無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

決済手数料が0%~の「QRコード決済」はとりあえず入れておいて損はない

これまでにキャッシュレス決済化の動きが進むなかで、QRコード決済を導入する店舗が増えてきています。手軽に導入できることがQRコード決済の魅力のひとつではありますが、実際にQRコード決済とはどのような内容で展開されているのでしょうか。また、導入で発生するコストにも注目したいところですよね。

また、消費税増税やがあり、これからオリンピックを目前に控えた今、QRコード決済を導入するべきタイミングでもあると言えるのです。今回はQRコード決済の概要から、今導入すると特にお得なサービスの紹介までわかりやすくご紹介していきます。QRコード決済サービスの導入を検討している方は、是非最後まで読んでみてください!

とりあえず入れておいても損がない「QRコード決済」

QRコード決済の仕組み

QRコード決済と一言で言っても、そのサービスについてご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

QRコード決済とは「決済の際にQRコードを使って、支払いを行う」という形をとる、キャッシュレス決済サービスのひとつです。専用の読み取り機を使って「店舗側がお客様の提示するQRコードを読み取る」ものと、店舗に提示されたQRコードを「お客様自身がスマホ等を使って読み取る」という2パターンが主流になっています。

実際の支払いは、QRコード決済サービスのアプリ等に登録している銀行口座からの引き落とし、紐付けたクレジットカード、事前にチャージしたお金で支払うかたちになります。

QRコード決済は店舗にメリットがいっぱい

そんなQRコード決済サービスですが、店舗側にとってもお客様にとっても会計時の現金のやり取りが減ることで、スムーズな会計が可能になるという両者にメリットがあります。

特に店舗側にとって、混雑時において会計がスムーズに完了することで、会計待ちの列も改善できる可能性があります。こうした機会損失を防ぐことでより多くのお客さまを捌けるでしょう。「QRコード決済を導入している店舗」ということを訴求できることが、集客のきっかけになる可能性もあります。これらの点から、最終的に売上アップにも繋がる期待が持たれています。

手軽に導入できる便利なサービス

店舗にとって新たなサービスの導入に関して、心配なのがコスト面。一般的に、便利なサービスやツールを導入する際には、初期手数料や機材費などの導入費用が掛かる場合が多いイメージですよね。

QRコード決済サービスでは、コストを抑えて導入できる手軽さが大きな魅力とされているのです。

QRコード決済では、店舗側が専用機でコードを読み取るものと、お客様が店舗が掲示したコードをお持ちのスマホで読み取る2パターンがあるとご説明しました。後者の方法を取れば、専用端末などの用意は必要なく、ツールやシステムを入れる必要もないため無料で始められるのです。

もちろん、サービスによっては専用機器が必要な場合もありますが、その場合でも数万円程度に抑えてスタートできるでしょう。QRコードは導入にあたっての初期費用や専用機器といった高額なコストの心配がなく、手軽に導入できるサービスと言えるのです。

QRコード決済 入れておくべき「決済手数料が安い」サービスは?

では実際にどのようなQRコード決済サービスを導入するべきなのでしょうか。
今回は「決済手数料が安い」という点で店舗側にも特にメリットがあるサービスをご紹介いたします。
今回ご紹介するサービスは、QRコード決済サービスのなかでも特に人気でユーザーの多いサービスでもあるので、導入することで集客や売上アップも期待できるでしょう。

PayPay(ペイペイ)

PayPayとはソフトバンクとヤフーが共同出資しているPayPay株式会社より提供されている、QRコード決済サービスです。「100億円あげちゃうキャンペーン」や「まちかどペイペイ」といったキャンペーンなどで、ご存知の方も多いのではないでしょうか。PayPayは2020年2月時点でユーザー数は2,500万、加盟店数も194万カ所を突破しています。2020年月のICT総研調査でもQRコード決済では決済利用率1位となっており、人気のQRコード決済サービスです!

