無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

飲食店向けPOSレジ「POS+ food」では何ができる?

分析機能や管理機能が搭載されたPOSシステムは、今や多くの飲食店で導入されています。スムーズにオペレーションを回す上で非常に役に立つPOSシステム。しかし最近では多くのPOSレジの登場により、どのPOSレジを導入していいのか悩んでいる人も少なくありません。

そこで今回は、飲食店向けに特化したPOSレジシステム「POS+ food」についてご紹介します。POS+foodの特徴、機能、導入費用など、POSレジ導入を検討しているオーナーにとって気がかりな事項を解説していきます。これからPOSレジの導入を考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

POS+について

POS+はクラウド型のモバイルPOSレジシステムです。POSレジとして必要なレジ機能の他にも、蓄積したデータの活用・分析、海外進出サポート、他システムとの連携、免税対応など多様な機能が備わっています。幅広い業種での業務効率化・売上アップを支援してくれるでしょう。

店舗の売り上げデータは時間・曜日・週別に自動集計され、各商品の売上割合を示すABC-Z分析といった機能も豊富に搭載。各分析や、売上アップの戦略を練るのに活用できますね。勤怠管理やシフト作成といった機能が標準搭載されており、人件費も自動で算出してくれます。過去の実績との対比も可能なので、店長の業務負担を大幅に軽減してくれますよ。

そしてPOS+の特徴として外せないのが、業種に合わせた最適なレジが選べるというポイントです。飲食店向けの「POS+ food(ポスタスフード)」、理美容室向けの「POS+ beauty(ポスタスビューティ)」、小売店向けの「POS+ retail(ポスタスリテール)」といった具合に、あらゆる業界の特性に合わせたラインナップが用意されています。今回は飲食店向けに特化した「POS+ food」について紹介していきます。

>>POS+についてもっと見る(公式サイト)<<

POS+foodでできること

POS+foodは飲食店向けに特化したクラウドPOSシステムです。予約、注文、会計といった店舗オペレーションに関わる分野から、顧客管理、シフト・勤怠、売上分析、給与といった経営に関わる分野まで総合的にサポート。本部の社員、店長、現場のスタッフなど店舗に関わるすべての人を助けてくれるでしょう。連携できる外部システムも豊富で、以下のようなものに対応しています。

POS+foodと連携できる決済サービス

・楽天ペイ
楽天ペイとの連携で、Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club、Discoverの主要国際6ブランドのクレジットカードに対応できます。
楽天ペイ専用のカードリーダーをタブレットやスマートフォンとBluetooth接続するだけで、導入完了。楽天ペイのカードリーダーは、ICチップのデータ読み取りに対応しているので偽造カード被害の防止にもなり、安心して利用できます。

・コイニー
コイニーが展開するモバイル端末向けのクレジットカード決済サービス「Coiney」。
連携機能により、クレジットカード専用決済端末は不要。
電波やWi-Fiがつながる環境下であれば、屋外でも利用できるため、イベントや催事など幅広いシーンでクレジットカードによる決済に対応できます。

・ペイゲート
ペイゲートとの連携を開始することで、「POS+ food」とPAYGATEを同時に利用する場合、通常利用しているプリンターで“お客様控え” “加盟店控え” “カード会社控え”の3点が印刷可能となります。追加費用は不要です。

POS+foodと連携できる電子商取引

・インフォマート(BtoBプラットフォーム受発注)
仕入原価や個数などのデータが「BtoBプラットフォーム受発注」から「POS+ food」に自動的に連携されます。
それらの仕入データを、「POS+ food」の持つ売上管理データや勤怠管理データと合わせることで、日次および月次での損益管理が行えます。

POS+foodと連携できる会計システム

・会計ソフトfreee
無料から使えるクラウド会計ソフト「freee(フリー)」は、銀行口座やクレジットカードの入出金明細を取得し、勘定項目を予測、自動で会計帳簿を作成します。
POS+foodでレジクローズ処理をした段階で、freeeに取引データが送信されます。
会社法に準拠し、初期の書類作成、個人事業主の青色申告書、確定申告書の出力も可能です。

