無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

「POS+(ポスタス)」シリーズの基本機能と便利な特徴を解説!

現在、様々なPOSレジサービスがあります。そのなかでも、業界の特徴に合わせたPOSレジがあるのをご存知でしょうか。今回ご紹介する「POS+(ポスタス)」には、4つの業界に合わせたサービスをそれぞれ提供しているのです。業界の特徴やニーズに合わせたPOSレジとはどのような内容で提供されているのでしょうか。今回はそんなクラウド型POSレジのPOS+についてご紹介していきます。

POS+(ポスタス)とは?

POS+とはパーソルプロセス&テクノロジー株式会社が提供している、クラウド型のモバイルPOSレジです。
ポスレジとしての機能だけでなく、日々の数値に関するデータや分析なども行ってくれ、モバイル型なのでiPadやタブレット端末を使うことができるのでコストを抑え、お店の雰囲気を壊すことなく利用可能。
また、業界に合わせて4つの種類で展開しているため、その業界にとって最適で使いやすいPOSレジを利用することができます。

業種別に4種類ラインナップ

前述のように、POS+では業界に合わせて①POS+food②POS+ beauty③POS+retail④POS+liteの4つのサービスを展開しています。
それぞれの概要についてチェックしていきましょう。

POS+food

飲食業界向けの機能を搭載。
各数字を多彩な視点から分析、注文を取る際に使うハンディ端末もiOSだけでなく、Androidにも対応。また、免税・多言語・多通貨に対応しているので、訪日外国人や海外出店を狙う際にも安心です。
その他、各キャッシュレス決済サービスや予約サービス、会計ソフトとの連携も可能で、飲食店の経営において、あったら嬉しいサービスが利用できるようになっています。

POS+ beauty

理美容業界向けの機能を搭載。
スタイリスト用のタブレットと本体を連携させることができるので施術の際に無駄な時間を省けます。
店舗の売り上げに関する数値やその分析、スタイリストごとの空き状況の確認・変更などスケジュール管理、電子カルテによるお客様情報の管理、マイページを持つことでスタイリストによる自身の目標や実績の管理、会計もその場で簡単に操作できるなど、これらの機能が簡単に使えるようになっています。

POS+ retail

小売店に向けた機能を搭載。
タブレットひとつでレジのお会計作業から在庫確認、検品、棚卸といった店舗業務を効率良く行えるサポートをします。
その店舗に合わせた販促や各種設定、各数値の分析、POSの販売情報と連動して在庫確認、多言語・多通貨・免税など訪日外国人のお客様やお店の海外出店にも対応可能。各種キャッシュレスサービスや会計ソフトとも連携が可能になっています。

POS+ lite

小規模店舗向けの機能を搭載。
シンプルでありながらPOSレジに必要な基本的な機能をおさえた使いやすい内容になっています。。
タブレットひとつでレジのお会計作業からその他の店舗業務を効率良く行えるサポートをします。分析した各数値をグラフ表示するなど経営状態をわかりやすく視覚的に表示。クレジットカード決済サービスや会計ソフト、勤怠管理システムなどとの連携も可能。また、こちらの端末はAndroidのみの対応となっています。導入も利用も低価格で使えるので、コスト面でも安心して使えます。

>>POS+公式サイトで詳しく見る

POS+の特徴

POS+シリーズの特徴を詳しく見ていきましょう。

一目でデータがわかる

売り上げや細かい数値を自動集計してくれるので、店舗の状況が簡単に把握できるようになっています。
たとえば、POS+foodのテーブルの客単価や、最後の注文からの経過時間の表示も便利です。これを使えばタイミングよく追加オーダーを伺えますね!
POS+beautyでは電子化された顧客情報のデータを簡単にで呼び起こせるため、お客様の来店周期をすぐに確認して次回の来店を促すことも可能となります。

海外展開も可能

POS+では多言語・多通貨・多消費税に対応しています。これは訪日外国人のお客様だけでなく、
店舗の海外進出の際にも安心して使うことができるのではないでしょうか。

勤怠管理・シフト作成もPOS+で

勤怠管理、シフト作成の機能も搭載しています。人件費やその過去実績との比較もできるので効率よく管理可能に。POSレジとしては唯一の標準装備となっているので、これらの業務を担うポジションの方の作業負担を大幅に減らすことができるのではないでしょうか。

サポート体制

POS+ではそのサポート体制も盤石です。365日対応可能のカスタマーセンターや、店舗への駆けつけサービス、トラブル時における保守サポートも行っています。新たにPOSレジを導入する際も他社サービスからの切り替えであっても、手厚いサポートがあるので安心です。

他にも、このような特徴があります

・店舗形態に幅広く対応
小規模店舗から大型店舗、チェーン店までどのような店舗形態にも対応し、そのお店の状況を常に確認することが可能です。

・コストパフォーマンスが優秀
クラウドの活用で、オーダーエントリーシステムやPOS、勤怠管理、予算管理などの多くの機能を低価格で利用可能です。

・手厚いサポート体制で安心
コールセンターの365日対応を始めとして、保守サービスや駆けつけサービスといった充実で安心のサポートも毎月の月額費用のなかで利用できるようになっています。

