従来機以上の高速処理を実現! SHARPから販促も円滑に行えるPOSターミナルが登場

このたびシャープから新たなPOSターミナルのリリースが発表されました。従来のシャープ製POSターミナル以上の高速処理を実現し、業務処理の効率化はもちろん、販売促進にも活用できるPOSターミナルとは一体どのような製品なのでしょうか。今回はシャープより新たに発売された「RZ-A471S」についてご紹介させていただきます。

シャープ製POSターミナル『RZ-A471S』とは?

RZ-A471Sはタッチパネル付15型TFTカラー液晶ディスプレイ、POS用キーボード、レシートプリンターがコンパクトに一体化されたPOSターミナルです。

従来のシャープ製POSターミナルもコンパクトな省スペース設計で評判ですが、RZ-A471Sはさらなる省スペースを実現しました。幅278mm×奥行377mmというコンパクトサイズにより限られたスペースでも周辺機器が置きやすく、お客様にスッキリとした印象を与えられます。
画面が傾く角度に関しては、シャープ製のRZ-A390シリーズと比較すると2倍の可動域を誇ります。使用するスタッフや設置場所に応じて、見やすく操作しやすい角度に調整できるでしょう。

シャープ製POSターミナルは簡単な操作で扱いやすく、導入された店舗や企業から好評を博していますが、今回リリースされる「RZ-A471S」はさら進化した機能が搭載されています。もっと処理速度を向上させたい、効果的な販促を通して売上を拡大したいといった要望に応え、効率的で幅の広い経営に役立てていけるでしょう。

従来機以上の処理速度アップを実現!

大容量のメインメモリーで処理を快適に

RZ-A471Sは従来機に比べてメモリー容量が倍増されており、標準の4GBから最大はなんと8GB。シャープ製の「RZ-A390シリーズ」と比較して2倍の容量となるメインメモリーの搭載により、さらなる高速処理が実現されました。データの大きなアプリもサクサク快適に操作できるようになり、日々の集計や在庫管理、レジ締め作業などが早々とこなせるようになるでしょう。

POSシステムに最適なOSと高速CPUを搭載

「RZ-A471S」ではOSにWindows® 10 IoT Enterprise 2016 LTSB (64bit)を、CPUにはインテル® Celeron® G1820TE (2.2GHz)を採用しています。これにより高速処理が実現されると共に、今まで以上に迅速で効率的なシステムの構築が可能となりました。よってシステム面だけではなく、店舗業務でもスピーディーな処理が行えるようになっています。

高速印字のレシートプリンター

最高で300mm/s(出荷は最高250mm/s)で印字されるレシートプリンターは、JIS第1・第2・第3・第4水準漢字に対応しています。業務効率化によって残業時間を減らしたり、自由になる時間をサービスの向上にあてたりできれば、店舗にとってプラスとなることばかりですね。

適切な情報発信で販売を促進!

背面ディスプレイで効率的なプロモーション

「RZ-A471S」の背面には市販品のVESA規格対応の液晶ディスプレイが接続可能となっています。液晶ディスプレイにキャンペーンの告知や商品のコマーシャルなどを表示すれば、プロモーションとしての効果が大いに期待できるでしょう。背面ディスプレイは左右15°、上下20°まで角度調整が行えるので、設置する場所や状況に合わせて魅力的な見せ方を検討できます。

販促にも活用できるレシートプリンター

従来のモノクロのレシートだと文字や画像がつぶれてしまって、何が書いてあるのか分からないということもあるのではないでしょうか。しかし「RZ-A471S」に一体化されているレシートプリンターならモノクロ多階調に印字できるので、従来のレシート印刷よりも鮮明に文字や画像が印刷され、何が印刷されているのか分かりにくいといった事態を防げます。
さらにQRコードも一緒に印刷できるので、お客様の属性や購入商品に合わせてQRコードを生成し、印字してお渡しすれば一人ひとりのお客様に合った情報発信が行えるようになります。
レジ周辺やレシートはお客様にとって目に留まりやすいポイントなので、そこで効果的なプロモーションを打つことで販売促進と売上拡大につなげていけるでしょう。

高い保守性と充実のサポートでトラブルにも対応!

衝撃に強いSSDを採用

「RZ-A471S」では補助記憶装置に、耐衝撃性に優れているSSD(ソリッドステートドライブ)が採用されています。SSDをオプションで増設してミラー機能を設定しておけば、もしも一基目が故障してしまった時にも二基目のSSDにデータが保存されるので、継続運用が可能です。

保護用バッテリーの搭載でアクシデント時も安心

突然の停電やコンセントが抜けてしまったというトラブルが発生した時にも、内蔵された保護用バッテリーが稼働してデータを守ってくれるので安心して使用できます。

メンテナンス時にも業務を止める必要なし

基盤やSSDなどの修理を対応する際には前面にアクセスを集中させるので、保守作業性を向上させ、店舗業務への影響を最小限に抑えてくれるでしょう。

充実したサポート&セキュリティ

別途ご契約を締結された場合には、24時間365日対応のお客様サポートや、POSシステムのセキュリティソフトウェアなどが利用できるようになっています。

まとめ

豊富な導入実績を誇るシャープ製のPOSターミナルですが、今回発表された「RZ-A471S」は従来機以上に幅の広い活用方法が想定されています。よりコンパクトに、より高性能に進化した「RZ-A471S」を導入することによって、さらなる業務の効率化や販売促進を実現できるようになるでしょう。
業務処理速度を向上させたいと考える方、効果的な販促活動を通して売上を伸ばしたいと考える方は、この機会に導入を検討されてみてはいかがでしょうか。