・マネーフォワード
クラウド型会計ソフト「MoneyForwardクラウド」と連携し、「POS+ food」の売上データを日次で取得することができます。
会計ソフトへの手動でのデータ移行や手入力は一切不要なので、手間を大きく減らし、クラウド型なのでデータを安全に保管することも可能になります。

POS+foodと連携できる予約管理システム

・トレタ
株式会社トレタがリリースする「トレタPOSコネクト」を、「POS+ food」にAPI連携することで、予約情報から売上情報までを完全連携することが可能となります。

・エビカ
「POS+ food」と「ebica(エビカ)予約台帳」の双方を利用する店舗では、「POS+ food」に登録される会計情報や来店情報を、「ebica(エビカ)予約台帳」で管理する予約情報や顧客情報、座席情報などに、自動的に紐付けすることが可能になります。

POS+foodと連携している免税システム

・Japan. Tax-free Shop
(注意)飲食店の場合、日持ちするお土産など国に持ち帰ることができるものが免税対象となります。通常の飲食代は免税対象ではありません。なお免税店になるには税務署にて所定の手続きが必要ですので、ご注意ください。

POS+foodの特徴

POS+foodは通常のレジ・会計機能の他にも以下のような特徴を備えています。店舗を運営していく上で発生しがちな、さまざまな負担を一気に解消してくれるでしょう。

1店舗からチェーン店まで対応可能

POS+foodは多様な店舗形態に対応しています。1店舗のみでの使用から、数百もの店舗を抱える大型チェーン店、さらにはイベントなどの特設店舗にまで対応が可能。あらゆる形態のすべての店舗の状況を、いつでもどこからでも確認できます。

テーブルオーダー機能に対応で人件費削減

最近では多くのお店で見かける機会が増えたテーブルオーダー機能にも、POS+foodは対応しています。TTO(TableTopOrder)を使えば、わざわざスタッフがテーブルにオーダーを取りに行く必要がなくなります。これにより注文機会の損失を防ぐと同時に、スタッフ不足の問題解消、さらには人件費削減といった効果も期待できるでしょう。

多言語・多通貨可能でインバウンド対応も手軽に

近年では外国人旅行客の数が増加しており、飲食店もインバウンド対策に追われています。日本に訪れるインバウンド客は欧州、北米、東アジア、東南アジアなどさまざまな国の人々がいるので、言語対応が追い付かないという悩みを抱える店舗も少なくありません。しかしPOS+foodなら英語・中国語・ベトナム語・韓国語を標準装備しているので安心です。また多言語・多通貨(消費税)にも対応できるので、海外進出時にも助けてくれるでしょう。

予約サービスと連携

POS+foodは外部システムとの連携も可能です。ebica(エビカ)やTORETA(トレタ)といった予約管理サービスとも連携できるので、予約の取りこぼしやダブルブッキングを防止できます。また予約情報と売上履歴・顧客情報を一元管理できるようになるので、お客様の嗜好を事前に把握しておくことも可能となります。たとえば喫食データを連動することで、より行き届いた顧客対応が可能となるでしょう。

Androidハンディ対応可能

お手持ちのタブレットに専用アプリをインストールすることで、お手軽にハンディとして利用できるようになります。POS+foodではiOSハンディだけではなく、Androidハンディも利用可能です。好みや希望に応じて選択できるので助かりますね。

飲食店に特化したPOSレジだからこそ、飲食店ならおさえておきたい様々な機能が搭載されています。テーブルトップ対応や多言語対応で、インバウンド対策の負担も軽減できそうです。

POS+foodは経営サポートも!商品管理や売上アップのための機能も搭載

POS+foodは経営に関わる分野もサポートしてくれます。分析機能や管理機能は売上アップに活用することができるので、ぜひ併せてご利用ください。

月別/日別/曜日別/時間別で売上実績を確認できる

POS+foodでは、過去三ヶ月分の売り上げ実績が表示されます。月別/日別/曜日別/時間別で売上を照会することができ、さらに男女別の売上も確認可能ですよ。売上が伸び悩んでいる月には、男女どちらの売上を向上させれば良いのか把握することができます。たとえば女性客が少ない時には、レディーステーを設けるなどの対策が可能となるでしょう。