支払い方法:クレジットカード・ PayPay残高(銀行口座等からチャージ)
店舗での使い方:店舗掲示型、お客さま端末のコード読み取り型

支払い方法として PayPay残高がありますが、このチャージ方法として「ソフトバンクケータイ」「ワイモバイルケータイ」の支払いとのおまとめ決済も追加されました。ますます支払い方法が便利になっているので、今後もさらにペイペイを使ったQRコード決済が行われていくでしょう。



PayPay(ペイペイ)の決済手数料

PayPayの決済手数料を中心に、店舗側がかかるコストについてみていきましょう。

導入費用 無料
月額費用 無料
決済手数料 無料
(2021年9月30日まで)
入金手数料 無料
(ジャパンネット銀行以外は2020年6月30日まで)

表を見てもわかるように、PayPayは店舗側がかかるコストは現時点ではありません。導入からサービスの提供・入金されるまで全て無料としています。圧倒的に利用者が多く、無料で導入できるといった点を踏まえると、PayPayを導入することに店舗側の損はないと言って良いのではないでしょうか。

PayPay公式サイトはこちら

au PAY

大手携帯電話キャリアのひとつ、auが展開するQRコードサービスです。au PAYでは200円の支払い毎に1ポイントがau PAY残高に還元される仕組みになっています。最近では「楽天ペイ」との連携で、楽天ペイの加盟店でもauPAYでの支払いが可能になりました。これにより、利用できる店舗も飛躍的に拡大しています。

支払い方法:au WALLET残高(クレジットカード・現金をコンビニ等でチャージ、auかんたん決済・じぶん銀行等)
消費者還元事業:登録あり
店舗での使い方:店舗掲示型、お客様端末のコード読み取り型
利用特典:200円の支払い毎に、au WALLETポイントとして1ポイント付与(au スマートパスプレミアム会員の場合は3ポイント付与)

au PAYは使い方がシンプルでわかりやすいですね。店舗側が掲示したQRコードをお客様が読み取るものと、お客様のスマホに表示されたQRコードを店舗側が読み取る方法の2パターン。またau PAYはauユーザーだけでなく、携帯電話がどのキャリアの方でも使えるようになったため、ますます注目されているQRコード決済サービスと言えるでしょう。

au PAYの決済手数料

au PAYの決済手数料を中心に、店舗側でかかるコストを見ていきましょう。

提供方式 QRコード店舗掲示型 ユーザー端末コード読み取り型
サービス導入方式 加盟店向けアプリ利用 au PAY専用端末
導入費用 無料 無料(※1) 無料(※1)
月額費用 無料 無料(※1) 1,500円
決済手数料 通常3.25%→無料
(2021年7月までの予定)
通常3.25%→無料
(2021年7月までの予定)
通常3.25%→無料
(2021年7月までの予定)
入金手数料 無料 無料 無料

au PAYでも現在手数料無料のキャンペーンを行っています。
しかも2021年7月までの予定なので、長期間コストを無料にすることも可能です。また、au PAYによる売上金の入金手数料も無料としているため、店舗側の負担が少ないQRコード決済を言えるでしょう。
さらに中国で主要QRコード決済である「WeChat Pay」と「Alipay」も同時に導入が可能です。訪日観光客を意識して、インバウンド対策としても有効でしょう。

※1 導入の際に、端末やインターネット環境を導入する場合は別途費用は発生します。
※2 中国系決済サービスの決済手数料も2020年9月まで無料としています。

au PAYのお問い合わせはこちら

※別サイトへ移動します

merpay (メルペイ)

人気フリマアプリ「メルカリ」から派生した、QRコード決済サービス「メルペイ」。こちらはメルカリのアプリ上で、簡単にQRコード決済が可能となるサービスです。NTTドコモの電子マネー「iD」対応の店舗を始めとして、メルペイ加盟店など135万箇所で利用できるQRコード決済サービスです。また新たな機能として「あと払い(手数料300円)」が登場しました。使った分の代金を翌月にお支払すればOK!チャージをしていない場合でも、慌てる必要がない便利なサービスです。

支払い方法:メルペイ残高(メルカリによる売上金でメルペイポイントを購入、銀行口座からチャージ)
消費者還元事業:登録あり
店舗での使い方:店舗掲示型、お客様端末のコード読み取り型

