無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

スマレジの累積取扱高が3兆円を突破!

iPadレジでお馴染みのクラウドPOSレジ「スマレジ」を展開する株式会社スマレジ。以前レジチョイスでも過去の記事にて累積取扱高が2兆円突破したニュースについて解説しましたが、なんとこの度スマレジは、累積取扱高が3兆円を突破したことを発表しました。
今回は、スマレジのニュースの詳細と累積取扱高がが伸長した秘訣について解説したいと思います。

画像引用:スマレジニュースリリース

ご相談実績は6000店舗以上!
POSレジ選びのお悩みなら
レジチョイスの無料相談へ!
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する(無料)
お電話でのご相談はこちら
050-5052-0036受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能050-5050-0122
050-5050-0122

スマレジの累積取扱高が3兆円を突破!

クラウドPOSレジ「スマレジ」を手掛ける株式会社スマレジは、iPadなどのタブレット端末を利用した「スマレジ」で取引された累積取扱高がなんと3兆円を突破したことを発表しました。2019年11月に累積取扱額が2兆円を達成したときには、およそ18か月間、1兆円あまりの取引が行われていましたが、その後も伸長の勢いは増し、ここ最近では約12ヵ月間で約1兆円の取引が成立しました。

スマレジでは、2020年夏にプラットフォーム化を通した利便性の向上と拡張性の向上に向けた「スマレジ4.0」をスタートしましたが、その戦略に基づき更なる利便性と拡張性の向上を目指しています。そしてこれらの基盤で蓄積された商取引のビッグデータの分析や活用を通して、今後も社会へ貢献していくとしています。

スマレジの累積取扱高2兆円を突破!2020年は「スマレジ4.0」へ

スマレジ 取引額伸長の要因とは?


今もっとも勢いのあるクラウドPOSレジメーカー「スマレジ」ですが、この取引額がここまで伸長した要因は一体どのような点にあるのでしょうか。主な4つの要因についてみていきましょう。

医療分野へのスマレジ導入増大

病院や診療所、調剤薬局などの医療機関での会計業務に必要なレセプトコンピュータ(以下レセコン)。医療施設から健康保険組合などの支払い機関に対し診療報酬を請求する際に必要とされるレセプト(診療報酬明細書)を作成することができるコンピューターシステムのことをいいます。クラウドPOSレジ「スマレジ」は、このレセコンとの連携が可能となっており、医療機関での新規導入が大幅に増大しています。レセコンとPOSレジとの連動は、円滑な会計業務を実現するための重要な要素となるため、医療機関にとってスマレジを導入する大きな決めてとなっているのでしょう。

セルフレジ機能のリリース

新型コロナウイルス感染症防止対策として、多くの店舗にて非対面や非接触での接客ニーズが高まっています。それに伴い、キャッシュレス決済やセルフレジ、セルフオーダーシステムなどの導入を検討する店舗が増加しています。スマレジでは、2020年の7月に新機能としてセルフレジ機能に加え、セルフレジ機能のリリース、セルフレジ向け端末の販売もいち早く行いました。このように対面会計による感染リスクを軽減する非接触型の店内オペレーションに向けたニーズに沿った機能やシステムを展開したことも取引額がアップした大きな要因といえるでしょう。

コロナ禍における加盟店支援施策

スマレジでは、コロナ禍で経営に苦しむ店舗へ向けて、加盟店支援施策を行いました。取り組み内容は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた店舗に対して、スマレジの月額利用料の減額に加え、有料アカウントの一時停止などの措置を実施しました。また、料金プランの変更方法やテイクアウト販売の設定方法といったコロナ禍における店舗運営をサポートするコンテンツの公開を行いました。
こうした加盟店のサポートを行ってくれる安心感も、店舗側でもスマレジを使い続けているというポイントなのかもしれません。

オンライン商談での実績アップ

国内では新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣が発令したあと、多くの企業では対面での商談が厳しい状況になりました。株式会社スマレジでは、そのような対面ショールーム商談に代わるものとして、2020年5月よりオンライン商談を本格的に開始しています。

コロナ禍の影響によるコスト削減に向けた店舗のレジ買い換えや取引中の大型案件なども着実に対応するなど、緊急を要する状況の中、対面商談からオンライン商談へスピーディに切り替えたことが実績アップへと繋がっています。またオンライン商談を活用することで結果的にショールームのない地域への新規導入件数の増加にも繋がっています。

ご相談実績は6000店舗以上!
POSレジ選びのお悩みなら
レジチョイスの無料相談へ!
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する(無料)
お電話でのご相談はこちら
050-5052-0036受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能050-5050-0122
050-5050-0122

これからのスマレジ

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、飲食店や小売店などの店舗運営は先行きが不透明な状況が続いています。スマレジでは、このような時代だからこそ必要とされる社会のニーズや生活様式の変化などに対応し、本当に価値のあるサービス提供を今後も続けていくとしています。

今後のスマレジ・アプリマーケットには、CRM・EC・決済・データ分析などのスマレジ拡張に合ったアプリが順次公開される予定となります。そして今後スマレジは、アプリマーケットの活性化により豊富なシステム連携と機能拡張を実現し、さまざまな業態で便利に利用できるサービスを展開していく予定です。

まとめ

今回は、スマレジの累積取扱高が3兆円を突破したニュースと取引額伸長の要因について解説しました。累積取扱高が2兆円を突破した2019年11月から急速な勢い伸長したスマレジ。コロナ禍における生活者の行動変容や社会のニーズを汲み取り、価値のあるサービスをいち早く提供していることがスマレジの累積取扱高アップにつながっているのでしょう。レジチョイスでは、レジ導入のほか、セルフオーダーシステムや決済端末などの導入相談も合わせてお受けできます。お困りごとがあればコンシェルジュまでご相談くださいね。

POSレジ選びなら専任コンシェルジュにお任せ!
POSレジ選びなら
専任コンシェルジュにお任せ!
POSレジの比較・見直しならご相談実績6000店舗以上のレジチョイスコンシェルジュへ!
セルフレジ・自動釣銭機のご相談も承ります。
気になる点があればお気軽にお問い合わせください!
POSレジの比較・見直しなら
ご相談実績6000店舗以上の
レジチョイスコンシェルジュへ!
セルフレジ・自動釣銭機のご相談も承ります。
気になる点があればお気軽に
お問い合わせください!
Webフォームでのご相談はこちら
業種
店舗数
相談をはじめる(無料)
お電話でのご相談はこちら
05050520036
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能
050-5050-0122
05050500122

関連タグ

お悩み・目的別タグ

  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • ピピッとチョイス QR・キャッシュレス決済の比較・導入ならピピッとチョイス