飲食店の予約事情!電話予約とネット予約ではどちらが多い?

飲食店では予約で来店されるお客様も少なくありません。以前は予約といえば電話予約でしたが、近年ではネット予約も増えています。インターネットが発達した現代では、電話予約とネット予約のどちらが多いのでしょうか?今回はその点に迫りつつ、悩みの種になりがちな予約管理についてスムーズに行える方法をご紹介いたします。

電話予約とネット予約、一体どちらが多いの?

天秤

飲食店への予約として、もっともポピュラーなのが電話予約です。お手軽で即行性が高いので、確実性を重視する人は電話予約を選ぶ傾向にあります。電話予約だとお店の人と直接話ができるので要望が伝えやすい、希望する日時やコースの予約が取れたかどうかの確認をしやすいということをメリットに挙げる方もいらっしゃいます。ネット予約が発達した現在においても電話予約を支持する人が多く存在します。

一方でネット予約はというと、こちらも近年注目を集めています。とくにぐるなびや食べログといったグルメメディアや、トレタやebicaなどの飲食店専門予約サービスとの連携により、どんどん注目されています。電話予約だとお店が繁盛する時間帯や営業時間外には繋がりにくいという面もありますが、ネット予約だと24時間の予約が可能です。ライフスタイルの多様化が進む現代において、ネット予約は今後ますますニーズが増えていくのではないでしょうか。

電話予約とネット予約の場合、どちらの方が多いかというと、電話予約を選択するという意見がまだまだ多く見受けられます。飲食店専門予約サービスであるトレタが2015年02月21日~03月05日に行った調査によりますと、約7割の人が電話で予約する手段を使うようです。
一方でスマホの普及によりネット社会が構築されている現代においてネット予約の利点も無視できず、今後はネット予約を選択する人もさらに増えてゆくことが予想されます。予約受付を行っている飲食店としては、電話予約にもネット予約にも対応するというのが、より多くのお客様に足を運んでもらう為のベターな方法になります。

関連記事:インバウンド客の獲得もスムーズ!飲食店予約システム「Table Solution」が英⽂レストラン検索サイト「Japan Restraunt.net」と提携を開始!

電話予約とネット予約、管理をスムーズに行うには?

カレンダー

電話予約とネット予約のどちらにも対応する場合、重要になるのが予約管理です。現在、電話予約のみを対応しているというお店でも、予約漏れや時間の食い違いなどが発生して困っているというケースもあるのではないでしょうか。電話予約とネット予約の両方を導入するのなら、合理的な予約管理システムの導入が成功の鍵となります。
そこでオススメなのがPOSレジです。POSレジとは「Point Of Sales」の頭文字を取ったもので、従来の金額を計算するキャッシュレジスターとは異なり、さまざまな機能がついています。売上管理機能や顧客管理機能、データ分析機能や予約管理機能などが搭載されています。
ネット予約とPOSレジを連携させ、POSレジにて予約管理を行う事が可能です。もちろん手入力などで電話で受けた新たな予約を登録する事もできます。さらに予約の登録や削除、予約内容の確認や編集などもお手軽に行えます。

関連記事:取りこぼし0で売上アップ!予約管理システムから選ぶ飲食店向けタブレットPOS 9選

便利なPOSレジだけど、導入にかかる費用が心配。

便利で合理的なPOSレジですが、導入を検討する際に気になるのが費用ではないでしょうか。現在、多くのPOSレジには軽減税率対策補助金が適用されます。軽減税率対策補助金とは、複数税率対応レジの導入、または受発注システムの改修をする際などに、経費の一部を補助するという支援制度です。複数税率に対応できるレジを新規導入する時はもちろん、既存のレジを改修する際にも適用できます。A型とB型の申請類型があり、POSレジの導入はA型に分類されます。軽減税率対策補助金対象の商品を選べば、なんと導入料金の最大2/3(上限最大で40万円まで)の補助金が支給されます。

補助金の支給受付には期限があり、平成28年3月29日から平成31年9月30日までに導入、あるいは改修が完了したものが支援の対象となります。軽減税率対策補助金の対象商品で支給受付期間内であるなら、今こそがPOSレジを導入する最適の時期と言えるでしょう。ちなみにすべてのPOSレジが、軽減税率対策補助金の対象商品ではありませんので、POSレジを導入検討される場合は対象商品であるかどうかを確認するようにしてください。

関連記事:補助金の適応期間が延長!「軽減税率制度」についてもう一度おさらいしてみよう!

まとめ

予約OK

電話予約とネット予約、どちらにも一定の支持があり、それぞれを選択するお客様の声はさまざまです。どちらか片方に特化するよりも、どちらにも対応できるよう強化した方が、今後のお店の発展につながるでしょう。けれども不安なのが予約管理です。電話とネットを同時に活用することにより、予約漏れやバッティングが発生するのではないかという不安が発生します。また当日対応できるだけのスタッフが、いるかどうかの確認も重要です。そんな時に便利なのがPOSレジの予約管理機能です。電話とネットの予約情報を一元で管理できて、スピーディーに対応できます。一目でわかりやすく、操作しやすい画面も嬉しいですね。
POSレジにはデータ分析機能もついているので、どんな商品が売れ筋なのか確認もでき、今後のお店の発展にも繋げていけます。さらに今の時期なら軽減税率対策補助金の対象にもなるので、導入には最適です。POSレジはオススメの予約管理システムです。ぜひとも便利なPOSレジを活用し、合理的な予約管理をしてお店の発展に役立ててください。

予約管理システムに関するお悩みはレジチョイス コンシェルジュまで