見えないところに隠された大きな被害【レジの空打ち】から店舗売上を守るには?

レジの空打ちに頭を悩ませている店舗経営者の方は、少なくないと思います。しかも信頼しているスタッフであれば、被害そのものさえも疑いたくもなります。また闇雲にスタッフを疑ってしまうと、今度はスタッフの全員が信用できなくなってしまう場合もあるので、結局数回の空打ちの被害であれば目をつむってしまう店舗経営者が多いかと思います。しかし事実として目の前の現金は無くなっていく一方で、何かしらの手を打たなければ被害は拡大し、最悪倒産の危機につながる恐れさえあります。薄利多売の商売であればなおさらレジの空打ち被害は、店舗経営に直結します。今回レジチョイスでは、このレジの空打ちの実態と対策、そして対策の穴までフォーカスし本当に効果的な対策を検証していきたいと思います。

レジの空打ちとは?

karauchi

そもそもレジの空打ちとは、なんなのでしょうか? 店舗経営者の方であれば特に説明する必要はないかと思いますが、簡単に説明しますとお店の売上をレジで打たずにそのまま着服することを指します。また空打ちの方法は業種業態によって様々ですが、まずは基本的な空打ちの手口をご紹介します。この手口を知ることで、店舗での空打ち対策を検討してみましょう。

基本的な空打ち手口

teguchi

レジに商品をもってきたお客様が現金でお支払いした場合に、レジに商品を入力して現金を受けとります。その後、レシートの有無を確認し必要でないとされた場合、受け取った現金を一時レジ上に置いておき、お客様の商品もしくは釣銭を手渡したのちに現金を着服します。またそのときに入力したレジは取引中止ボタンもしくはクリアボタン、または返品処理をすることで空打ち完了になります。毎日在庫管理をしている店舗であれば、空打ちの事実を発見することができますが、犯人特定は防犯カメラ等で行わなければなりません。また、在庫管理等ができない飲食店等であれば、このレジの不正を発見することが難しくテーブル伝票などが紙などであればなおさら、注文そのものがあったことを隠蔽されてしまいます。

空打ち対策その1:日々の棚卸しで在庫差異から空打ちを洗い出せる?

zaiko

一番の空打ち対策としては、先ほども触れたように棚卸しが一番の解決策ではありますが、あまり実用的ではありません。さらに、この棚卸し等にも抜け穴が存在します。それは空打ちした商品の欠損処理や破損処理といった処理を、棚卸しでかけてしまい在庫差異そのものをデータから消されてしまう場合があります。これは空打ちを行った人物が、棚卸しを行うことで可能になります。つまり、在庫差異自体が発生していなければレジの空打ちの実体もつかめず、計上区分の【棚卸減耗損】だけが増えてきてしまいます。そしてこの区分が異常値として認識されたときに初めてレジの空打ちの実体に気づきます。棚卸をしているからレジの空打ちが無いと決めつけないようにしましょう。

空打ち対策その2:証拠の現場を押さえる防犯カメラで本当に安心?

search

続いての対策としては、やはり防犯カメラではないでしょうか。レジの手元や内側を移しておくことで、レジの空打ちを監視するばかりではなく釣銭の渡し忘れや金額間違いなども証明することができるので、防犯カメラは設置しておいたほうがよいでしょう。しかし、毎日この防犯カメラをチェックするとなると日々の業務においてかなりの時間をとられてしまいます。さらに狡猾な空打ちマスターのスタッフであれば防犯カメラの死角も十二分に熟知しているので現場を映像に収めることは難しいでしょう。であれば防犯カメラの設置自体をスタッフに教えないのも一つの方法ではないでしょうか?

空打ち対策その3:レジ差異を前もって準備しておく方法

money

空打ちの常習犯や疑いのあるスタッフがレジ担当の日に、前もってレジ差異を起こすように設定しておきます。具体的には、レジ金を1000円ほど途中で抜いておくのです。その後、レジ締め作業や棚卸し作業などを同じスタッフに行ってもらいます。これで最終のレジ金の差異の1000円が不足として報告に上がってこない場合は、そのスタッフは限りなく黒に近いグレーだということがわかります。しかし、この場合はあくまでも問題スタッフの洗い出し手法の一つであって断定することは難しく、善意でレジ金を合わせたといわれてしまえばそれまでです。まずは、この手法で空打ち犯人に目星をつけるようにしましょう。

レジチョイスおすすめの空打ち対策

上記三つの簡単なレジの空打ち対策をご紹介しましたが、効果的な対策としては、結論としてPOSレジを導入することではないでしょうか?例えば小売店であれば、在庫管理システムと一体となったレジシステムを取り入れることにより、レジ差異や在庫差異などもリアルタイムで確認することができます。クラウドシステムと連動しているPOSレジであれば取引中止データや返品データなども担当者ごとに比率を確認することができます。おススメとしてはOrange Tabletと呼ばれるPOSレジです。こちらのレジにはOrangeStockと呼ばれる在庫管理システムがありますので、バーコード管理をしている商品であればレジの空打ちと在庫管理の一元化を図ることができます。
orangetablet

Orange Tablet公式ページ OrangeStock 公式ページ

飲食店であれば、オーダーエントリーシステムと連動したPOSレジを利用することで確実に注文があった品物のデータをクラウドやPOSレジに残すことができるので、レジでの会計が済んだのか、まだなのかを把握することができるので安心です。仮にスタッフが、注文データの取消しを行ったとしても、データの集中管理を行っておりますのでいつどこで誰がどのようなデータ処理を行ったのかを把握することで空打ちなので不正を洗い出すことが可能になります。

レジチョイスのおススメレジは、blaynレジという飲食店向けのレジになります。

5

こちらは、下記のiPod端末が注文をとる時に必要な「ハンディー」の代わりになります。「ハンディー」より注文があったものが、キッチンカウンターにおかれるキッチンプリンタおよび上記のPOS本体へのデータが送信されます。それにより今まで紙注文などで行われていたものがデータとして残り、会計などもレジを通してからでないと実行できませんので飲食店での空打ちを防ぐことができます。

7

一点注意するとするのであれば、閉店後の返品処理や取消し処理などのデータを管理し、状況を確認することで空打ちの実体を暴くことができ、被害を最小限で食い止めることができるはずです。

blaynレジ公式ページ

まとめ

規模が小さければ小さいほど、お金の管理はスタッフ任せになっていませんか?スタッフ任せにしてしまうと、いつのまにか被害は大きく広がっているかもしれません。まず今のうちに対策をする意味でもレジの見直しを検討されてみてはいかがでしょうか?レジチョイスでは、今月よりレジに関する疑問や御問合せを受け付けておりますので、右側のコンシェルジュ相談フォームもしくは、下記のリンクボタンより御問合せください。コンシェルジュよりご連絡させていただきます。皆様からの御問合せお待ちしております。

コンシェルジュへのご相談フォームはこちら