食品系小売店と飲食店がPOSレジを導入するメリットとは?レジチョイスが解説します。

業界別POSレジ導入メリット第一弾では「アパレル店と本屋がPOSレジを導入するメリットとは?
アパレル店と本屋のメリットについて解説させていただきました。
今回は、軽減税率対策補助金等にも関係してくる業種であります「食品系小売店」と「飲食店」がPOSレジを
導入するメリットについて解説していきたいと思います。

食品系小売店がPOSレジを導入するメリット

食品系小売店、いわゆるスーパーマーケットや近所の食品を取り扱っている商店
がPOSレジを今導入するべきメリットをご紹介します。

・複数税率対策

現在は、増税が延期となっていますが将来的に消費税が10%になるにあたり
持ち帰りの食品だけは税率が軽減されるいわゆる軽減税率が適応され、食品以外のものは10%の消費税となる
複数税率で計算しなくてはならなくなります。

導入時にマスター登録をしなおすことで対応するこは可能ではありますが、
取扱い点数が多い小売店ではあまりにも非効率的過ぎます。
ボタン一つで切り替えられたり、自動的に対応できるPOSであればいざ複数税率になった際でも
経理処理を含めてスムーズに対応できるかと思います。

freee151117071495_TP_V

それ以上に、現時点で軽減税率対策としてPOSレジを購入することで
補助金をうけることもできますので、通常よりも安くで今なら購入できるのでPOSレジをおススメします。
複数税率対応のレジスターであっても補助金対象ではありますが、補助の金額が異なりますので
この機会にPOSレジを導入することをおススメします。

[関連記事]
POSレジ導入まえに最低限抑えておくべき【3つの軽減税率対策補助金申請ポイント】

・人員コストの削減

willpos_selfSS800

POSレジには様々なものがありますが、人員コストを削減することができるPOSレジも今
如序に広がりつつあります。
すでに海外のスーパーマーケットでは当たり前になりつつありますが、
セルフレジやセミセルフレジを導入することで、少ない人数でレジ会計をすることが可能になります。

[関連記事]
話題の【セミセルフレジ】メーカー大手3社の製品比較
・セルフレジのデメリットを解消する【セミセルフレジ】普及の理由

・適正在庫数の算出が可能

pixta_18034439_S

POSレジデータを集計し、分析することで分かることは星の数ほどありますが
食品系の小売店で重要になってくるのは適正の在庫数の算出ではないでしょうか。
本や衣服のように、賞味期限のないものと違い食品は賞味期限がります。
そのため長期間商品棚に陳列することができません。
とくに生鮮食品であればなおさらのことです。

毎日のデータをPOSレジから抽出することで、日々の売上予測をすることが可能となり
最低限必要な在庫を確保しておくことができます。
また、POSレジでリアルタイムでの在庫を確認できるものであれば、
惣菜関連の商品は追加で作るかどうかの判断基準にもなり、
機会ロスや廃棄ロスを最小限にすることがかのうになります。

・季節データに合わせた販売戦略

sanma

上記の適正在庫数にある程度に通ってくる部分ではありますが、
季節変動による売上商品の推移を把握することができるのもPOSレジのメリットの一つです。
POSレジを導入してから、データを収集してからの蓄積されたデータを基に
季節ごとの販売戦略を打ち出すことが可能となります。

秋刀魚の季節になったから、秋刀魚を売る!というのも
季節を感じますが、それ以外にPOSレジデータを元に大根を秋刀魚の近くに配置することで
大根の売上を伸ばすことも可能です。
よくおなべの時期に、鍋具材周辺に「鍋の素」をおいて販売しているのを見ますが
これもPOSレジデータから売上の伸びてきているメーカーを中心に仕入れることで
売上を最大化をめざすことができます。

以上が食品系小売店がPOSレジを導入する代表的なメリットになります。

飲食店がPOSレジを導入するメリット

続いては、飲食店がPOSレジを導入するメリットをご紹介いたします。
ランチなどで行くような大衆食堂であればあまりPOSレジを導入しているところは少ないのですが
そんなところでもPOSレジを導入したくなるようなメリットをご紹介させていただきます。

・適正食材在庫の管理

POSレジを導入することで、一番はどの商品がどれだけ売れたのかを記録することができるということです。
ということはつまり、一週間でどれだけの食材が必要なのかを前もって知ることが可能なのです。
ベテランの料理人であれば、ある程度の在庫量は感覚値で把握しているものですが
POSレジを導入することで数値で必要な数が表示されるのです。

また、冷蔵庫の中を仕掛品も合わせて管理することで
廃棄ロスも減り、機会ロスも少なくすることが出来るので
利益を最大化することが可能になります。

・仕込み量の把握

適正在庫を把握することができるということは、仕込み量を前もって予測することも出来るということです。
今週は客入りが多いのでいつもよりも10食分の仕込み量を増やそうという判断や、
逆にこの時期はデータから客入りが少ないので5食分すくなくしようという判断ができます。

受け身な販売戦略では在りますが、仕込み量をある程度予測することにより
人員数も管理することが可能になります。つまり仕込みが多い日は調理アシスタントを増やし
少ない日は最低限の調理アシスタントにすることができますので、人件費の最適化も同時に図ることが可能になります。

・売上を最大にする営業時間

open

売上を最大にする営業時間とは、POSデータを基に実際に売上を上げているのは何曜日の何時なのか?
ということを算出することで売上を最大化することが可能になります。
固定概念でお店の定休日を決めるのではなく、POSレジのデータを基準にお店の定休日を決定し
営業時間を決めてみるのも良いかもしれません。

例えば通常11時~14時までの営業をしているレストランが12時~15時までの営業時間に替えただけでも
売上が大幅に変わる例もあったりします。それはオフィス街周辺のお店が14時で休憩に入るところが多いという
外的要因が重なった場合などもありますが、POSレジでデータを継続的に集計していけばおのずと
各店舗にあった、売上や利益が最大になるゴールデンタイムの営業時間を見出すことができるはずです。

これらのメリットを最大限生かすも殺すもすべて利用する運営者次第ということになりますが、
POSレジを導入していない店舗は、POSレジを導入することをおススメします。
一昔前とくらべて、POSレジは高価なものではなくなりつつあります。
パソコンと同じくらいの金額で購入できるPOSレジから無料で利用できるPOSレジまでありますので
是非検討してみてはいかがでしょうか?

[関連記事]
・飲食店向けPOSレジ16選【2016年度版】
意外と知られていないけど、あると便利なPOSレジ機能6選(飲食店編)
・飲食店が欲しい【セルフオーダリングシステム】POSレジ比較