店舗経営者が知っておきたい15のマーケティング戦略とは?

インターネットの普及により、様々な分野で利用されていたマーケティング手法を知ることができる様になりました。
ここでは、店舗運営や開業で悩まれている方に向けて、戦略的マーケティング15種類を一気にご紹介いたします。
様々な店舗にあった戦略を見出し、店舗経営に活用していただければと思います。

イメージアップを狙う「Cause Marketing(コーズ マーケティング)」

graphs

Causeとは「信念・大義」などを意味する単語で、「コーズ・マーケティング」はサービス提供をすることによって、社会へ貢献する活動に繋げることを顧客に訴求するマーケティング手法です。
『商品の売り上げの10%を○○団体へ寄付』といった活動を行うことで、寄付先は資源を得ることができ、顧客は商品の購入によって社会に貢献することができ、企業は売上増加とイメージアップができる、3者にとって良い状況をつくることができます。

信頼関係が重要な「Relationship Marketing(リレーションシップ マーケティング)」

セミセルフレジについて

Relationとは「関係」という意味ですが、「リレーションシップ・マーケティング」は、お客様と長期的な繋がりを持つことで信頼関係を構築し、リピーター客の恩恵によって企業の利益を最大化することが目的のマーケティング手法です。
長きに渡ってお客様とお付き合いさせていただくことにより、ニーズに合ったサービスを提供することができるようになり、企業やサービスのブランド力やお客様のロイヤリティを創りだすことができます。

従来から使われる「Offline Marketing(オフライン マーケティング)」

オフラインマーケティングはその名の通りインターネットではなく、実店舗や物理的な手法で行うマーケティングのことです。
インターネットを得意としない年代にもダイレクトに働きかけることができるので、さらなる顧客獲得を行うためにも欠かせません。最近ではWebマーケティングを行う企業が増えて来ていますが、マーケティングの基本とも言えるオフラインマーケティングと組み合わせることで効果に違いが見られるでしょう。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

電子メディアを利用する「Digital Marketing(デジタル マーケティング)」

様々な電子メディアやデジタル末端を利用したプロモーション手法のことです。具体的にはパソコン、スマートフォン、タブレット、アプリ、デジタルラジオ、デジタルサイネージなどを用いて情報を発信することでビジネスを拡散します。
どのコンテンツがどれくらい閲覧されているのか、それぞれの端末からのコンバージョン率はどれくらいなのかなどを確認することができます。

限定感で売る「Scarcity Marketing(希少 マーケティング)」

限定マーケティングとも呼ばれるこの手法は、商品の希少価値を利用して行います。
「数量限定」や「期間限定」といった限定感を推し出すことで希少性を高めることで、「今買わなければならない」という感情をくすぐらせ、顧客の需要を高めることで利益を獲得します。

低コストで宣伝できる「Word-of-Mouth Marketing(口コミ マーケティング)」

salon_net

サービスに対する「口コミ」を意図的に広めることで、無駄な宣伝費用をかけずに低コスト顧客を獲得するマーケティング手法です。
サービスが話題に上がれば上がるほど効果が発揮されており、近年日本でも話題に上がることを指す「バズる」の語源から「バズマーケティング」とも呼ばれています。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

直接的に呼び掛ける「Call-to-Action Marketing(CTA マーケティング)」

hairsalon_02

インターネットマーケティング手法の1つで、Call To Actionは「行動喚起」などの意味を持ちます。
たとえばユーザーに資料請求をしてもらいたいのであれば「無料で資料を取り寄せる」などのといったボタンを設置し、具体的にどのようなアクションを起こして欲しいのかをハッキリとめいきすることでコンバージョンに繋げることができます。

幅広くアプローチ「Diversity Marketing(ダイバーシティー マーケティング)」

Diversityとは「多様性」という意味で、幅広い層の中のそれぞれ層のニーズに適したサービスを提供するというマーケティング手法のことを指します。
海外では様々な人々・人種に対してのアプローチ方法のことを指す場合が多いようですが、日本では性別や年代、地域などを中心に考慮される場合が多いようです。

こっそりオススメ「Undercover Marketing(アンダーカバー マーケティング)」

こちらは別名「ステルスマーケティング」とも呼ばれ、日本では「ステマ」というネット用語で知名度が上がったのではないでしょうか。
宣伝と悟られないように宣伝を行う方法で、1人の利用者を装って商品をレビューします。
有名人がブログないでおすすめ商品の紹介しているものの中にもステルスマーケティングが含まれているようです。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

お得感を露出する「Transactional Marketing(トランズアクション マーケティング)」

Transactionを直訳すると「交換・替える」という意味ですが、ポイントカードやクーポン、セールスイベントなどを利用して商品やサービスを購入していただくという手法です。
サービスに関心のあるユーザーを選定し、店舗に来ていただくために常にプロモーションイベントを考える必要があります。

大量流通を狙う「Mass Marketing(マス マーケティング)」

より多くの消費者を対象として大量生産や大量販売、大量プロモーションなどを行うマーケティング手法のことです。Massは「大衆」などの意味を持ち、「マス メディア」、「マス コミュニケーション」に使われるマスと同じ意味を指します。
一度にたくさんの商品をつくり、一気に宣伝を行うため、大手企業の方が有利なマーケティング手法と言えるかもしれません。

季節の魅力を詰め込んだ「Seasonal Marketing(シーズン マーケティング)」

Seasonalとはいわゆるシーズンのことで、その名の通り「時期・季節」にあった商品やサービスを提供するというものになります。
POSレジのデータを活用して特定の時期に売れている商品を見つけ、その季節に適したキャッチコピーやキャッチフレーズを用いて紹介することで大幅な売上アップが狙えます。
特に四季が豊かな日本では重要視されるマーケティング手法と言えるでしょう。

情報を広く広める「PR Marketing(PR マーケティング)」

PR(Public Relationship)を直訳すると「公共との関係」といった意味になりますが、店舗・会社が公共に有益な情報を発信することで、良い関係性を築こうとする行為のことを指します。公共性が高いサービス・商品を世にリリースすることで、様々なメディアがその商品の有用性を認識すると効果的に情報を発信することが可能です。
主に社内の広報部署がこの業務を行うことが多く、ニュース・プレスリリースなどを活用したマーケティング方法が知られています。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

ユーザーに広めてもらう「Viral Marketing(バイラル マーケティング)」

バイラルマーケティングとは、SNSなど利用して実際にサービスを利用したユーザーが知人にサービスを紹介してくれるように仕向ける手法です。Viralとは「病原体・ウィルス」と同じような意味を持つ単語で、ウィルス感染と同様に短時間で多くの人に広まるという意味で名づけられたようです。
最近は日本でも、エステやスマホゲームなどで「友達に紹介することで特典がもらえる」といった手法が多く見られるようになりました。

流入経路が分析できる「Online Marketing(オンライン マーケティング)」

オンラインマーケティングは、ソーシャルメディアやディスプレイ広告、ダイレクトメールなどを駆使し、Webを用いてリスティングやリターゲティングを行うマーケティング手法です。
インターネットの何を見てコンバージョンに至ったのか細かく分析でき、その結果を用いて売上向上の策を練ることや、新たなサービスの開発にも役立てることができます。

分析に特化したPOSレジをお求めの方はレジチョイスまで