日々のランニングコストを抑えたモバイルPOSレジがついに登場!

10月21日まで開催中のITpro EXPO 2016にて、Androidタブレットを利用したPOSレジ「POSSTAR」が展示されておりますが、このモバイルPOSは同年9月待つにソラコムのIoT向け通信サービスである「SORACOM Air」に対応したことで、通信費を大幅に抑えた使い方を可能にしました。通常WiFi環境などを整えるために通信費用として月額数千円程度かかりますがこの[SORACOM Air]を利用すれば月額400円程度まで通信費を抑えることも可能と担当者は説明します。


「POSSTAR」

SORACOM Airとは?

SORACOM Air

そもそもSORACOM Airとはどういったサービスなのでしょうか?簡単にいうとIoT向けのデータ通信のSIM(シム)を提供するサービスになります。また、こちらのサービスはWebコンソールやAPIを利用して各種設定の変更や通信料をかんしすなどIoTデバイスを一元化することができます。また、対応するエリアとして、日本向けとグローバル向けの2種類のSIMサービスを提供しており、グローバル向けは120を超える国に対応しているようです。つまり、このSIMを利用して「POSSTAR」はPOSの通信を行うということなのでしょう。

最近はSIMフリーの携帯などが普及してきており通信費・携帯代をさげられるようになってきたといいますが、ついにモバイルPOSにもSIMサービスの波が押し寄せてきているというわけですね。

SORACOM Airの料金体系

では、つづいては実際にSORACOM Airの料金体系を詳しく確認して、実際にどのあたりが安くなる理由なのかを突き止めたいと思います。

 

SORACOM Air 料金体系

SORACOM AIrの料金体系としては上記の図にあるように初期費用・基本料金・データ通信料金の3つで構成されているようです。

01初期費用

契約事務手数料 1 回線 (SIM) あたり 954 円(税別)+ 送料
※一度にまとめてご購入いただくと送料を節約していただくことができます。

通常POSの為に電話回線やネット回線を開通させるために開通工事などをする必要性がありますが、電話線・ネット回線の開通工事費用は新規で屋内配線がある場合は18,000円程度、配線が7,600円程度かかります。つまり初期費用から既に、95%の費用をカットできたことになります。

02基本料金

つづいては基本料金を見ていきましょう。通常月額使用料として回線を利用の場合は、月額4,000~5,000円程度の通信料がかかります。また、三大キャリアが提供しているiPad利用のプランであると、最低でおおよそ月額2,000円前後のプランがあります。一方で、こちらのSimプランの場合をみてみましょう。

利用期間のコミットなしの場合

使用開始前 使用開始後 利用中断中
1 日 5 円(データ通信のみ)
1 日 10 円(データ通信/SMS)
1 日 10 円(データ通信のみ)
1 日 15 円(データ通信/SMS)
1 日 5 円(データ通信のみ)
1 日 10 円(データ通信/SMS)

つまりこちらのSIMの基本料金は、単純に計算してデータ通信のみであれば、1ヶ月30日としたときに、30日×10円=300円程度であるようです。

03データ通信料金

最後にデータ通信料金を確認していきたいと思います。
データ通信料は 1MB あたり 0.2 円からの従量課金となっており、ご利用した分のみの代金をお支払いするようです。ちなみ課金体制としてデータ通信料金は、通常時間帯と深夜時間帯で異なります。午前2時〜午前6時までは深夜時間帯料金が適用されます。また夜間にまとめてアップロードしたり、デバイスのファームウェアの更新(ダウンロード)を深夜時間帯に行うことで、データ通信料金を抑えることが可能です。

通常時間帯(日本時間 午前6:00-翌 午前2:00)

料金クラス 通信速度(上り・下り) 利用料金(上り・下り)(税別)
s1.minimum 32 kbps 0.2 円 / MB・0.6 円 / MB
s1.slow 128 kbps 0.22 円 / MB・0.7 円 / MB
s1.standard 512 kbps 0.24 円 / MB・0.8 円 / MB
s1.fast 2 Mbps 0.3 円 / MB・1 円 / MB

夜時間帯(日本時間 午前2:00-午前6:00)

料金クラス 通信速度(上り・下り) 利用料金(上り・下り)(税別)
s1.minimum 32 kbps 0.2 円 / MB・0.2 円 / MB
s1.slow 128 kbps 0.2 円 / MB・0.2 円 / MB
s1.standard 512 kbps 0.2 円 / MB・0.2 円 / MB
s1.fast 2 Mbps 0.2 円 / MB・0.2 円 / MB

SORACOM では、1キロバイト(KB)を 1,024 バイトとして計算します。同様に、1 メガバイト(MB)= 1,024 キロバイト、1 ギガバイト(GB)= 1,024 メガバイトとして変換します。

以上のことを踏まえて、1分間に1度500バイトをサーバーにs1,minimumプランで送信した場合月ごとのデータ通信量は500バイト×60回/時間×24時間×30日=20.599MBとなります。つまり20.599×0.2円(1MBあたりの通信料)=4.1198円で月額基本料金の300円を足すと304円になるという計算です。つまりランニングコストで今まで月額4~5千円程度かかっていたものが千円毎月千円以下になるのです。年間でいうと4,000円(月額削減金額)×12ヶ月=48,000円の削減が年間で出来るのです。

POSだけで回線を引くのはちょっとどうしようと考えていらっしゃる店舗様にはこちらのSIMを利用してモバイルPOSを利用することをおススメいたします。ただし注意点としては画像等のデータ配信等を行うと通信料の関係で高くなる場合や、通信速度が遅くなりますので、その点を認識の上ご検討いただければと思います。

 

関連タグ