飲食店・カフェオーナーの方にはオススメです。

3  会員ポイント付与、使用機能(顧客情報管理機能)

最後は会員ポイントの付与機能です。
従来型のPOSレジの場合、レジに対応したカードリーダー/ライターとポイントカードを購入しなければなりませんでしたが、スマレジの場合は、会計時にレジのタブレットで会員カードをカメラでスキャンし会員情報と購入情報をリンクさせ、購入金額に応じたポイントを付与することができるのです。
従来の専用の端末では、顧客の個人情報とポイントはリンクせずに保存されるシステムも多かったため、会員が何をいつ買ったかなどの情報を分析に活かすことができませんでしたが、スマレジのポイント付与機能と顧客管理機能の連携を上手く使うことができれば、顧客データの収集と効率の良いプロモーション、囲い込みが一度にできるはずです。

特に、サロン・美容室などの業種では、ポイントカードの申込書で顧客情報を収集しておき、顧客検索で前回の来店から○○日経過後にクーポン付きのDMやメルマガを送付するなどのアプローチも可能になりますよね。
小売店でも同様の手法で顧客情報の収集ができるので、過去に販売した商品の姉妹商品が発売された場合や、良く同時に買われている商品をプロモートするなど様々な使い方が考えられます。

今後追加して欲しい機能

必要な機能ごとに様々なプランを用意しているスマレジですが、ここまで調べてきて今後追加してほしいな、と思う機能も個人的に出て来ましたので書き留めておきます。

・顧客管理と連動した「メールマガジン送信機能」
せっかく顧客管理機能がこれだけ充実しているなら、それと連携できるメルマガ送信システムが利用できればかなり使い勝手も向上するはずです。業種にもよりますが、美容室やセレクトショップなどは定期的な顧客管理が必要になるのでぜひ実装してもらいたいですね。

・会員情報を店舗の顧客がWeb上で登録できるシステム
会員ポイント付与、ポイント使用機能は確かにすばらしいですが、ポイントシステムとして劣っていると感じるのが、顧客に申込書を書いてもらう手間が発生してしまう点です。
ポイントカードを初回会計時に配っておいて、時間のあるときにWeb上で顧客情報を入力してもらう仕組みがあればなお良いのではないでしょうか。

・カスタマーディスプレイのデザインカスタマイズ
色やレイアウトが変更できないため、どうしても金額確認してもらいたい店舗ならいいかもしれませんが、もう少しがんばって欲しいところです。
→ 2015年10月、背景を変更できる機能が追加されました。痒い所に手が届いた感じがします。

スマレジの豊富な周辺機器とサポート体制の魅力

次は対応している周辺機器のご紹介です。

・レシートプリンター内蔵型キャッシュドロア
・キャッシュドロワ
・レシートプリンター
・バーコードリーダー
・自動釣り銭機
・ハンディー端末(iPhone or iPod touch)
・カスタマーディスプレイ

スマレジ自体がiPadを利用して使えますので、上記のような周辺機器は別途用意する必要があります。精肉店やお惣菜など、量り売りができる周辺機器に対応していない程度で、ほとんどすべての業種に対応できるように必要とされる周辺機器は網羅されているようです。
省スペースを考えているなら、キャッシュドロワとレシートプリンターが一体化しているmPOPの製品がおすすめです。すっきりとしたデザインで場所を取りません。

スマレジは、サポート体制も充実しています。スマレジのカスタマーサポートは外部委託などは行っておらず、自社で運用しているのが特徴です。そのためカスタマーサポートのスタッフも、定期的に実施される「スマレジ検定」に合格した、スマレジのエキスパートばかりが集まっています。

公式サイトより引用

また「プレミアムプラスプラン」以上であれば、365日9時から22時までの間、コールセンタースタッフが丁寧に対応してくれますので安心です。

 

プランと料金について

ここでまで見てきてやはり気になるのは、月額費用ですよね。料金表だけ見ても、プレミアムプランでも通常の店舗経営で必要とされる機能はまかなえるように思えます。

公式サイトより引用

その他、目的別にプランを分けるとすると、

後々のマーケティング・接客に活かす情報として、顧客情報管理の機能が必要。あるいは、複数店舗の管理が必要

→プレミアムプラン

基本的な「レジ機能」はもちろんのこと「商品点数10万点登録」や「複数店舗管理」、「PL管理」「会計サービス連携」に「ユーザー閲覧権限設定」「API利用」といった機能が充実しています。

顧客情報管理の機能と、もしものときの電話サポートが必要

→プレミアムプラスプラン

プレミアムプランにあった「レジ機能」と「商品点数10万点登録」や「複数店舗管理」、「PL管理」「会計サービス連携」に「ユーザー閲覧権限設定」「API利用」という機能の他、「顧客管理」と365日対応の「電話サポート」が追加されたプランです。

飲食系の店舗でオーダーエントリーシステムを含めて使う

→フードビジネスプラン

プレミアムプラスプランに備わっている機能(「レジ機能」「商品点数10万点登録」「複数店舗管理」「PL管理」「ユーザー閲覧権限設定」「API利用」「会計サービス連携」「顧客管理」「電話サポート」)に加え、「スマレジ・ウェイター」というiPhoneやiPod touchをハンディー端末として利用できる「オーダーエントリー」システム(アプリ)を使うことができます。

小売・アパレルの店舗で高度な在庫管理やインバウンド対策が必要

→リテールビジネスプラン

「レジ機能」「商品点数10万点登録」「複数店舗管理」「PL管理」「ユーザー閲覧権限設定」「API利用」「会計サービス連携」「顧客管理」「電話サポート」といったプレミアムプラスプランの機能にプラスして、「高度な在庫管理」や「パスポートカメラ読取」「免税帳票印刷」などのインバウンド対策機能が充実しています。

実機を見て検討することをオススメします

スマレジが気になったら、実機体験ができるショールームの利用がおすすめです。スマレジのショールームは東京(恵比寿・池袋)、横浜、名古屋、大阪、福岡にあります。予約制なのでゆっくりと時間を取ってデモを見たり、実機に触ることができます。

予約制といっても利用は無料。近郊の人は足を運んでみてはいかがでしょうか?遠方の場合はオンライン通話による案内も可能なようです。


>>ショールームでスマレジ実機を体験する<<

>>レジチョイスコンシェルジュに相談する<<

まとめ

導入が簡単で、レジ業務、売上情報管理分析、在庫管理、原価率分析など必要とされる機能を兼ね備えたスマレジは、大手だけあってまさに死角の無い全方位型です。有料プラン利用でも費用が4,000円/月からとリーズナブルな上に、必要機能が十分に揃っているので、費用対効果も抜群に良いと言えるでしょう。さらに、定期的に機能のアップデートが行われているようなので、今後さらに使いやすさと機能性を持ったシステムになっていくと思います。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。