Square POS導入に必要な機材と導入時の手順をご紹介します!

square

Square POSはお手持ちのモバイル端末で簡単に利用できるレジアプリです。決済サービスSquareの導入を考えている方の中には、合わせてSquare POSをご検討されている方もいらっしゃるかと思います。
ただ何を用意してどんな手順で導入すればいいか分からない、などの悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はSquare POSを導入する上で必要な機材や手順についてご紹介させていただきます。

そもそもSquareとは?

square 画面

Square POSとは、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を構えるSquare株式会社が提供する無料のPOSシステムです。Twitterの創業者の一人であるジャック・ドーシー氏(CEO)が2009年にサービスを開始しました。
Squareは日本でもクレジットカードの決済サービスとして有名なように、最初はクレジット決済サービスとしてスタートし、2014年には無料POSシステムであるSquare POSのグローバル提供を発表しました。
アメリカでは既に数百万もの事業者が利用しており、日本でも需要が高まっています。高野山真言宗の総本山、金剛峯寺で旅行者向けの決済システムにSquareが採用されているのを始め、他にもスキーリゾートや観光地など外国人旅行者が多く訪れる土地ではとくにニーズが高いようです。

Squareレジの導入に必要な機材

square 周辺機器

導入に必要な機材や環境は以下のようになります。

AppleかAndroidのモバイル端末

Squareレジはタブレット型のPOSレジアプリなので、まずはインストールするためのモバイル端末が必要になります。AppleかAndroidのモバイル端末で利用が可能ですが、機種によっては対応していない物もあるのでご確認をお願いします。またパソコンなどの、モバイル端末以外のデバイスには対応していないので注意してください。

インターネット環境

POSレジを導入する際に忘れてしまいがちなのがインターネット環境の用意です。
Squareレジは一時的にネットが接続できない時でもクレジット決済を受け付けるオフラインモードにも対応しておりますが、こちらは72時間以内にネットに繋いで処理をしないと決済が無効となってしまいます。オフラインモードはあくまでも一時的なものとして、基本はネット環境で使用してください。販促イベントなど屋外で利用する場合、ポケットWi-Fiなどを用意すると便利です。

周辺機器

その他にはシートプリンターやキャッシュドロワー、業種や業務形態によってはバーコードスキャナやアクセサリーなどの周辺機器が必要となります。プリンター1つ取っても据え置き型のものや持ち運び型のものなど種類があるため、店舗にどういったものが適しているかを考えて導入しましょう。

Square Reader(専用のICカードリーダー)

こちらはSquareのホームページ上にて4,980円(税込)で提供されており、Squareアカウントを作成する際に購入できます。さらに今なら期間限定で、リーダー購入代金が全額キャッシュバックされるキャンペーンが開催されています。
Square ReaderはSquareに対応するすべてのモバイル端末での利用が可能となっており、1台のリーダーで複数のSquareアカウントの共有が可能です。アカウント情報はSquareのサーバーで保管されているため、もし紛失した場合でも情報流出を防げるので安心して使用できるでしょう。

Squareレジ導入の手順

square 手順

Squareレジを導入する手順は以下のようになります。

1.Squareの無料アカウントを作成する

パソコンまたはスマホからSquareにアクセスしてアカウントを作成します。
「今すぐ無料のアカウントを作成する」という項目あるので、そちらをクリックすると、
・メールアドレス
・パスワード
・使用する国
・事業内容
・口座情報
・個人事業主or団体
などの情報入力を求められます。アカウントが作成され次第Squareで審査が始まり、早くて2、3日ほどで結果のメールが届きます。

2.Square POSレジアプリをインストールする

Square POSレジアプリをモバイル端末にインストールし、Squareアカウントで設定したメールアドレスとパスワードを使ってログインします。

3.Square POSレジアプリに各種情報を登録する

ログインしたらSquare POSレジに各種情報を登録します。
たとえば店舗情報なら、「アカウントと設定」→「店舗情報」or「事業または店舗の情報」に進み、登録したい情報を更新して「保存」を選択します。

まとめ

OK

今回はSquare POSレジを導入するにあたり必要な機材、準備するべきもの、導入の手順についてご紹介させていただきました。タブレット型のPOSレジアプリの中にはiOSとAndroidのどちらかにのみ対応というものもありますが、Squareレジはどちらにも対応しているので、既にお持ちの端末でお安くスタートできるのも嬉しいポイントの一つです。

現在、新規ビジネス応援キャンペーンとしてICカードリーダーのキャッシュバックキャンペーンを行っているので、クレジットカード決済を行う場合でも、実質無料でスタートできるようになっています。こちらはキャンペーン用のカードリーダーがなくなり次第終了を予定されているので、Squareの導入を検討しているのであればまさに今がチャンスと言えるでしょう。ぜひこの機会に、本格的に導入をご検討されてみてはいかがでしょうか。

POSレジの導入について詳しく知りたい方はコチラ