・複数目線で分析可能
各数値の自動集計や、そこからの分析などを店舗運営者や経営者向けにも行ってくれ、またそれらをいつでも確認することができるようになっています。

・外国人対応もスムーズに
多言語・多通貨に対応しているだけでなく、簡単に免税対応をすることができます。具体的に139か国のパスポートをiPadで読み取れます。

・インターネット接続の問題もすぐに解決
インターネット接続環境に問題が起こった際でも、オーダーや売上に関する記録は消えず、すぐにデータの復旧が可能なので、万が一のときでも安心して店舗運営が行えます。

>>POS+公式サイトで詳しく見る

国内初の免税機能を設置!

flow_taxfree

免税店の手続きとは以外と大変で、上記の1-6までの手順を店舗内で対応しなくてはなりません。この手順はアナログでも対応可能なのですが、煩雑であるために免税店を申請する店舗は、新規でこれらの手続きがすむシステム等を導入します。

しかし今回、POS+(ポスタス)が追加料金なし、追加機器なしで免税対応できる機能をリリースしました。免税申請に必要なパスポート情報の読み取りをタブレットに内臓しているカメラで実現しました。さらに、免税で必要な手続きをすべてPOS+(ポスタス)だけの機能で簡潔してしまいます。

【免税必要書類一覧】
・免税金額の会計処理
・購入記録表の作成をレジプリンターにて対応
・購入者誓約書作成をレジプリンターにて対応

POS+(ポスタス)の導入費用と月額費用

実際にPOS+を導入する際の初期費用ですが、設置・導入費用は220,000円前後、ハードウェアについて200,000円前後となるようでした。ただしfood・beauty・retailの区分だけでなく、店舗によって必要な設備・ハードウェアも異なりますので必ず上記の価格になるとは限りません。ご注意ください。詳細は、下記の一覧表をご覧ください。

POS+food・POS+beauty・POS+retailの初期費用

初期費用
POS+

food

POS+ beauty POS+

retail

導入/設置 導入サポート 14,000円/店
機材設置

(LANケーブル、電源タップ、HUB含む)

28,000円/店
TTOマスター設定(登録作業のみ) 45,000円
現地調査 12,000円/回
追加工事

(キッチンプリンタ等のLANケーブル敷設)

別途お見積り
スタンダードトレーニング費用 45,000円/店
プレミアムトレーニング費用 90,000円/店
在庫情報入力代行 お見積り
ハードウェア POS(タブレット) 69,800円~/台
レシートプリンタ 52,000円~/台
ドロア 11,400円/台
アクセスポイント 61,000円~/台
OES(iPod touch) 21,800円~/台
OES(Android) 21,800円~/台
キッチンプリンタ 52,000円~/台
カスタマーディスプレイ 25,000円
スキャナー 19,200円~/台

 

POS+food・POS+beauty・POS+retailの月額費用

月額費用はPOS利用料(1端末)が12,000円です。店舗によっては利用料のほかにオプション機能や追加希望システムがあると思われますので、詳細は下記表をご覧ください。

月額費用/店
サービス名 POS+food POS+beauty POS+retail
POS利用料(1端末まで) 12,000円/月/店
保守サービス 0円
マスターメンテナンス(年間契約) 36,000円/年
OES(5端末まで) 4000円/月
TTO(TableTopOrder)10台まで 15,000円/月
TTO(TableTopOrder)追加10台ごと 15,000円/月
オプション:顧客管理 2,000円/月/店 2,000円/月/店
オプション:日報管理 2,000円/月/店 2,000円/月/店
オプション:免税機能 5,000円/月/店
予約システム利用料(WEB予約) 4000円/月

 

POS+liteの初期費用

サービス名 価格
初期費用 150,000円程
POS+ liteアプリ
タブレット
レシートプリンター
キャッシュドロワー
専用Wi-Fiルーター(5GHz)
SIMフリー端末

※その他、各オプションは別料金

POS+liteの月額費用

月額6,000円(POS+lite利用料)

ただしPOS+liteでは2019年6月現在、月額費用割引のキャンペーンを行っています。なんと通常の月額費用6,000円が無料で利用できるように!期間は2019年9月末日分までとのこと。この期間までは無料で使えるので、POS+liteを使い始めるなら早めがお得ですね!

>>POS+の見積もり・申し込みはこちらから

>>レジチョイスコンシェルジュにPOS+の導入相談する

まとめ : POS+(ポスタス)を使っての展開!

今回は、POS+について、業界に合わせた4種類の内容をそれぞれご紹介しました。
飲食、理美容、小売り、小規模店舗、それぞれの業界でPOSレジとして使いたい機能は違いますよね。業界別に特化した内容のPOSレジがあれば、より使いやすく、日々の作業負担も少しでも抑えられるのではないでようか。
ぜひチェックしてみてくださいね!

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。