無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

レジ×キャッシュレス入門。2度打ちとは?どんな種類がある?

飲食店や小売店のオーナーさん!まもなくはじまる消費税増税に向けて準備はすすんでいますか?最近ではPOSレジやキャッシュレス決済といった内容のCMもテレビでよく観るようになりましたよね。まわりの店舗はすでに導入しているPOSレジやキャッシュレス決済。「うちも導入したほうがいいのかな…?」と気にはなってはいるけど、いまいち煩雑で手をつけられていないという人も多いことでしょう。

そこで今回はPOSレジ×キャッシュレスの入門編として、基本的な部分から解説していきたいと思います。

そもそも「POSレジ」とは?

POSレジとは、販売時点情報管理機能を搭載したレジのことです。「いつ・どの商品が・どんな価格で・いくつ売れたか」リアルタイムの情報がわかり、在庫や発注などの管理に欠かせないデータを蓄積するこができるため、今後の店舗運営の改善に役立てることができます。

ただしPOSレジと一言で言っても、その種類はさまざまで大きく分けると3つに分類されます。iPadなどを利用したタブレットPOS やPCを使った据置型のPOSレジ、専用機のPOSレジなど業種や用途によっても向いているレジは異なります。

そもそも「キャッシュレス決済」とは?

キャッシュレス決済とは、クレジットカードや電子マネーを利用して、紙幣や硬貨など「現金を使わない決済方法」のことをいいます。キャッシュレス決済の方法は、クレジットカードを利用したものや、スマートフォンを利用したものなどさまざまです。キャッシュレス決済の中でも代表的な3つの種類をご紹介します。

QRコード決済

誰もがよく見る横長のバーコードに対して、QRコード決済は横軸と縦軸のバーコードが組み合わさり、正方形でドットのような模様をしています。そのドットのなかに文字や数字などあらゆるデータが格納されています。QRコード決済は、専用のQRコードリーダやスマートフォンのカメラで読み取ることができます。カメラで読み取る方法は、店舗が利用者のQRコードを読み取るタイプと店舗が提示したQRコードを利用者が読み取るタイプの2つにわかれます。

バーコードが付帯しているものもあり、合わせて「スマホ決済」と呼ばれることもあります。

▼姉妹サイト「ピピッとチョイス」の人気記事をご紹介(外部サイトへ移動します)
QRコード決済の主要4サービスを徹底的に比較してみた!手数料から導入メリットまで
【初心者向け】QRコード決済とはどんなもの?仕組みや導入のメリット

クレジットカード決済

国内においてもほとんどの人が利用しているクレジットカードは、ユーザー、カード会社、加盟店の3者が関わりを持ち、決済は成立されます。ユーザーは、商品を購入するとき、クレジットカードを選択し、加盟店から商品を受け取ります。カード会社は、請求明細を発行し、指定した利用者の口座名義から代金を引き落とします。加盟店は、決済手数料を引いた金額をカード会社から入金してもらうというような流れになります。

電子マネー決済

電子マネーとは、現金をもたずに決済ができる電子化された決済サービスです。利用する際は、カードやスマートフォンを使用します。「nanaco」「WAON」などが代表的なものです。「Suica」といった交通系電子マネーや「iD」などのおサイフケータイも電子マネーの一種です。電子マネーはチャージ型かクレジットカードを紐づけて使うなどの利用方法となり、審査が不要なので手軽に利用することができます。

POSレジとキャッシュレスの導入について

POSレジやキャッシュレスの種類などは理解できたものの、いざ導入するとなると、何をどのように導入したらいいのかお悩みの人も多いことでしょう。店舗にとって最適な方法を見つけるために、以下の内容を是非参考にしてみてください。

POSレジとキャッシュレス決済を連動させるかしないかは任意

POSレジとキャッシュレスを導入する方法としては、レジとキャッシュレス決済端末を連動させる方法と、それぞれの端末を別々に用いて決済するという2つの方法があります。どちらがいいのかは店舗によって異なります。

 連動させることとさせないこと、それぞれの利点

以下では連動させるメリットと連動させないメリットを簡潔にまとめてみました。

連動させるメリット
  • 一度の会計で決済が完了する
  • オペレーションの効率化が図れる
  • お客様に渡す明細を1枚にまとめられる
連動させないメリット
  • 好きな決済方法だけを取り入れることができる
  • 端末やシステムの不具合に関するトラブルの心配が不要

二度打ちとは?

先ほどもお伝えしたとおり、POSレジとキャッシュレスを連動した場合、一度で決済が完了し会計業務がスムーズになるというメリットがあります。POSレジとキャッシュレスの端末が連動していない場合、レジとキャッシュレス決済端末に同じ金額を入力しなければいけないといった「二度打ち」という業務が発生します。そのかわり好きな決済サービスも導入できる点や、連動による不具合の心配もいらないといったメリットもあります。このように双方のメリットが顕在するため、店舗にとってニーズに合った導入方法を取り入れることをオススメします。

POSレジも、キャッシュレスも今なら補助金が活用できる

POSレジとキャッシュレスの導入を検討しているけど、やはり気になるのが導入費用や手数料などのコストの部分ですよね。現在日本では国を挙げてPOSレジとキャッシュレス導入の促進を行っているため、導入する人へ補助金が適用しされ、負担なく導入することができるんです。

それぞれの補助金の概要や期間について簡単にお伝えするのでしっかりチェックしましょう。

POSレジ導入の補助金

POSレジ導入の補助金の概要

2019年10月の消費税増税にともない、複数税率に適用したレジが必要となる中小企業・小規模事業者に対して「軽減税率対策補助金」が適用になります。適用は複数税率対応レジや券売機が対象となり、補助金はPOSレジにかかる費用の3/4を支援してくれます。

※10/1追記 : 軽減税率対策補助金の申請受付は9/30で終了しました。

期間

~2019年9月30日(月)まで

※1事業者あたり200万円まで可能

キャッシュレス決済導入の補助金

キャッシュレス決済導入の補助金の概要

2019年10月の消費税増税にともない、クレジットカード・デビットカード・電子マネー・QRコードなどのキャッシュレス支払いを行った消費者へ、2%~5%(2019年10月から9ヶ月間のみ5%)のポイント還元がもたらされます。これを「キャッシュレス・消費者還元事業」といいます。

さらに「キャッシュレス・消費者還元事業」は消費者だけでなく事業者にもメリットがある内容となります。条件に沿った中小企業・小規模事業者であれば、店舗向けにキャッシュレス決済端末費用の2/3を国が負担、1/3を決済事業者が負担してくれるため店舗側は自己負担なしで導入できるようになります。

期間

2019年10月~2020年6月までの9ヶ月間となります。

まとめ

今回はPOSレジ×キャッシュレスの入門編として基本的な知識や、POSレジとキャッシュレスを連動する場合と、しない場合のメリットなどをお伝えしました。

連動すると「二度打ち」という手間を省き円滑な会計業務の効率化が図れる点がメリットであり、連動しない場合だと、好きな決済サービスを導入できるといった双方のメリットが顕在します。どちらが正解というわけではなく、店舗によって希望にマッチした方法を取り入れていきましょう。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。