主要「クラウド会計」5社を「POSレジとの連携」で徹底比較!

クラウド会計ソフトとPOSレジの連携

皆さんは、「クラウド会計ソフト」というサービスをご存知でしょうか。簡単に言うと「会計業務をクラウド上で管理するシステム・サービスのこと」です。今回はこのクラウド会計サービスの国内主要サービス提供会社をご紹介しつつ、会計業務と大きく関わるPOSレジとの連携機能についてもまとめてみたいと思います。

クラウド会計ソフトとは

「クラウド上で会計業務を行う」とは言うものの、法人(個人事業主であっても)の会計業務自体は多岐に亘るので、明確な定義があるわけではありません。例えば、会計情報をクラウド上のサーバーに格納するだけのシステムもクラウド会計といえないわけではないからです。一般的なクラウド会計ソフトの特徴としては

  1. 専門の端末が不要でインターネットに繋がったPCさえあれば、Webブラウザ上でデータの処理を行うことが出来る(ソフトウェアのインストールが不要で、複数人での管理が出来る)
  2. サービス提供会社のサーバーに情報が格納されているので、会社のオンラインバンキング情報やPOS情報、自社ECサイトの売上情報などと自動で連携、同期するシステムを備えている(これをASP連携といいます)
  3. カレンダーと同期して請求書等の発行業務を行うことができ、入金情報と照らし合わせて管理する機能を有している

などが挙げられるでしょう。中小企業の場合には高度な経理スキルを持った専門の担当者がいることは少なく、煩雑になりがちな確定申告の業務などは非常に手間が掛かってしまいます。こういった企業、個人の経理業務を効率化できるのがクラウド会計ソフトなのです。
確定申告が必要な個人事業主などの事業主体だけでなく、中堅以上のある程度の規模の法人であっても会計業務はこういったクラウド会計ソフトの利用が増えています。それは、効率よく会計業務が行えることに加えて、会計士や税理士などに相談できるオプションサービスがある、コストが非常に安いなどのメリットがあるからです。

国内の主要クラウド会計サービス5社

では、早速主要なクラウド会計のサービスを簡単に見てみることにし
ましょう。シェアでいうと「クラウド会計ソフトfreee」と「やよいの青色申告クラウド」、「MFクラウド会計・確定申告」が3強の状態ではないでしょうか。

MFクラウド会計

MFクラウド会計特徴
・税理士との連携・相談機能が充実している
・勘定科目の自動判別、仕訳ルールの自動登録の機能など操作性に優れる
・外部の税理士や会計士にデータを共有するシステムを有している
・電話サポート窓口がある

連携が可能なPOSレジ
sma-regi yubireji pos-tas air-regi ec-orange-pos

クラウド会計ソフトfreee

freee-cap確定申告freeeとしてCMも放映していたのでご存知の方も多いかと思いますが、クラウド会計ソフトのシェア1位がこのfreeeです。今回ご紹介するサービスの中で機能のアップデートが最も頻繁に行われていますが、今回ご紹介するサービスの中で唯一電話サポート窓口がありません
特徴
・売買掛金の管理や資金繰りの分析レポートの出力までサポートしている
・同社の「給与計算freee」、「マイナンバー管理freee」などと連携できる
・電話サポート窓口が無い(その分料金が安い)
・タブレットで操作できる「アプリ」が用意されている

詳細はポスタスの公式ホームページまで

連携が可能なPOSレジ
air-regi

やよいの青色申告オンライン

yayoi-aoirokaikei-online-capクラウドではない「会計ソフト」でのシェアNo.1の弥生会計が提供するクラウド会計ソフトです。
特徴
・確定申告と帳簿の作成がこの会計ソフトで簡潔する
・スマートフォンでの入力にも対応
・銀行、クレジットカード履歴などのデータを自動取込、仕訳することが出来る

連携が可能なPOSレジ
sma-regiair-regi

クラウド会計ソフト会計Crew

crew-capCrewはまだ知名度は比較的低いですが、会計事務所のコンサルテーションを行っている「アックスコンサルティング」が提供するサービスです。税理士と共同開発したというだけあり、税務・経理の知識が乏しい担当でも入力が効率よく行える入力アシスタント機能を備えるなど業務効率を高めることに主眼を置いたシステムです。顧問税理士の斡旋も行っているようです。
特徴
・サポート体制がしっかりしている
・電話窓口がある
・税理士に質問をすることが出来る
・経理初心者に優しい
・他社の会計システム(弥生会計、達人シリーズ、ミロクなど)と連携できる

ネットde会計

net-de-kaikei-cap「ネットde会計」は、株式会社パイプドビッツが提供するサービスなのですが、こちらもあまり馴染みが無いかもしれません。個人事業主向けには「ネットde青色申告」としてサービス提供しています。AKB総選挙で利用されたシリアルナンバー集計システムを開発した会社でもあります。主に中小企業向けのクラウド会計ソフトであり、経理経験のレベルに合わせて入力方法を複数選択できるという独自機能があります。
特徴
・クレジットカード利用情報の自動取得が出来ない
・銀行口座情報の自動取得ははジャパンネット銀行のみの対応
・電話サポート窓口あり
・経理担当に合わせてデータの入力方法を選択できる
・CSVでの仕訳取込が可能

POSレジとの連携一覧表

提供会社 利用料金 連携できるPOSレジ
MFクラウド会計 株式会社マネーフォワード 個人:800円/月
法人:1,800円/月
EC-Orange POS、Airレジ、POS+(ポスタス)、ユビレジ、スマレジ
クラウド会計ソフトfreee 株式会社freee 個人:980円/月
法人:1,980円/月
Airレジ(売掛金の種類も同期可能)
やよいの青色申告オンライン 弥生株式会社 セルフプラン8,640円/年
ベーシックプラン 12,960円/年
スマレジ、Airレジ
クラウド会計ソフトCrew 株式会社アックスコンサルティング 個人:500円/月
法人:1,500円/月
なし
ネットde会計 株式会社パイプドビッツ 3,600円./月 なし

まとめ

いかがだったでしょうか。こうして連携できるPOSレジ、また今店舗で利用しているPOSレジから会計ソフトを選ぶなどの考え方もありえるでしょう。こうしてみるとAirレジを利用していれば3つのクラウド会計ソフトと連携が出来ます。逆にいうと「MFクラウド会計」を利用していれば5種類のタブレット型POSレジシステムに対応できます。小売店舗や美容院などタブレットでレジ業務を行っている店舗であればタブレット上で会計ソフトのアプリを立ち上げれば売上情報が会計ソフトと自動で連携して予測バランスシートや予測損益がすぐ分かれば店舗経営にもプラスになるのでは無いでしょうか。