初めてのお店で使うレジは何がいい? レジの種類を解説します!

お店のオープンすることになると、レジが必要ですよね。ひと口にレジと言っても色んな種類があります。初めてお店を持つ方は、「どんなレジがあって自分の店にはどのレジが合うのだろう」と思うのではないでしょうか。そこで今回はレジの種類や導入メリット・デメリット、どんな業態ならどのレジがおすすめかをご紹介します。

おなじみレジスター(ガチャレジ)

昔からあるレジのことで、レジとは「キャッシュ(金銭)レジスター(登録機)」の略です。売上げ金額の計算や、計算した金額を記憶する機能が備わっていて、会計をするだけのシンプルな機械です。

導入するメリット

・シンプルな機能なのでほぼ全ての店舗に対応することができる
・比較的安価で手に入れることができる
・ネット環境がなくても使うことができる

導入するデメリット

・細かい売上の分析や集計ができない

レジスターがおすすめな業態

レジスターはシンプルな機能なので、業態を選ばず導入することができます。売上集計や分析機能はそんなに必要としていない、導入費用を安く済ませたい、という人におすすめだと言えます。他店舗経営を考えていてそれぞれのお店の売上を管理したい人などは、この後に挙げる最新のレジを導入した方がよいでしょう。

レジ導入についてコンシェルジュに相談する

管理ならおまかせPOSレジ

POSレジの「POS」とは「Point of Sales(販売時点情報管理)」の略称になります。POSレジには据え置き型の「レガシーPOS」と、タブレットなどの通信端末で使える「タブレットPOS」があり、現在はタブレットPOSの方が人気があるようです。
POSレジは会計処理だけでなく、売上の集計・管理・分析ができます。インターネット環境を利用しているので、リアルタイムで情報を確認することも可能です。商品情報はバーコードで読み取ることができ、オーダー情報を従業員のハンディ端末から送ることや、自動釣銭機と連動することもできます。

導入するメリット

・会計、経理業務を効率化できる
・バーコード読み取りやレジ担当者情報記録機能により、不正防止が期待できる
・売上げ情報を管理し、販売戦略に活用できる
・複数店舗の売上げを一括で管理できる

導入するデメリット

・導入費や維持費がかかる
・ネットワーク環境を整えなくてはならない
・機械が故障や災害などで使えなくなることがある

決して安いとは言えないPOSレジですが、導入することによって多くの業務を効率化することができます。あらかじめ商品情報やセール情報などを設定することで、お金の受け渡しミスを防ぐことも可能です。情報を分析して、マーケティング戦略を練ることもできるなど、メリットが大きいシステムだと思います。災害などでネットワークの異常が起きるとシステムが使えなくなることがあるため、メーカーに確認しておきましょう。

POSレジがおすすめな業態

POSレジは様々な機能を組み合わせることができ、幅広い業態に対応できるシステムです。複数店舗の売上管理を一元化できるため、これから店舗展開を考えている方はPOSレジの導入を検討してみましょう。導入の際には自分の店舗に必要な機能と、そうでない機能を明確にし、メーカーを選びましょう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00) ※土日祝休み

レジの無人化も夢じゃないフルセルフレジ

フルセルフレジとは、お客様自ら商品の読み取りから会計まで行うレジのことで、無人レジともいいます。セルフレジはスーパーマーケットで見かける機会が多いと思います。スーパーマーケット白書によると、スーパーにおいて最も人手が不足している部門がレジ部門とされています。セルフレジを導入することで、レジ部門の人員を削減し、人手不足を解消することができます。

導入するメリット

・レジ業務の人手不足解消や人員を削減し、人件費を抑えられる
・現金管理の手間を削減できる
・店員が商品に触れる必要が無く、衛生的

導入するデメリット

・エラー処理や年齢確認、操作指導、不正防止などのために店員を配置する必要がある
・操作に不慣れなお客様はお会計に時間がかかる
・導入費や維持費がかかる
・機械が故障や災害などで使えなくなることがある

フルセルフレジの最大の魅力は、会計業務の負担を減らせることです。会計業務を店員がしなくてよくなるため、人件費を大幅に抑えることができます。
導入費用や電気代などの維持費、故障した際の修理費用がかかることがありますが、長期的に運用すればそれらのコストを回収することもできるのではないでしょうか。また、有人レジとフルセルフレジを組み合わせて運用すると、故障時の対応や機械に不慣れなお客様の対応もできるようになります。

