飲食店に必要なオーダーエントリーシステム(OES)を導入する5つのメリット

飲食店用にPOSレジを紹介しているとかならず一緒にご紹介するのが、オーダーエントリーシステム(OES)です。OESはファミリーレストランや居酒屋などの飲食店チェーン店で多く利用されておりますが、別名「オーダーコールシステム」とも呼ばれています。このシステムは、POSレジ同様店舗ごとにオリジナルのシステムを組み込むため、導入に相当の費用がかかっておりました。そのため、中小規模の飲食店では、オーダーエントリーシステムを導入する飲食店はあまり多くありませんでした。しかし、近年タブレットやスマホなどの電子機器の発達やインターネット環境の向上によりこのオーダーエントリーシステムもかなり手ごろな価格で導入できるようになりました。そこでレジチョイス編集部は、最近のオーダーエントリーシステムについてご紹介してまいります。

そもそもオーダーエントリーシステムとは?

直訳すると“注文を入力するシステム”ですが、オーダーエントリーシステムとは、お客様からオーダーを受け・キッチンにオーダーを通す作業を、電子的に伝達するシステムのことをいいます。具体的に、オーダーエントリーシステムを利用している端末としては、ホールスタッフが注文受付時に手元で入力している小型の端末(ハンディーターミナル)や、最近ではテーブル卓に据え置きされている注文することができるタッチパネル式の端末になります。システムの流れとしてはハンディーターミナルやタッチパネル式の端末などを通じて、注文が接続されPOSターミナルやキッチンプリンター、そしてオフィスのPCなどにデータとして送られ管理されます。

オーダーエントリーシステムを導入する5のメリット

料理提供スピードの向上

緑エプロンの女性

まずは、料理の提供スピードが格段にアップするということです。例えば、小さなカフェを運営されている飲食店様で、テラス席と店内席があるところがあります。このような席配置である場合、テラス席の注文をキッチンに通すまでにそれなりの時間がかかってしまいます。オーダーエントリーシステムを利用すれば、キッチンから離れている場所からでもハンディーターミナルで注文を入力するだけで瞬時に注文がキッチンに送られます。わずかな距離かもしれませんが、キッチンに戻るまでの間にお客様に呼び止められて「お水下さい」といわれれば、そこで“料理を注文したお客様”か、“お水を注文したお客様”のどちらかを待たせてしまうことになります。しかしシステムを利用すれば、その場で注文がキッチンに通るので料理のお客様もお水のお客様も待たせずにサービスを提供することができるようになります。

注文ミスの軽減

ordermistake

注文内容を手書きの伝票で記入している場合、書き手によっては判読が出来ない場合があったり、注文をとったあとにサロンのポケットに注文伝票を入れっぱなしにしてしまったりして結果注文がキッチンに伝わらないことがあります。このような注文ミスは新人スタッフにありがちかと思いますが、忙しい時間帯であればベテランスタッフでもやってしまうこともあります。しかし電子的に注文データをおくるこのシステムであれば、読み間違いで違うメニューをキッチンが作ることも無ければ、注文の通し忘れも防ぐことができます。

会計スピードの向上

cafecasher

さらに会計処理も、オーダーエントリーシステムがPOSレジと連動することで作業の効率化を行うことが出来ます。オーダーエントリーシステムが無い飲食店での会計であれば、手書きの注文伝票をお客様にレジまで持ってきてもらい、スタッフがお店のレジに入力をすることになります。お昼の忙しい時間帯であれば、レジの前に会計待ちで行列が出来る場合もありますし、新人スタッフであれば尚更会計完了までに時間をとられてしまいます。一方ハンディーターミナルから送られた注文データがテーブル毎に管理されているこのシステムであれば、会計時にテーブル番号を選択するもしくは、会計伝票のバーコードを読み取るだけで合計金額や注文内容がPOSレジに反映されるのであっというまに会計処理を済ませることが出来ます。

会計ミスの軽減

また会計処理で、手書きの伝票を書いているものを再度レジに打ち込むものであれば入力ミスの為にメニューの合計金額などの違いが生じてお客様とのトラブルになってしまうこともあります。しかし、注文データを自動で管理しているシステムであれば合計金額を間違えずにお客様に提示することができます。

空打ち早期発見および防止

regi_check

最後に、前回も空打ち防止の記事で触れましたが、オーダーエントリーシステムがPOSレジと連携していることで、在庫管理が出来ない飲食店でも注文をデータとして記録・管理することができます。そのため、紙での注文伝票とはことなり注文を無かったことに出来ないのです。かりに取消し処理を行えたとしても処理をした履歴が残るので空打ちの証拠を押さえることができるのです。結果として導入するだけで、空打ちを防止することができますし、仮に空打ちが行われたとしても被害を最小限で原因を改善することができます。

最近のオーダーエントリーシステム事情

上記で紹介したメリット以外にも、最近ではオーダーエントリーシステムではタッチパネル式である構造をいかした様々な機能が出てきております。その一つに可視化でわかりやすくなったテーブル管理機能ではないでしょうか?今までのハンディーターミナルであれば、注文情報を端末についているボタン操作で入力し、小さな画面で文字データのみを見て判断していたものが、最近は大きな画面でテーブルの状況をハンディーから直感的に管理することができるようになりました。これにより、今までのホールスタッフの口癖であった「少々おまちください」を少しでも減らして、来店してくださったお客様に対してストレスフリーで料理を堪能していただけるのではないでしょうか。

レストランPOSレジ16選