お客様とのコミュニケーションを大切にするためにも導入したいセミセルフレジ

レジでのコミュニケーション

レジチョイスでも何度かご紹介してきたセミセルフレジですが、最近はスーパーやパン屋さんなどで見かける機会が益々増えてきたように思います。
こちらのセミセルフレジ、レジの混雑回避やヒューマンエラーの防止になるだけでなく、お客様とコミュニケーションを図るためにも重要なシステムだということをご存じでしょうか。
今回はセミセルフレジの、なかなか注目されにくい魅力について紹介したいと思います。

そもそもセミセルフレジって何?

疑問

セミセルフレジとは、オーダーの入力や商品のスキャン、袋詰めなどの作業までを店舗スタッフが行い、レジの横に設置された精算機を使ってお客様ご自身で精算を行っていただくというサービスです。
さまざまな業種で普及しつつあるセミセルフレジですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

お客様の回転率を高め、スタッフの人材不足解消に繋がる

疲れた人
セミセルフレジは会計作業をスタッフとお客様とで分担できるため、店舗の回転率の向上に最適なシステムです。併せてレジスタッフを減らすことができるので、人材不足解消や人件費削減にも繋げられるでしょう。
また小売店でセミセルフレジを利用する場合、商品の袋詰め作業に関してはスタッフ側で行うこともできますし、精算機の横にスペースを設けてお客様ご自身で袋詰めをしていただくことも可能です。さらにスタッフ1人に対してお客様の精算スペースを1~3台ほど設置することも可能なので、店舗の規模や客層によって自由にカスタマイズすることができます。

つり銭の渡し間違えがなくなるので、無駄な損失を削減できる

お金が合わない

レジ締め作業時に現金の差異が発生してしまうと、原因追求のためにスタッフの労働時間が長引いてしまい、無駄な人件費を支払うことになってしまうかと思います。
セミセルフレジではお客様ご自身で精算していただき、正しい金額のみ回収できるため、つり銭の渡し間違いなどのヒューマンエラーを無くすことができます。
またスタッフは現金に触れる機会がないため、内引きなどの内部不正行為が起きてしまう可能性もございませんので、安心してスタッフにレジ業務を任せることができるでしょう。

スタッフがお金に触れないので、商品が衛生的なまま

忙しい飲食店などで、先ほどまで会計業務をしていたスタッフが、大した消毒もしないまま配膳や調理に戻って行くという光景を見かけることもあると思いますが、見ていてとても不衛生に感じてしまいますよね。
混雑回避や不正防止のためだけであれば、自動つり銭機だけでも充分に事足りるのでしょうが、セミセルフレジはスタッフがお金に触れることがないため、比較的衛生的だと言えるでしょう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

セルフレジでは得られない効果! セミセルフレジならお客様とのコミュニケーションが捗る

レジでのコミュニケーション2

ここまでレジの回転率を高める、不正を無くす、などのメリットをご紹介しましたが『それならボタンを選択するだけの券売機や、お客様にレジ打ちから会計までしていただくセルフレジを用いた方が効率的だ』と思われた方も多いのではないでしょうか。

とにかくスピード感と正確さを求めたいということであれば、たしかに券売機やセルフレジを利用した方が良いでしょう。ただし、セミセルフレジではお客様とのコミュニケーションが図れるという大きなメリットがあります。

券売機やセルフレジでは、ほとんどの作業をお客様に任せきりになってしまうため、なかなかコミュニケーションを計る機会が得られませんが、セミセルフレジの場合は注文やレジ打ち、袋詰めなどの作業をしている間はお客様と対面することになるため、コミュニケーションを図れる充分な機会が得られます。

またセルフレジの場合は最初から最後までお客様ご自身で操作していただく必要があるため、機械操作に慣れていない年代層のお客様には嫌煙されがちですが、セミセルフレジの場合はすぐ近くにスタッフがいるため、何かあった時には直ぐに質問ができるということで安心感もあるようです。

このように、コミュニケーションを図ることを目的としてセミセルフレジの導入される方は特に飲食店経営者様に多く、『回転率アップやヒューマンエラーの削減を行いたいが、アットホームなコンセプトは壊してしまいたくない』と考えている方にはピッタリなシステムと言えるでしょう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

まとめ


セミセルフレジは、レジの混雑などを回避できるセルフレジと、従来型のスタッフが対応するレジ、両方の良いところ取りをしていてバランスに優れたレジシステムです。
セルフレジやセミセルフレジは小売店で使うというイメージが強いかもしれませんが、先ほど述べたようにセミセルフレジは飲食業界でも注目を集めています。
システムの見直しを考えている経営者のみなさまは、セミセルフレジの導入についても検討されてみてはいかがでしょうか。

コンシェルジュへのお問い合わせはこちら