セルフレジのデメリットを解消する【セミセルフレジ】普及の理由

セミセルフレジについて

みなさん、こんにちは。今回は商品のスキャンのみを店員が行い、精算はお客様自身で行ってもらう「セミセルフレジ」をご紹介します。このタイプのレジが急激に普及している理由と、各メーカーの製品を含めて紹介したいと思います。

普及を見せている「セミセルフレジ」とは?

突然ですがスーパーなどに設置してあるセルフレジを普段から使っていますか?
私は使ったことがあまり無いんですよね。なぜかと言うと、使い方が分かりにくいからです。まず、レジのスタッフのように素早くバーコードがスキャンできない上に、野菜などバーコードの無いものはモニターから探す必要があったりします。もし後ろに人が並んでいたりしたら緊張してさらに手間取ったりしてしまいます。店舗からすると無人のレジを導入することで人件費を削減できるので、そのコスト削減分商品の値段が安くなっているとうれしいですが、割引商品に対応していなかったりクレジットカードが使えなかったりして結局店員に助けてもらうことも多いので、本当にコスト削減になっているかは微妙ですよね?

こういったセルフレジの不満点・デメリットを解消できるレジが「セミセルフレジ」です。セミセルフレジでは商品バーコードの読み取りは従来型のレジ同様レジ係の店員が行い、精算の処理をレジ横に設置された精算機で行うレジのことです。
バーコードの読み取り、精算、袋詰めまでの作業をすべてお客様がおこなっていただくセルフレジとは異なる点は、セミセルフレジは商品の読み取りと清算が別々に構成されているので、バーコードの読み取りになれた店員にバーコードのスキャンを任せられる・精算時に焦らずお金を出せる・レジの待ち時間の短縮などなど様々なメリットがあるありそうでなかったシステムです。

生産性の向上(人件費の削減、レジ台数の削減、レジ待ち時間の削減)!

寺岡精機のセミセルフオーダーシステム[スピードセルフ]

従来型と比べた場合のメリットとしては、なんと言ってもお会計の時間が短くなることです。レジに行列を作っていると顧客対応が悪いようにどうしても感じてしまい、機会損失につながってしまうことも多々あるのではないでしょうか。コンビニのようにレジに並んでいるから別のコンビニに行く、というような単純な話ではないですが、利用する側からすると、並ばずにレジで会計できれば利用的ですよね。
セミセルフレジでは、従来型のレジと比べて約1.5倍の速さで会計を処理できるので、単純に同じだけの会計を2/3の人員でこなせることになります。

利用者は精算を焦らずゆっくり行える!

東芝テックのセミセルフレジ
東芝テックのセミセルフレジ[SS-900シリーズ(精算機)]

購入商品のスキャンは作業に慣れた店員にサッとおこなってもらい、後は後ろに並んでいるお客様を気にすること無く精算機に移動してゆっくり会計を行ってもらえるので、ストレスの無いスムーズなお買い物が出来ます。

店員がお金に触れないので衛生的!

飲食店のカウンターこれは副次的なメリットですが、セミセルフレジでは店員が直接お金に触らないので、従来型のレジで生鮮食品に触れた同じ手でお金も触れる事に衛生的な抵抗感を感じていた利用者も安心して利用できる点も大きいのではないでしょうか。

セミセルフレジのデメリット

ここまで説明してきて、良いこと尽くめに思えるセミセルフレジですが、導入に際してのデメリットもあります。
まず、導入初期は精算機の使い方が分からない方が多くなるので操作説明のアシスタントが必要になること。操作方法が分からずに精算だけに時間が掛かっていると、レジ待ちの列だけではなく、精算機に列が出来てしまうという状況にも最悪陥ってしまうことも考えられます。事前にセミセルフレジの使い方案内のチラシを渡しておくなどの施策を実施しましょう。
商品点数が少ない場合には「従来型レジ」より処理は速いが、「フルセルフレジ」と比べると処理速度の優位性は無いことも注意しておく必要があります。また、一般的に電子マネー、クレジットカード、ポイントカード、領収書の発行、商品券などへの対応が難しいです。
こちらに関しては次回の記事で詳しく紹介しますが、精算時に現金以外を利用する際は対応が難しいので、どのメーカーでも例外的な対応はどうしても人が対応するしかないのが現状です。

まとめ

・「フルセルフレジ」と比べると柔軟な対応が可能なので「セミセルフレジ」の導入ハードルは低い
・従来型のレジと比べると人件費の面でも顧客満足度の面でも優れているので、今後セミセルフレジを見かける機会は多くなる

今回の内容で、セミセルフレジのメリットについてはご理解いただけたと思います。次回の記事では、寺岡精工東芝テック富士通フロンテックの大手3社がこのセミセルフレジシステムをどんな戦略で販売しているかを実際の製品と併せてご紹介したいと思います。

次回記事:話題の【セミセルフレジ】メーカー大手3社の製品比較