ラーメン屋にはPOSレジ?券売機?どのくらいの規模からハンディがあった方が良い?

ラーメン屋

ラーメン屋さんや定食屋さんで見かけることの多い券売機ですが、券売機が適しているのはどのような店舗なのでしょうか。それぞれの会計方法の特徴をまとめ、どの程度の規模のお店に券売機が適しているのかをご紹介します。

券売機はどんなお店に適している?

食件売場

券売機で食件を販売する場合は会計スタッフを必要としないので、教育コストも含めて人件費が削減できる上にお店の回転率も上昇します。
またスタッフが直接お金に触る機会がないので衛生面がしっかりしており、お客様に不必要な心配を与えることがありません。

券売機を利用すると、利益向上やお客様満足度の向上、リピーターの獲得にも繋がるなど、かなりのメリットがあるようです。
券売機は良いとこ尽くしのように感じられますが、券売機が向かない業態というのもあるのでしょうか。

席数が少なくて券売機までの距離が短ければそこまでお客様の負担にはなりませんが、広いお店の場合は替え玉1つのためだけに奥の席から入口まで出てこなければなりません。また券売機との距離が近かったとしても、通路が狭すぎて移動が困難という場合でもお客様にはストレスになってしまいます。

追加注文が面倒という理由で客単価を下げてしまうと言うのは避けたいところですよね。追加注文は現金でも可能にしてしまうと結局衛生的ではなくなってしまいますし、券売機の数を増やすとなるとコスト面での負担が大きくなってしまいます。

お客様がストレスフリーで券売機までたどり着ける店舗であれば券売機を導入することをおすすめしますが、追加注文の度にお客様にストレスを与えるような環境であれば、POSレジのハンディターミナルを利用した方が良いでしょう。

業務形態以外も視野に入れて考えた方がいい?

理念 イメージ

店舗の大きさなどによっては券売機が向かないこともあるようですが、業務形態以外でも検討のポイントがあるようです。
たとえば大手牛丼チェーン店の「吉野家」は、ほとんどの店舗では券売機を導入していません。同業他社の松屋などに比べてメニューの数が少ないというのも1つの理由のようですが、他にも大きな理由があるようです。

吉野家は企業理念として「お客様とのコミュニケーションを大切にしているから」という考えをかかげており、業務の効率化よりもコミュニケーションを重視しているからと言われています。券売機はたしかに便利ではありますが、スタッフとお客様がコミュニケーションを取れる機会がほとんどなくなってしまいますよね。
またしっかりお客様の顔を見ながらサービス提供を行うことによってお客様満足度を確認し、普段の営業に活かしているようです。

このようにシステム面以外にも、お店のポリシーや雰囲気を守るために券売機を導入したくないという店舗も多いようです。券売機を導入するとどうしても「お腹を満たすためだけの空間」という冷たい印象になりがちなので、アットホームな雰囲気を作っていきたいと考えている方には券売機の導入はおすすめできません。

それぞれの特徴まとめ

メリット デメリット

ここまで紹介してきた他にも、それぞれの会計方法にはメリットとデメリットがあります。それぞれの方法が向いている店舗の条件と合わせて見ていきましょう。

券売機を使った場合の特徴

メリット
・回転が速い
・金銭トラブルが起きない
・人件費が削減できる
・商品を覚える必要がない
・スタッフがお金に触らないので衛生的
・どの商品がどれだけ売れたか把握できる

デメリット
・投入費用が高額になる
・替え玉などの追加注文をする際に面倒
・故障時に店が回らなくなる可能性がある
・お客様とのコミュニケーションがとれない
・客単価が下がる可能性がある
・券売機が混雑していると顧客を逃す可能性がある

向いているお店
・座席が少ない
・メニューが多い
・とにかく回転率を上げたい
・金銭トラブルを防止したい

POSレジ+ハンディターミナルを使った場合の特徴

メリット
・オーダーミスに繋がりにくい
・詳しい集計や分析がとれる
・追加注文への対応が楽
・メニューを細かく覚えなくても対応できる
・在庫状況に合わせてメニューのおすすめができる

デメリット
・導入費用や維持費用がかかる
・多機能過ぎて使いこなせない可能性がある

向いているお店
・座席数が多い
・通路が狭い
・メニューが多い
・アットホームな雰囲気を築きたい

伝票を使った場合の特徴

メリット
・費用負担がかからない
・慣れていると速い
・機械トラブルが起きることはない

デメリット
・商品を全て把握しておく必要がある
・スタッフは常にある程度の人数を揃えておく必要がある
・オーダーミスが発生してしまう可能性がある

向いているお店
・メニューが少ない
・席数が少ない
・経験が長く手会計に慣れている

まとめ

ラーメン屋 店員 イメージ

券売機にはたくさんのメリットがありますが、その分デメリットの数も多いようです。自分の店舗の業態や理念によって、券売機を導入するか否かしっかり考える必要があるでしょう。
また規模や業務形態だけではなく、お店の雰囲気や方向性から考える必要もあるようです。
自分の店舗にどちらが適しているか分からないという方は弊社のコンシェルジュがしっかりとご相談に乗らせていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。