POSレジ導入時に利用できる補助金申請テクニック【軽減税率対策補助金】

レジチョイス編集部です。前回「補助金対象認定のPOSレジでも補助金が下りない理由」で補助金対象のPOSレジでも補助金の申請がおりない場合を紹介しましたが、今度は逆に申請がおりるための裏技的な申請テクニックについてご紹介いたします。

まずは欲しいPOSレジを探す

search

POSレジの購入を検討している方は、まずは店舗に必要なPOSレジを山ほどある種類の中から数点ピックアップしておきましょう。ちなみにもし、POSレジ選びで迷っていらっしゃる方はこちらの記事で、POSレジ選びのステップを確認してください。「レジ選びで迷ったら、こうすべきこと6か条」

そのなかで、殆どが軽減税率対策補助金対象賞品であるかと思いますが、念のため業者に直接確認するか、ホームページで確認しておきましょう。

自社の取扱い商品を確認する

salon

つづいて、POSレジ業者と値段交渉やリース契約をするまえに少し、自社の業種を考えておきましょう。もし貴方の店舗が飲食店であればお持ち帰りの食品商品などは販売していますでしょうか?お惣菜でもかまいませんし、詰め合わせの商品でもかまいません。

「私のところは美容サロンだから軽減税率とかは関係ないかな~」っと思っていませんか?ちょっとまってください。あなたの美容サロンでは健康食品・美容の為の食品関係は取り扱っていないでしょうか?もし、取り扱っていなければ可能な範囲で取り扱っておきましょう。そうすることで軽減税率の対策をしなければならないということで補助金申請の対象になる可能性が出てきます。

このように、補助金対象になる一番のポイントは、持ち帰れる

食品を取り扱うこと

です。

申請タイミングを確認

self

つづいて申請対象業者になることが可能となった店舗の方は、申請のタイミングをこちらの「POSレジ導入まえに最低限抑えておくべき【3つの軽減税率対策補助金申請ポイント】」の記事で申請するタイミングを再度確認しておきましょう。

申請するタイミングが早すぎても、レジを購入するタイミングが早すぎても申請が降りなくなってしまいます。また、レジを購入して申請もしても、実際の導入が間に合っていなければ、申請の対象外になってしまいますので導入のリードタイムもしっかりと業者に確認しておきましょう。

申請業者に依頼

other

あなたが選んだPOSレジが軽減税率対策補助金の対象レジであれば、その販売業者も基本的に補助金申請代行が可能な業者として認定されているかと思います。レジの営業の方が「弊社のほうで、申請手続き可能です!」といわれるかと思いますので、最終的にはすべてお任せしちゃいましょう。

こちらの【公式】軽減税率対策補助金事務局で確認が出来ますので、現在導入を検討しているPOSレジ業者を検索も出来ますので、ご確認ください。

補助金を待つ

cafer

後は、下方は寝て待てではありませんが、申請が降りるのと補助金が入るのを気長にまっておきましょう。今のところ平成31年に消費税が10%に引き上げられるというのは不透明ではありますが、この補助金に対しての予算は既に決定事項として進んでいるものですので、約500億の予算枠が埋まってしまう前に申請してしまいましょう。

今がまさに、POSレジ導入を検討する絶好のタイミングではないでしょうか?