モバイル決済だけじゃないSquareRegister(スクエアレジスター)としてのPOSレジ機能をご紹介!

Square(スクエア)レジスター

「お使いのモバイル端末がスマホ決済可能なPOSレジに早変わり」との触れ込みでモバイル決済システムを「Square Reader(スクエアリーダー)」アプリで、レジの機能を「Square Register(スクエアレジスター)」アプリでそれぞれ提供しているSquare(スクエア)ですが、レジとしての実際の実力はどの程度のものなのでしょうか。

Square Register(スクエアレジスター)について

米国で始まったSquare(スクエア)は当初、モバイルクレジットカード決済システムの「Squareリーダー」と「SquarePOS」というアプリから始まりました。米国中のスモールビジネス事業者に向けてモバイル端末を使ってクレジットカードシステムを行えるシステムを提供し、レジの機能もモバイル端末向けのアプリケーションとして提供し、高価なPOSシステムやレジスターの不要な店舗向けに展開しています。

日本サービスの提供を開始したのは2013年ですが、基本的な仕組みは同じです。
もちろんクレジットカード決済がこのサービスの目玉でもあり、その決済手数料収入で儲けるビジネスモデルなのですが、レジとしての機能はいかほどのものなのでしょうか。
クレジットカード決済が必要ない店舗でも、もちろんPOSレジとしてだけ利用することは出来るので、その機能を簡単に見てみましょう。

 機能一覧

小規模な店舗でも必要になりそうな機能下記でチェックしてみましょう。

  • 顧客管理システム

→クレジットカード決済を利用している顧客のみ可能。
個人情報を含む詳しい顧客情報をSquareのPOSデータに登録することは残念ながら出来ないようです。クレジットカードの利用ユーザーのリピート率、来店頻度などの分析には利用できます。

  • CSVでの商品一括登録

→PCからのログインで可能です。
商品点数が多い店舗ではレジに登録する商品情報も膨大になるので、CSVでデータをインポートできると商品管理も容易ですね。ただし、商品画像の登録は1点1点画像のアップロードが必要になるので気をつけましょう。

  • 複数店舗一括管理機能

→複数の店舗を経営している場合には代表のアカウントを利用してログインすることで複数店舗の管理が可能になります。
ただし、単一ユーザーでログインした場合にはどの店舗での売上か区別が付かなくなるので、商品カテゴリを店舗ごとに割り振る、商品コードの頭文字を店舗ごとに変える、などの対応が必要になりそうです。

  • レジ打ち担当者判別機能

Square導入店舗のオーナー以外のレジ打ち担当は「代理人ユーザー登録」を行うことで判別します。もちろん「代理人ユーザー」別の売上管理も可能です。

  • 飲食店用のハンディ端末機能

→対応していません。
中規模以上の飲食店でハンディー端末・キッチンプリンターが必要であれば別のシステムを導入しましょう。

  • サロン・飲食店用の予約管理機能

→対応していません。
顧客管理同様に、顧客の個人情報を蓄積する機能は無いので、予約台帳やWebサービス「TORETA」などを利用すればよいと思われます。

  • 売上分析/日報出力機能

小規模なカフェやレストランなどの飲食店などでは売上の分析はPOSレジを導入していない場合、注文時の伝票で管理していることも多いでしょう。レジでたまに見る紙の伝票が串刺しになっているのアレです。
Squareの「売上レポート出力」機能であればこの串刺しシステムの煩わしさから開放されるでしょう。
タブレットからでもPCからでも総売上、商品別、カテゴリ別などのデータを日次、週次、月次の売上レポートを画面上で確認できるほか、エクセルなどの表計算プログラムで開くことが出来るCSV形式で出力も出来るので、金額の管理や分析も必要と思われる機能はほぼ満たしているでしょう。

導入前に確認しておきたい機能はこのぐらいでしょうか。

顧客管理や周辺機器対応の面で確かに不足はありますが、それが必要ないようであれば、まさに必要十分のPOSレジといえるでしょう。また、Androidに対応しており、安定して稼動してくれるのもうれしいポイントです。この他にも、クラウド経理ソフトウェアのfreee(フリー)と連携が出来たり、棚卸し在庫確認の機能もあり、機能はアプリケーションのアップデートにより自動で追加されて今後どんどん使いやすくなっていくでしょう。

 まとめ

  • Square Register(スクエアレジスター)はPOSレジ元来の基本機能である「会計処理」「売上分析」の機能が揃った優等生POSレジ!
  • 無料で、平日に限り電話によるサポートも行っている
  • 使い方に関わらず完全無料でレジのすべての機能が利用でき、今後も機能が追加されていく