通常メルカリの売上金でポイントを購入し、メルペイ残高としてQRコード決済利用時の支払いに使うことができます。ただしメルペイで銀行口座を登録することで、メルカリの売上金がそのままメルペイで使えるようになるというメリットもあります。

merpay (メルペイ)の決済手数料

メルペイの決済手数料を中心に、店舗側でかかるコストを見ていきましょう。

QRコード店舗掲示型 ユーザー端末コード読み取り型
導入費用 無料 無料(※1)
月額費用 無料 無料(※1)
決済手数料 通常1.5% →無料+5%キャッシュバック(※2)
(2019年10月1日から2020年6月30日)
入金手数料 10万円未満:200円
10万円以上:無料

※1 導入内容や条件によって変動する可能性もあります。
※2 キャッシュバックは月3,000円を上限、全体のキャッシュバック額が10億円に達した時点で終了

メルペイでは、通常の決済手数料が1.5%とされており、他サービスと比較しても低く設定されているます。

また、メルペイによる売上金の入金に関して、10万円以上であれば無料にできる点も嬉しい点ですよね。さらに10万円未満であっても「入金制限」をかけることで、入金手数料が無料になる10万円に達するまで、溜めておくことも可能です。

また2019年9月18日時点の最新情報として、メルペイが加盟店向けのキャンペーンを発表。

2020年3月31日までに加盟店本登録が完了した店舗を対象に、決済手数料を無料にするという内容です!さらに店舗側に5%のキャッシュバックも行われるということです。キャッシュバックの上限は月3,000円ではありますが、決済手数料が現行の1.5%の割合から無料になるのは、加盟店にとっても嬉しい内容ではないでしょうか。ただし、キャッシュバック額が合計10億円に到達した場合、キャッシュバック自体は終了するようです。

この点を踏まえても、メルペイ導入を検討している場合は早めの導入をおすすめ致します!

決済手数料が無料になるだけでなく、加盟店向けに5%ものキャッシュバックがされるのは今だけ。消費時増税をきっかけに、是非検討してみてはいかがでしょうか。

LINE Pay

今やお子様からご年配の方まで、幅広い年代で使われているSNS「LINE」。
このLINEが展開するQRコード決済サービス「LINE Pay」は、LINEアプリからそのまま登録するだけで使えるため、QRコードサービス決済としても使いやすいです。

支払い方法:LINE Payカード・LINE Pay残高(銀行口座等・コンビニ等からチャージ)・
消費者還元事業:登録あり
店舗での使い方:店舗掲示型、店舗用アプリ、据置端末、POSレジ改修、Star Pay端末

LINE Payでは店舗での使い方として、複数の方法で展開。据置端末とPOSレジ改修、Star Pay端末に関しては月額費用や端末代金が発生しますが、便利で簡単に導入できるメリットもあります。店舗の状況に応じて最適な方法を選べるのも魅力的ではないでしょうか。

LINE Payの決済手数料

LINE Payの決済手数料を中心に店舗側でかかるコストを見ていきましょう。

プリントQR/LINE店舗用アプリ LINE Pay据置端末 StarPay端末 POS改修
導入費用 無料 無料 38,000円 無料
月額費用 無料 1,500円/1台 無料 無料
決済手数料 通常2.45%→無料
(2021年7月31日まで)
通常2.45%→無料(2021年7月31日まで) 3.45% 最大3.45%
入金手数料 無料 無料 無料 無料

LINE Payでは決済手数料を2021年7月末までのあいだ、無料としています。約2年後まで手数料が無料なのは店舗側にとっても非常にお得になるのではないでしょうか。また、LINE Payでの支払いに関する売上金の入金に関しても無料にできるようになっています。基本的には入金申請を行うことで1回240円の振込手数料が発生しますが、この申請を行わない場合、前月売上金額が月末に入金され、手数料も無料になります。

店舗掲示型であるプリントQRやLINE店舗用アプリであれば、導入に関するコストもランニングコストも発生しないようになっているため気軽に導入できますね!

 

まとめ

ますます需要が増しているQRコード決済サービスは、消費税増税や2020年の東京オリンピックを迎えるなかで、今こそ導入するべきタイミングと言えるでしょう。特に今回ご紹介したQRコード決済サービスなら、集客や売上アップ、業務効率化を期待できるはずです。

QRコード決済サービスについて、詳しく知りたい、また検討をしたい場合などはレジチョイスでも導入相談が可能です。お気軽にご連絡ください。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。

お悩み・目的別タグ

  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • ピピッとチョイス QR・キャッシュレス決済の比較・導入ならピピッとチョイス