ICカードで「ピッ」は便利!でも受け取ったレシートは邪魔じゃない?

世界的にみるとキャッシュレス化が遅れていると言われている日本ですが、それでも若者を中心にして着実にキャッシュレス文化が広がってきています。
カードやスマホ1つで支払った場合もちろん財布は必要ないのですが、商品と共に受け取ったレシートの保管場所に困ってしまった経験はないでしょうか。
最近では紙のレシートを発行せず電子メールやアプリを用いて買い物の履歴が確認できる「電子レシート」というサービスもありますが、果たしてこの時代に紙のレシートは必要あるのでしょうか。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

使いすぎの防止として電子マネーを使うなら管理が必須!

クレジットカードの場合はお金を無限に使えるように錯覚して使いすぎてしまい、翌月の請求額に驚愕したという話はよく耳にするものです。それに対して電子マネーであれば、あらかじめチャージした金額分しか利用できないため、お金の無駄遣いを防止してくれる効果がありますよね。
手帳タイプのスマホケースであれば、定期券や買い物ができるICカードが収納できるので、スマートフォンを1つポケットに入れておけば手ぶらでちょっとしたショッピングが可能になるため、手軽で非常に便利なものです。

しかし電子マネーを活用して無駄遣いの防止を徹底するのであれば、利用した金額をこまめにチェックする必要があります。
せっかく1ヶ月間で利用する金額を決めていても使いすぎで再度チャージしてしまっては意味がありませんし、財布を持たずにコンビニに来たのに残金が足りなかったなんてことがあっては酷く手間がかかってしまいますよね。

このような悲劇を生んでしまわないためにも、電子マネーの残金は正確に管理したいものですが、果たしてレシートを受け取らずに残金確認をする方法はあるのでしょうか。

キャッシュレス生活において やはり便利な電子レシート

財布を持たずに電子マネーで支払いを行った際、一番便利なレシートの受け取り方法としては、やはり電子レシートの確認が良いでしょう。
しかし電子レシートを受け取るためには店舗側が電子レシートに対応している必要があるため、お客様サイドで同行できる問題ではありません。
お客様が電子レシートに対応した特定の店舗でしか買い物をしないということであれば使いやすいと思いますが、紙レシートも電子レシートも管理しなければならないのは大変なので、便利なサービスにも関わらず爆発的には浸透していないのでしょう。

レシートを受け取っていなくても電子マネーの残金をできる

買い物の内容を把握したいわけではなく、単純に電子マネーの残金だけを確認したいというのであれば、専用の端末からいつでも簡単にチェックすることが可能です。
専用端末と言っても大きな機械などではなく、キャラクター付きのキーホルダー化されたものや、歩数計の機能の1つとして搭載されている実用的な製品もあります。
ネットショップなどで1つ2,000~3,000円程度で販売されていることが多いようですが、コンビニやデパートなどに設置された専用端末でわざわざ確認する手間が省けるので、電子マネー派の方は1つ持っていても損は無いのではないでしょうか。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

紙レシートがお金に変わる!? 高校生が開発した「ONE」って何?

たった1枚の紙がお金に変わるサービスは魅力的なものですよね。それが本当であれば本来なら不要なレシートも、一旦は受け取ってしまうのではないでしょうか。
実は「買い物して手に入れたレシートをスキャンするだけで、1枚につき10円、1日最大100円まで受け取れる」という素晴らしいアプリサービスが提供されています。しかも、なんと現役高校生が営む企業ということで驚きですよね。

レシートがお金に変わるカラクリが気になるところですが、レシートに記録された情報は「決済データ」「購買データ」であるという点に注目し、一斉に集めることでデータ欲している企業に販売していくという仕組みです。
「ONE」ユーザーはあらかじめ簡単な個人情報を入力するため「いつ、どのような人が、どのような商品を購入しているのか」というデータを割り出すことが可能です。

あまりの好評ぶりに供給量がパンクしてしまったようで、現在は当初の「レシートを1枚10円で買い取ってもらえる」というサービスからは変更があり、「ガソリンスタンドのレシートを1枚30~100円で買い取ってもらえる」というものになっています。しかし、それでも車に乗る機会が多い方にとってはかなり嬉しいサービスと言えるでしょう。

このレシートをお金に変えられるというプロジェクトはかなりの需要が見込めるため、他社との提携や資産のやりくりさえ上手くいけば、今後も類似サービスを提供し始める企業が出てくるかもしれません。こうしたサービスが増えてくるのであれば、紙レシートの需要は一気に高まることでしょう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

まとめ

紙レシートを発行するためにはレジ導入時にレシートプリンターを購入した上で、さらに定期的にレシート用紙を購入しなければならないため地味に費用がかかってしまいますが、一方で電子レシートは最初に対応のPOSシステムを購入してしまえばレシートを発行する際にお金がかからないため、たしかにコストダウンを図ることができるかもしれません。
しかしお客様は紙レシートを受け取ったとしても「破棄する」「アプリで管理する」といった選択肢もありますので、電子レシートを発行するよりも紙レシートをお渡しした方がより多くのお客様に満足していただけるのではないでしょうか。
幅広い層のお客様がいらっしゃる店舗であれば紙レシートの需要はあるのではないかと思われます。反対に最新の技術に興味をお持ちの方が多く来店されるような店舗であれば、電子レシートの方がウケも良いかもしれません。
一概にどちらが良いと言いきることはできませんが、お客様の年代や特徴を捉え、どちらを導入すべきか決定してください。

レシート対応のPOSレジを一括見積もりするならコチラ