パワーナレッジPOS-SG Lite説明会に参加してきました!

パワーナレッジPOS

先日、株式会社Groony(グルーニー)さんが美容業界向けPOSシステム「パワーナレッジPOS-SG Lite」の商品説明会を行われましたので、レジチョイスからもセミナーに参加させていただきました。株式会社Groonyのホームページを見ただけでは分からなかった、細かなメリットについても詳しく聞けましたのでご紹介させていただきます。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み
Webからの相談窓口はこちら

セミナーを聞いてみて特に気になったおすすめポイント4選

利益アップの仕組化

「パワーナレッジPOS-SG Lite」の公式ホームページでは、利用できる機能について詳しく記載されているのですが、セミナーで話を聞いてみて特に便利だと感じた機能がいくつかございましたのでご紹介します。

また以前の記事で「パワーナレッジPOS」の大まかな機能をご紹介しておりますので、よければそちらも併せてご覧ください。

関連記事:利益を生み出す”仕組み”を作るサロン専用レジ「パワーナレッジPOS」

役務管理に強い

役務管理に関するノウハウをたくさん持っているようで、施術を利用出来る回数が定められた「チケット制」や、あらかじめ支払っている金額分だけ施術を受けられる「チケット制」など、さまざまな業態に対応できます。
さらに株式会社Groonyは、過去にピアノスクールや乗馬教室でもPOSレジを導入した実績があり、美容業界以外にも役務管理を行うスクール業界にも対応できるようです。

便利機能が満載のマイページを発行できる

お客様1人1人に「Live Members」というマイページを発行することが出来ます。
こちらでは自身のチケット残数やチャージ残高、貯まったポイント数などを確認できるほか、お客様がWEB予約を行ったり、店舗からお客様へプッシュ通知を送ったりもできます。
また電子カルテにはお客様の画像を保存することができ、画像に手書きのコメントを入力することもできるのですが、こちらの画像をマイページ上で共有することも可能です。

予約台帳の区切りが細かい

他社が提供する予約台帳サービスの場合、予約の枠は30分ごとに区切ってあることが多いようですが「パワーナレッジPOS-SG Lite」の場合、さらに細かく分けることができるようになっています。
5分、15分、20分、30分、40分、60分の6パターンから選択出来るので、施術内容によって上手く使い分けることが可能です。

クラウド会計は今後連動予定!

個人で店舗経営を行っていることが多い美容業界では、クラウド会計との連動ができるPOSシステムを利用したいと言う方も多いかと思います。「パワーナレッジPOS-SG Lite」は、現時点ではクラウド会計とのシステム連動を行っていませんが、今後連動する予定があるということを教えて頂きました。
連携する時期やメーカーに関しては未公開と言うことでしたが、今後はかなり期待ができそうです。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み
Webからの相談窓口はこちら

「パワーナレッジPOS」を使った際の職種ごとのメリットとは?

ひとえに美容業界向けと言っても、美容室、ネイルサロン、マッサージサロンなど、施術内容によって欲しい機能は変わってきますよね。「パワーナレッジPOS-SG Lite」であればそれぞれの職種にぴったりな機能が搭載されているようです。
職種ごとにあると嬉しい機能をまとめて見てみましょう。

ヘアサロン

ヘアサロン

・数値管理が徹底しており歩合給制にも対応しているので、メインヘアスタイリストだけでなくアシスタントにも、シャンプーやドライアーなど担当した作業相当のインセンティブを渡すことも可能です。

・ホットペッパービューティーとはAPI連携はしていませんが、ホットペッパービューティーからの予約は受け付けられるようになっているため、自社の情報を守りつつ予約経路を増やすことができます。

リラクゼーション

・前会計を行った後でもメニューの追加ができるようになっているため、1人1会計として登録できて正確なデータ収集が行えます。

・予約台帳は5分おき、15分おきなど細かく区切ることができるので、たとえば通常よりも短いお試しマッサージプランのみの予約も入れることができ、無駄な空き時間をつくりません。

