経営者の情報交換の場「#スマレジ会」は利用ユーザーじゃなくても参加可能らしい!

#スマレジ会

先日「スマレジ名古屋ショールームが移転により規模を拡大します!」のお知らせの際にも簡単にご紹介しましたが、株式会社スマレジでは2017年3月より「#スマレジ会」という店舗運営者によるユーザーコミュニティを開始しました。「勉強会イベント」という名目で開催されているようですが、一体どういった活動をしているのでしょうか。

そもそもスマレジってなに?

スマレジ イメージ

スマレジとは株式会社スマレジが提供するタブレットPOSのことで、4万店舗以上のユーザーを抱える人気サービスです。小売店や飲食店など多くの業種に適したプランが用意されており、単独店舗はもちろん、レガシーPOS並みの安定した稼働率を誇るため、多くの大型チェーン店からも信頼されています。また、頻繁に機能追加が行われているのも嬉しいポイントで、アップデートによる拡張によって今後も増え続ける機能をご利用いただけます。

関連記事
圧倒的な安定稼働率を誇る【スマレジ】は費用対効果の良いPOSレジだった?
3大タブレットPOSシステム「ユビレジ」「スマレジ」「エアレジ」7つの視点から比較してみた!
スマレジが無料モニター募集!!スマレジ画面で実店舗とECサイトを一元管理できる「EC PLUG」とは?

経営者同士で情報交換ができる「#スマレジ会」とは?

#スマレジ会

「#スマレジ会」という名称のイメージから考えると、スマレジのおすすめポイントの紹介やPOSレジの使い方講座などの講演会を行ってそうな印象を持ってしまいますが、実は「#スマレジ会」とは、参加者同士で広く店舗運営や商いに関する知見をシェアすることが目的のユーザーグループのことです。
消費税増税や訪日外国人旅行者の急な増減など、店舗を取り巻く環境が日々変化している時代において、スマレジのユーザー同士がその運営にまつわる情報を共有し相互発展していく学びの場として設けられました。
また、株式会社スマレジは、ユーザー同士の相互コミュニケーションの機会をご提供することによって、お客様の生の声をしっかりと聞き、スマレジのサービスをより良くしていくために役立てることを目的としているようです。

「#スマレジ会」ってどんな活動をしてるの?

主な活動内容は、以下2点となっています。
専用のFacebookグループでのディスカッション
毎月1回程度の勉強会を各地で実施
基本的にスマレジ主催になるのでタブレットPOSスマレジの新機能発表から始まり、その後は「SNSを利用した集客」についてや「斬新な経営戦略」についてなど、様々な題材について発表や話合いが行われていきます。また、登壇者を募集していることもあるので、インプットだけではなく自社の情報をアウトプットすることもできる環境になっています。

#スマレジ会 風景

「#スマレジ会」には毎回数十人~数百人の参加者が集まっているようです。堅苦しい雰囲気は全く無く比較的ラフな感じで進んでいきますが、参加者は全員真剣に話を聞きいっています。

#スマレジ会 発表の様子

難しい題材だけではなく、経営初心者にも分かりやすく内容も発表していただけるので、がっつり勉強したいという方も、少し興味があるだけという方も、どなたでも安心して気軽に参加することができます。

RFID読取りセルフレジ

こちらはRFID読取りセルフレジですが、スマレジをより良くしていくために他社POSシステムに付いて取り上げ、追求することもあるようです。

#スマレジ会 懇親会

毎回「#スマレジ会」終了後には、懇親会と称して参加者全員で美味しい料理やお菓子を囲んでいるようです。勉強会の後にゆっくりと話すことができるので、経営者同士の縁をつなげていくことができます。

「#スマレジ会」に参加してみたい!

#スマレジ会 エントリーフォーム

「#スマレジ会」に参加するための条件としては、
スマレジユーザーの方
スマレジの導入を検討中の方
以上となっています。まだPOSレジの導入について悩んでいるという方でも参加可能なのは嬉しいですね。
「#スマレジ会」のFacebookグループに登録することで参加権が得られ、さらに登録しておくことでいち早く最新情報をチェックすることも可能です。
また、参加の受け付けは公式ホームページから行うことができます。

まとめ

それなりに大きな企業であれば、ある程度の経営者同士の繋がりを持っているかもしれませんが、新人経営者などにとっては定期的に情報交換ができる場があるのはありがたいことではないかと思います。
この企画は「店舗運営者の皆さんに横のつながりをつくる機会を創出し、知見を蓄積して店舗運営に活かしていただければ」という思いからスタートしているので、スマレジ利用ユーザーはもちろん、スマレジの導入を視野に入れているという方も、ぜひ1度「#スマレジ会」に参加してみてはいかがでしょうか。

スマレジに関するお問い合わせはコチラ