無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

カゴを置くだけでお会計終了!ユニクロやGUで採用されているセルフレジの仕組みとは?

最近では人件費削減や回転率向上のために、多くの店舗でセルフレジの普及が進められています。とくに小売業界や流通業界を中心として、業務効率化やコストカットを図るための手段として、セルフレジは注目されています。スーパーマーケットやコンビニ、ファーストフード、アパレルなどさまざまな店舗において、セルフレジを使ったことがある人は多いのではないでしょうか。

セルフレジは、従来のレジスタッフが商品をスキャンして会計金額を提示するスタイルとは異なります。もっとも有名なスタイルは、お客さんが自ら商品についているバーコードをレジに読み取らせ、合計金額を確認して支払いを行うスタイルかと思われます。

さらに近年では、商品が入ったカゴをレジ台に置くだけで、自動的にスキャンされ精算が行えるセルフレジが登場しているのをご存知でしょうか?

カゴごと会計できるユニクロやGUのセルフレジ

ユニクロやGUといったファストファッションの大手チェーン店は、全国的に展開されています。これらの店舗では、画期的な新しいタイプのセルフレジの導入が進められています。

GUやユニクロでは、子どもから大人まで幅広い年齢層向けのファストファッションが販売されています。そのために店内は混雑しやすく、レジ付近は常に人だかりができてしまい、長い待ち時間が発生してしまいがち。しかしセルフレジの導入により、レジの混雑を解消してスムーズに会計が行えるようになるでしょう。

セルフレジというと、お客さんが自分で商品スキャンして清算を行うイメージがあるかと思われます。しかしユニクロやGUで導入が進められているセルフレジは異なります。レジ台にカゴを置くだけで、約数秒の間に自動的にカゴの中の商品が読み取られ、会計や清算が行えるようになります。お客さんは商品を自らスキャンする手間がなくなり、スキャンミスやスキャン漏れもなくなるので助かりますね。

自分で操作するタイプのセルフレジは、人によっては扱いが難しいとも言われています。操作に手間取ってしまい、また頻繁にエラーが出てしまうので、敬遠している人も存在します。GUやユニクロで導入されているタイプなら、機械が自動的にバーコードを読み取ってくれるので、機械操作が苦手な人も安心して使用できるでしょう。手間も時間もかけずに、簡単に会計が完了します。

RFIDとは何か?

GUやユニクロで導入されているセルフレジには、「RFID」という技術が使用されているのをご存知でしょうか。RFIDとは「Radio Frequency IDentification」の省略で、無線を用いた自動認識技術の一種です。

どのような技術なのかというと、「RFIDタグ」と呼ばれるID情報を記録した小さな電子チップにさまざまな情報を記憶させ、無線通信によって識別情報を交換する自動認識システムです。身近なもので言うと、ICカードのSuicaや、レンタルショップの盗難防止ピールなどが該当します。

従来のバーコードをいちいち読み取る形式とは異なり、電波でタグを一括スキャンできるので、レジ清算にかかる時間が大幅に短縮できますね。

さらにRFIDシステムを活用すれば、手間のかかる棚卸もスムーズに行えます。こちらも一つ一つの商品をスキャンして確認・管理する必要がなくなるので、RFIDの導入は店舗にとって大きなメリットとなるでしょう。

RFIDに関しましては以下の記事でも詳しく紹介しておりますので、併せてご覧ください。
RFIDシステムを導入しているPOSレジシステムの強み

RFIDを使えるPOSシステムや周辺機器

実際にRFIDが使用できるPOSシステムを2つご紹介します。

BCPOS(POSレジシステム)

BCPOSはアパレル店向けのRFID対応POSレジシステムです。RFIDを使った一括レジ会計処理に対応しており、会計時間を10分の1に削減することに成功しました。テーブルスキャナの上に商品を置けば、購入商品が一括読み取りされます。梱包された後の商品も会計可能なので、待ち時間を大幅に短縮できるでしょう。

薄型コンパクトな形状なので、レジ台への設置も容易に行えます。出力は8段階に調整可能となっており、お店のレイアウトに合わせて、隣接するレジの商品を読み取らないよう調整することが出来ます。

Asreader(RFID専用レジ台)

iPhone/iPod touch装着型RFIDリーダーAsReaderの製造元である株式会社アスタリスクからも、RFID専用レジ台が登場しています。

株式会社アスタリスクでは、RFID電波をコントロールする特殊素材の棚を開発されました。特殊素材によりRFID電波をコントロールし、商品を密閉することなくカゴの中のRFIDタグを読み取ることが可能となっています。この仕組みによって、買い物カゴをRFID専用レジ台の上に置くだけで、一括読み取りが行えるようになりました。さらにアスタリスクが提供するRFIDリーダーや、レジアプリとのトータルソリューションも提案可能です。

これらのシステムを導入すれば、お客さんはレジに長い時間並ばなくても素早く会計が完了します。また従来のレジに並ぶ形式だけでなく、係員が商品コーナーで接客対応中に、その場で会計処理までを完了させることも可能ですよ。

まとめ

今回はユニクロやGUで導入が進められている、RFIDを使ったセルフレジについて解説させていただきました。

通常のセルフレジとは違い、お客さんが自らスキャンする必要のないセルフレジ。買い物カゴの中身を自動的にスキャンしてくれるので、セルフレジの操作が苦手な人も安心して利用できるでしょう。

お客さん側にとってはレジ待ち時間の解消、店舗側にとってはコストカットや業務効率化といったメリットが挙げられます。待ち時間を解消することでお客様満足度も向上すれば、店舗側はさらにメリットが増えますね。さらにレジ業務だけではなく、棚卸や商品管理など時間がかかりがちな業務もサポートしてくれます。

ますます便利になっているセルフレジ。この機会に導入を検討されてみてはいかがでしょうか。導入検討中の方は是非レジチョイスまでご連絡ください。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。