フルセルフレジがおすすめな業態

2017年以降からコンビニやGUなどのアパレル業界、ツルハホールディングスなどのドラッグストアでもセルフレジを導入する動きが出てきています。スーパーマーケットやドラッグストアなどの取り扱い商品が多い店舗におすすめなレジだと言えます。
導入を検討する際は、お客様にとって操作しやすいシステムであることが重要になります。従来のフルセルフレジは商品の重量を量って会計する方法が主流でしたが、現在は電子タグを使う方法も開発されています。電子タグを使うと、1点1点商品を読み取る必要が無く瞬時に会計を終わらせることができます。

レジ導入についてコンシェルジュに相談する

効率化とサービス向上のいいとこ取りなセミセルフレジ

セミセルフレジとは店員が商品の読み取りを行い、お客様がレジ横の精算機で精算を済ませるレジのことです。レジによっては、レジ1つに対して複数の精算機が付いているものもあります。

導入するメリット

・精算までの流れを効率化することで、人件費を抑えられる
・現金管理の手間を削減できる
・店員がお金に触れる必要が無く、衛生的
・機械の扱いに慣れないお客様にとって、フルセルフレジよりも簡単に使える
・お客様が焦らずお金やカードを準備できる

導入するデメリット

・エラー処理や操作指導、不正防止などのために店員を配置する必要がある
・導入費や維持費がかかる
・機械が故障や災害などで使えなくなることがある

セミセルフレジのメリットは、人件費を削減しつつ、お客様にとっても操作しやすい点にあります。フルセルフレジはセミセルフレジより早く普及しましたが、慣れないお客様は商品の読み取りに時間がかかかります。またエラーが起きた時には店員を呼ばなければなりませんでした。
セミセルフレジでは商品の読み取りをレジの扱いに慣れた店員が行うため、こうした問題をカバーすることができます。お客様が自分で行う作業はお会計のみになるため、導入からしばらく経つと操作指導する必要性も減っていくでしょう。

セミセルフレジがおすすめな業態

セミセルフレジのおすすめの業態はフルセルフレジと同じですが、丁寧な接客でリピーターを増やしたい店舗によりおすすめだと考えられます。
会計時に店員が介入しないフルセルフレジに比べて、セミセルフレジはお客様と接する機会が増えます。店員の接客スキルを向上させる必要もありますが、店員のレジ業務の負担を減らすことで、お客様に充実したサービスを提供することができるでしょう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00) ※土日祝休み

注文と会計を自動化できる券売機

券売機は飲食店で見かけることが多いと思います。お客様は券売機でメニューを選び、自分で券を購入します。従来は押しボタン式の券売機が主流でしたが、現在はタッチパネル式の券売機も開発されています。
タッチパネル式券売機は高価なものもありますが、メニューを時間帯によって変更したり、メニュー数の増加に柔軟に対応することもできます。また複数店舗の売上を一元管理できるものや、多言語対応できる券売機も出てきています。

導入するメリット

・お金の受け渡しミスや注文ミス、注文漏れを防止できる
・店舗の注文・会計業務にかける時間や、人件費を削減できる
・店員がお金に触れる必要がないため衛生的
・料金を前払いしてもらうため、食い逃げを防止できる

導入するデメリット

・導入費や維持費がかかる
・追加オーダーが取りにくい
・機械が故障や災害などで使えなくなることがある

券売機の価格はメーカーにもよりますが、安いもので60万~80万円ほどはかかるようです。しかし、導入に費用がかかっても業務効率化を図れるため、人件費を削減することができます。
盗難やお釣りのミスなどのトラブルも防止できるため、長期的にみると費用対効果が高いのではないでしょうか。導入費用を抑えたい方は中古やリースの券売機を探すなど、コストを削減を検討してみましょう。

券売機がおすすめな業態

追加オーダーをする場合は、その都度お客様に券売機で購入してもらう必要があります。そのため、券売機は追加オーダーが出やすい居酒屋などには不向きだと考えられます。ラーメン屋さんなどメニューが限られており、対応できそうな店舗であれば、追加オーダーのみ店員が伺いに行ってもよいでしょう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00) ※土日祝休み

まとめ

レジの種類とおすすめの業態についてご紹介しました。従来のレジスターに比べて、機能が増えて業務効率化できるレジが登場しています。業務効率化による人件費削減だけでなく、業務に余裕ができた分、他のサービスを充実させてお客様満足度を高める効果も期待できます。
業態によって合うレジ合わないレジがあるため、各レジのメリット・デメリットの確認や、メーカー比較を行って、ご自分に合ったレジを見つけましょう。レジチョイスではメーカー間を越えたレジの紹介や比較検討のお手伝いをしています。この機会にお気軽にお問い合わせください。

レジ導入についてコンシェルジュに相談する