RFIDシステムを導入しているPOSレジシステムの強み

POSレジと連携できるシステムとして最近増えているのはECサイト連携やタブレット対応ですが、小売業など在庫を保有している業種では、在庫監視システムを搭載しているPOSレジシステムのニーズが多いようです。
簡単な在庫管理を可能にするのが、RFIDシステムです。近年ではだいぶ低価格化が進んでいますので、
RFIDの導入をして、業務効率化を検討してみてはいかがでしょうか。

・RFIDシステムとは?

RFIDとは、無線を用いた自動認識技術の一種で、タグ(荷札)と呼ばれる小さなチップを用いて、様々なモノを識別・管理するシステムのことである。 あるいは、そのために用いられるタグのことである。 RFIDは、ID情報を記録した微小な電子チップ(RFIDタグ)を、電波によってリーダ・ライタと交信し、識別情報を交換する。

weblio.jp

よくレンタルショップなどで
盗難防止などで使われるバーコードのようなタグで、
入り口付近の両サイドに立っているポールを超えると
ケイホウが鳴り出すものです。

ちなみに形はこのようなものを見かけたことはないでしょうか?

rfid_sample

これが最近では価格が下がり始め
多くの店舗・業種で利用できるようになってきたのです。

ちなみにこれを商品に導入するとどんな良いことがあるのでしょうか。
ただ、盗難防止のためだけに利用するものではないのです。
これを利用すると、今まで膨大な時間をかけていた棚卸しをあっというまに終わらせてくれるのです。
こちらをご覧下さい。

圧倒的な時間短縮ができるRFIDシステム

これは極端な例ではありますが、これにより棚卸しがあっというまに終わります。
アパレル業界でも、店舗の棚に積み重なった商品を
一つ一つ取り出して数えなくても、
ハンディースキャナを使って、棚ごとに商品の管理をすることが可能になります。

つまり、今まで月1回程度だった棚卸しも
毎日棚卸しをすることも時間的に可能になるわけです。

そして今回この記事の内容になった理由の一つが、こちらのPOSレジシステムです。

RFIDに対応したPOSレジ「BCPOS」

bcpos1

こちらのシステムにより棚卸し数との
連携はもちろん、会計時にRFIDを読みとり
一度に会計をすることが可能になります。

bcpos_system

こちらの影響範囲内に、商品を置くことで
会計を開始すると読み取りが自動的に行われます。
複数商品をもってこられた方も
時間をかけず、バーコード読み取り漏れの心配もする必要性がありません。

在庫差異も会計差異も軽減できる、業務効率化の図れるRFIDシステムを
検討してみてはいかがでしょうか。

BCPOSはこちら