鍼灸・整骨院

・株式会社Groonyではレセプトコンピューターの開発も行っているので、保険適用治療を行っている治療院ではレセコンと連動させて、明細書発行などの処理を楽にすることができます。

・保険適用治療と自費施術どちらにも対応できるので、1度の会計に両方の施術が含まれている場合でも問題無く会計処理が行えます。

エステ・美容クリニック

エステ

・行政が定める「特定継続的役務提供」の定義に含まれるサービスを提供している場合、クレジットカード会社の審査が通らない場合があるようですが、株式会社Groonyでは審査に通りやすいクレジットカード会社と提携しているので安心です。

・最終来店日や誕生日での検索ができるようになっており、メルマガやプッシュ通知で直接お客様へ販促できるようになっているので、定期的なリピーターを獲得できます。さらにダイレクトメールと併せてクーポンなどを送ることも可能です。

ネイルサロン

ネイルサロン

・施術後の写真を撮影してお客様と共有することができます。さらにiPadで拡張することによって1人につき50枚まで写真が保存出来るので、お客様の過去の施術内容や好みを詳しく把握できます。

・ネイルサロンでは、ホットペッパービューティーなどからクーポンを利用してWEB予約をされる方が多いようですが『どのサイトのどんなクーポンの利用率が高かったか』なども分析できるので、どんな情報もマーケティングに役立てられます。

トリミングサロン

トリミング

・ECサイトとの連携もしているので、店舗とネットショップでペットグッズの販売を行っているのであれば、併せて一元管理できるようになります。

・多頭飼いにも対応しているので、飼い主様1人につき数頭分のカルテ登録が可能です。また会計時も数頭分をまとめて1会計として取り扱うことができます。

パーソナルジム

ジム

・役務管理のノウハウに自信も持っているので、RIZAPのような回数券制度のジムでも、Anytime Fitnessのような1カ月間通い放題のジムにでも対応可能です。

・整骨院の分院としてジムを開業する場合であれば、整骨院とジムの情報を両方まとめて管理できます。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み
Webからの相談窓口はこちら

美容業界でも軽減税率対策補助金の対象に!?

補助金ゲット

POSレジの導入を検討されている方であれば「軽減税率対策補助金」というワードを聞く機会も多いのではないでしょうか。ただし軽減税率対象商品は「持ち帰りができる食料品」ということで、一般的には飲食店や食料品を取り扱う小売店でしか適応になりません。

しかし株式会社Groonyでは、過去に美容業界で「軽減税率対策補助金」の対象になったという実績があるようで、ミネラルウォーターや美容ドリンクなどの飲食物を取り扱い、毎月一定数が売れているようであれば補助金が受け取れたようです。
あとは、ご来店いただいたお客様に手作りスムージーなどの加工品を毎日提供することなどが可能であれば、ほぼ間違いなく補助金受け取り対象になれるのではないでしょうか。

ただし最近では、補助金の審査基準が若干厳しくなってきている傾向があるようですので『自分のお店が補助金対象になるのか気になる』という方は、まずはお問い合わせください。

関連記事:補助金の適応期間が延長!「軽減税率制度」についてもう一度おさらいしてみよう!

まとめ

パワーナレッジPOS-SG Lite

今回セミナーに参加してみて、自分で調べるだけでは分からなかったポイントも知ることができました。
POSレジを提供する各メーカーのホームページでもたくさんの情報が公開されていますが、自分1人でWEB検索をするだけでなく、電話などで1度メーカーに問い合わせてみた方が良いかもしれないですね。また「パワーナレッジPOS-SG Lite」の料金に関しては、利用させる機能や業務形態によって異なってくるそうなので、1件ずつお見積りが必要ということでした。
今回の記事を読んで「パワーナレッジPOS-SG Lite」について興味をお持ちになった方や、ほかにも美容業界で利用できるPOSレジについて知りたいという方は、お気軽にレジチョイス コンシェルジュまでご相談ください。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み
Webからの相談窓口はこちら

コンシェルジュへのお問い合わせはコチラ