また時間帯による売上実績を把握しておけば、売上の多い時間帯にはスタッフを増やし、少ない時間帯にはスタッフを減らすといった対応もできますね。こうした対応により、店舗の人件費削減にも繋がります。曜日別でも同様のことが言え、曜日によるスタッフの増減や、売上が少ない曜日には特別商品を用意して集客するといった施策も可能となります。

各商品の売上も確認できる

各メニューの売上実績を金額順に並べ、売上金額の割合を表示する「ABC-Z分析」機能も搭載されています。売れ筋商品と死筋商品が把握できるようになり、人気のないメニューを入れ替えることにより店舗への負担を最低限に抑えることができますね。注文頻度の少ないメニューに手を加えて工夫することで、売上アップに活かせることも可能です。

商品カテゴリーごとのランキング

過去三ヶ月分のデータから、売上実績と商品ランキングを割り出すこともできます。売上の大きい商品カテゴリーが分かれば、どんなタイプのメニューが店舗を支えているのかが把握できるようになりますね。また人気のないジャンルのメニューを、売れ筋メニューに近付けるなどの対策も行えるようになります。

客層もチェックできる

各曜日の来店者数を確認する、客層実績も可能。単なる来店数と年代だけに留まらず、来店のタイミングやお客様の好みといった内容も店舗ごとにカスタマイズが行えます。希望の顧客情報が取得できるようになり、サービス向上ひいては売上アップに活かせますね。

POS+foodの分析機能を活用することは、さらなる売上拡大のきっかけになるかもしれませんね。POS+公式サイトでは無料の資料請求も対応しているので、もっと詳しく分析機能を知りたい場合は資料請求も活用されてみてください。

>>POS+food 無料の資料請求へ進む(公式サイト)<<

POS+food 機器購入時の費用は?

飲食店にとって非常に便利なPOS+foodですが、気になる購入費用はどのくらいかかるのでしょうか。POSのみ購入する場合と、周辺機器をセットで導入する場合の一例をご紹介します。またPOS+foodは軽減税率制度に対応しているPOSレジなので、従来の価格と補助金を申請した場合の価格の両方を紹介させていただきます。

POSレジのみ購入

通常時 軽減税率対策補助金適用時
タブレット1台/レシートプリンター1台/キャッシュドロアー1台/アクセスポイント

初期費用(マスタ登録費/設置費/トレーニング費用)

40万円~ 14万円~

(初期費用65%引き)

POSレジ+ハンディ+キッチンプリンタを購入

通常時 軽減税率対策補助金適用時
タブレット1台/レシートプリンター1台/キャッシュドロアー1台/キッチンプリンタ1台/ハンディ3台/アクセスポイント

初期費用(マスタ登録費/設置費/トレーニング費用)

59万円~ 33万円~

(初期費用45%引き)

軽減税率対策補助金が適用となると、初期費用の負担もぐんと軽くなります。10月までに軽減税率対策を間に合わせたいと考えている飲食店オーナーの方も多いのではないでしょうか?ご紹介した内容は一例になりますので、店舗によってかかる費用も異なります。自分の店舗がどれくらいの費用になるかを知りたい、もっと詳しく話を聞きたい場合は、POS+foodへ問い合わせてみてください。

>>レジチョイスへのご相談はこちら<<

>>POS+foodへのお問い合わせはこちら(公式サイト)<<

まとめ

今回は飲食店向けの特化したPOSシステム「POS+food」について紹介しました。

飲食店はただでさえ業務が多い上に、複数税率の対応やインバウンド対策など、ますますやらなければならないことが増えています。すべてを人の力で解決しようとするには無理があり、どうしても現場で働く人々に対する負担が大きくなってしまいます。

便利なシステムの力を借りることで負担を減らし、面倒な業務をスッキリ解消すると同時に、売上アップにも活用してください。POS+foodはさまざまな角度から業務をサポートしてくれるので、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。