無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

飲食店経営をサポートする「飲食コンサルタント」。どんなことをするの?

飲食店を初めて経営される方も、現在経営をされていて方も、コンサルタントを利用してみようかと悩んでいる方も多いと思われます。飲食店に特化して経営をサポートする人を「飲食コンサルタント」と呼びますが、実際に依頼をするとどのようなサポートが受けられるのかが分からずに足踏み状態という経営者もいらっしゃいます。

そこでこの記事では「飲食コンサルタント」について、その役割とコンサルタントを依頼するメリット、売上の分析には「POSレジ」が大活躍する理由まで解説。飲食コンサルタントを依頼することで、経営者自身の勉強になることもたくさんあります。この記事を参考に、経営力のアップを図ってもらえれば幸いです。

飲食コンサルタントとは

まず、コンサルタントとは、企業の役員などの相談に乗って、解決策を示すことを商売とする人のことを指します。単にコンサルタントと言ってもジャンルは様々で、経営・投資・建設・ITなどの分野において、深い知識と経験を持ち、業務の遂行について的確な助言やサポートができなければなりません。

このコンサルタントの1つである経営コンサルタントの中でも、飲食店に特化したコンサルタントを「飲食コンサルタント」と呼びます。飲食店に関することに精通していて、店舗の特徴や流行などに応じたメニューの提案から、経営悪化で悩む店舗の業績回復まで、広い視野で運営のサポートをしてくれます。

飲食コンサルタントの役割

飲食コンサルタントの主な役割としては、以下のようなものが挙げられます。

飲食店の開業支援

これから飲食店を立ち上げたいという経営者に対して、店舗のコンセプト設計から、内外装のコーディネート、さらにはメニュー作りまで、飲食店開業に必要なすべての準備に対して提案とアドバイスをします。また、出店に関わる行政手続きなどの代行作業も行ってくれます。

飲食店の経営支援

売上や集客力アップなど経営者の悩みに対して、経営者から店長など一人ひとりとのヒアリングから各種調査、分析をして、解決策について具体的なアドバイスをしてくれます。例えばその飲食店の経営が悪化している場合は、客層や流行、従業員の配置、値段など要因となりうること全てに対してリサーチを行い、原因究明と改善策を考えます。

飲食店の教育・育成支援

飲食店は働く人が重要です。店長からスタッフまで役職に応じた教育やコーチングから、採用の場面でもコンサルタントが関わります。また各種研修やセミナーを実施してスタッフのレベル向上、店舗のマニュアルを作成し、スタッフに衛生面から顧客対応まで知識の共有なども図ります。

飲食店の販促支援

飲食店の場合、お客様が来てくれないとはじまりませんね。飲食コンサルタントでは効果的な告知方法の提案や、販促ツールの制作、プロモーションの代行などを行う場合もあるようです。例えば、メール会員登録やLINEのお友達登録を促し、クーポンの配布や新メニューの告知をすることなども販促支援のひとつになります。

飲食コンサルタントを利用するメリット

上記の飲食コンサルタントの役割から考えられる、コンサルタントを利用するメリットとしては次のようなものがあります。

店舗の立地やお店のコンセプトについてアドバイスがもらえる

まずお店を構える時に重要になるのが立地ですよね。繁華街に安く出店できるのであれば良いのですが、現実的には厳しいのが現状。少し奥まった場所で候補地が複数ある場合、素人では判断が難しいところ。飲食コンサルタントなら、経験に基づいた判断をしてくれます。

またこれからオープンする店舗では、お店のコンセプトも大事。しかし「アットホームなお店にしたい」「明るく清潔感のあるお店にしたい」などという、断片的なイメージだけでコンセプトをまとめるのは難しいところがあります。コンセプトは店舗の内装やメニューなど、店舗づくり全体に影響を与えることなので、コンサルタントに判断を仰ぎたいところです。

原価に配慮したメニューが作れる

飲食店の経営者や店長は、飲食店で実際に料理を提供していた調理のプロの方が多いです。しかしプロがメニューを考えると、材料にこだわりを出しすぎて、赤字覚悟の商品や原価率1割などというメニューが多くなるようです。なお飲食店の原価率は、概ね7割が理想とされています。

飲食コンサルタントなら、集客アップにつながる目玉商品のほかに、原価率の高い定番メニューや人気メニューを取り入れて、トータルで採算の取れるメニュー構成のほか、メニューブックの構成、特に売り出したい商品に顧客が自然と流れるデザインなどを設計してくれます。

多店舗展開への知識やノウハウが得られる

1店舗のみの飲食店経営で専念していく方は別ですが、多店舗展開となると多忙となり、経営者の目が行き届かない部分も出てきてしまいます。飲食店と言っても、地域によって市場のニーズの移り変わりは激しく、流行の波も時期が異なってきますので、全ての店舗を順調に成長させていくためには、信頼のおける飲食コンサルタントに相談できる環境があると経営戦略も変わってくると思います。

いち早く流行などの情報を察知して、他店よりも早くメニューに打ち出すことで、店舗の知名度も拡がりを見せ、集客の向上へとつながっていきます。

分析に則った経営のアドバイスをもらえる

調理のプロが多い飲食店の経営者ですが、調理と経営では畑が全く異なります。店舗運営には経営の知識やデータを分析できる能力、問題を発見できる能力などが必要になります。特にコンサルタントはこの分析能力に長けている方が多いです。

コンサルタントを利用し話し合いをすることによって、自然と経営の知識や分析能力が身についてきます。また客観的な意見を聞くことで、自分自身では気づけなかった課題のほかに、店舗の強みまで発見できます。

飲食コンサルタントがお店を分析する際

自分の店舗を分析する際には、飲食店経営で表される数字すべてを洗い出すことが重要になります。例えば「どの時間帯に」「どのような客層が」「どの程度の時間滞在して」「何を注文して」「どれだけの売上を得たのか」といったように、あらゆる角度から物事を数字として調べ上げることによって「店舗の成果」を確認できます。

売上データの分析にはPOSレジが活躍

上記のような数字を読み取るには、レジの売り上げデータなどを調べることが必要になります。しかし従来のレジでは、1日の総売り上げや、売れたメニューが分かっても、商品ひとつひとつの販売数や売上を精査するには時間もかかりとても不便でした。

しかしPOSレジの誕生により、通常のレジとしての機能に加えて、時間ごとの売上や、客の滞在時間、商品ごとの売上なども瞬時に反映され、データとして可視化できるようになりました。さらには従業員のシフトなども管理できるため、売上のためにかかった費用も簡単にデータ化でき、より精密な売上データの分析に役立っています。

そして多店舗展開されている場合でも、各店舗ごとの売上データや総売り上げも、簡単に調べることができます。現代の飲食コンサルティングには「POSレジありき」と言っても過言ではありません。

POSレジについて気になる方は、是非こちらの記事もチェックしてみてください。

まとめ

今回は「飲食コンサルタント」について、役割と利用するメリットについてお伝えいたしました。経営者自身では気づくことのできなかった部分を補い、店舗をより成長させるためにも、客観的な判断ができるコンサルタントは役に立ちます。

もちろんコンサルティングをお願いするにも費用はかかりますが、自分自身の勉強として一度利用してみるのも良いでしょう。相性もありますが、費用対効果は得られるかと思われます。

そして売上データを分析をするには、POSレジがおすすめ。飲食店のメニュー分析や売上分析にかかる時間も売上の対価と考えると、情報量とスピード、正確性の高まるPOSレジはどの店舗でも必ず役に立つことでしょう。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。