接客業でストレスが溜まるポイントは? 従業員満足度を上げるために責任者が改善したいこと4選

ストレス

お客様や従業員間などで他人と接する機会が多い接客業で、人一倍ストレスが溜まりやすい仕事でしょう。
劣悪な環境であれば仕事が長続きしないスタッフが増えて来て、そうなると店舗の回転率やサービスの質の低下にも繋がりかねません。そういったリスクを回避するためにも、従業員満足度の向上やモチベーションを継続させることも責任者の仕事の1つと言っても過言ではないのではないでしょうか。
今回は接客スタッフのストレスが溜まりやすいポイントと、従業員満足度を向上させるために店舗責任者が取り組みたいことについてご紹介致します。

1.理不尽なお客様からのクレーム対応クレームを付ける客

接客業をしたことがある方であれば、必ずと言っていいほどお客様からクレームを貰った経験があるのではないでしょうか。店舗サイドに非がないにも関わらずクレームを付けられてしまうと、こっちまでイライラしてきてしまいますし、自分のミスによってトラブルを発生させてしまったのであれば、気持ちが落ち込んでしまいますよね。
お客様からのクレームは、従業員の仕事を楽にすることによって極力回避することができるかもしれません。
たとえば顧客管理ができるシステムを導入することでお客様1人1人に最適の接客を施すことができますし、商品管理ができるシステムを導入すればスピーディーな在庫確認や取り置きをしておくことも可能です。さらに、セルフレジを導入することによって、そもそも従業員とお客様が接する機会を減らすことも可能となります。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

2.世間一般が長期休暇のタイミングで休みが取れない

もうすぐゴールデンウィークに入りますが、学生や会社務めの方が一般的に長期休暇に入るお正月やお盆休みなどの期間も、関係なく働かなければならない接客業の方も多いのではないでしょうか。『みんなが楽しく遊んでいるときに自分たちだけ働かなくてはならない』と考えると、どうしてもテンションが下がってしまいますよね。
近年では年末年始の営業は『1月1日から営業しているのが当たり前』という価値観を持っている方も増えてきているようですが、定食店チェーンの大戸屋では「従業員の健康のために元旦は休業」したということで話題となりました。長期休暇のシーズンに賑わいやすい観光地や大型商業施設の店舗でないのであれば、従業員満足度を向上させて質の良いサービスを提供するためにも店舗ごとお休みにしてしまうのも有りかもしれません。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

3.レジ締め時に金額が合わない

残業

レジスタッフの悩みとして非常に多いのが、レジ締めの際に金額が合わないことによって発生するトラブルです。
お釣りの渡し間違えや、手書き伝票の読み間違えによるミスによって差異が発生してしまいがちですが、何度もミスが続くうちに従業員の不正が怪しく感じてしまい、店舗全体の空気が悪くなってしまっては残念ですよね。
自分たちで行える対策と言っても、せいぜい『細心の注意を払う』くらいのことしかできませんが、会計業務を手助けするシステムを導入することによって、おつりの渡し間違えなどのヒューマンエラーは回避できます。
POSレジと併せて自動つり銭機を利用することで、おつりの渡し間違いや従業員による不正は発生しなくなるため、レジ締め作業を正確かつスピーディーに行うことが可能です。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

4.暇な時間帯と忙しい時間帯の差があり過ぎる

疲れ

どの職種・業種においても、客足が多くて忙しくなるピークタイムと、お客様の入りが悪く暇な時間帯のアイドルタイムがあるのではないでしょうか。
一休みする間もなく働かなければならないピークタイムは、あまりの忙しさにストレスが溜まってしまいがちですが、一方でアイドルタイムは楽ができる点は良いものの、お客様が1人も来なかったりすると暇すぎて逆にイライラしてきてしまいそうですよね。特にアイドルタイムに無駄に何人ものシフトが入っていたりすると、『ピークタイムに頑張っているメンバーの時給を上げて!』などといった不満の声も上がりかねません。
従業員のストレスや不満を少しでも減らすためにも、時間帯ごとに適切な人数でシフトを組むことを心がけましょう。またPOSレジの分析機能を活用することで、ピークタイム・アイドルタイムを明確に割り出すことも可能です。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

まとめ

リラックス

経営においてどんな時でもコストを抑えて利益を作ることを考えるというのは大切なことですが、目先の利益に囚われているだけでは破滅を読んでしまうかもしれません。効率よく売り上げを出し続けるためには、従業員満足度を向上させることが重要だということを心がけましょう。
今回ここでご紹介したストレスが溜まるポイントと改善策はごく一部なので、従業員満足度と顧客満足度を共に向上させるためにも、従業員全員の気持ちや悩みに寄り添い、現場からの視点で問題点を追及していく必要があります。
まずはストレスフリーの環境を作り上げ、従業員全員でさらなる売上アップを目指していってください。

店舗のお悩み解消の手助けになる POSレジに関するご相談はコチラ