無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

POSレジ初購入者が押さえておくべき基本知識とメリット

現在様々なタイプのレジが登場しています。そんなレジの中でも、最近主流になっているのが「POSレジ」です。「POSレジ」という言葉は聞いたことがあるものの、それでは実際従来のレジとどう違うのかというと、意外と答えられる方は少ないかもしれません。
従来のレジと、このPOSレジとの違いを知っているだけで、大きく変わります。POSレジの機能を十分に把握することで、お店の売上が大きくアップしたり、無駄を省くことができたりと、知っておいて損はありません。
そこで今回は、初めてPOSレジを導入しようと考えている方向けに、POSレジとは何か、POSレジのメリットなどを踏まえてご説明していきます。

レジの種類

そもそも、一言にレジと言ってもその種類はさまざまです。ここでは実際にどのようなレジが、現在活躍しているのかを見ていきましょう。

1. レジスター

ts1

一般的に「メカレジ」や「ガチャレジ」ともいわれるもので、キャッシュドロア(お金を入れるところ)と電卓、そしてレシート印刷機能がついた程度のシンプルなタイプです。もっとも原始的な機能を備えたレジなので、比較的安価に入手ができます。

キャッシュドロワとレシート印刷がついているのが一般的なものです。
こういったタイプの場合、会計をすること以上のことはできない為、商品別の売上管理や多店舗のデータ統合などはできません。とはいえ最近では、ガチャレジであっても、データをパソコンで確認できるものも登場しています。

2. タブレットPOSレジ

iPadなどのタブレット端末や、iPhoneなどのスマートフォンにアプリをインストールして、POSレジとしての機能を追加させたものです。データ分析のために売上データをExcelで出力したり、別のタブレットでもデータを見ることができます。アプリのダウンロード自体は無料でできるため、レジの中でも安価で簡単に導入ができます。

3. レガシー型POSレジ

arufa_food

形そのものはレジスターと似ていますが、ボタンの数や機能が増加しています。
売れ筋と死に筋商品の把握や、価格データベースの変更によるセールなど、幅広い機能を搭載しています。
多店舗展開しているレストラン、居酒屋などにむいています。

4. その他

他にも、お客様が精算から袋詰めまですべてを行う「フルセルフレジ」や、袋詰めは店員が行い、精算をお客様が行う同時並行の「セミセルフレジ」などがあります。

さらに昨今のキャッシュレス決済に対応した「キャッシュレス対応レジ」も登場しています。クレジットカードや電子マネーに加え、ビットコインやQRコード決済サービスなどに対応しています。

POSレジとは?

それではそもそも「POSレジ」の「POS」とは何なのでしょうか?
「POS」とは「Point of Sales」の頭文字をとったもので、直訳すると「販売時点」となります。よりわかりやすく言うと「販売時点情報管理」となります。つまり会計するだけではなく、データの収集も可能なため、売上を管理することができるレジとなります。

POSレジと従来型レジスターとの違い

POSレジと従来型レジスターの違いを見てみましょう。様々なパターンのレジがあるので、ここではレジチョイスの見解での比較となります。

POSレジ 従来型レジ(ネット接続しない場合)
導入費用 最低限だとiPad 1つでも始められる 買い切りになるので初期費用はかかる
月額費用 無料~10,000円台 オプション加入しない限り、大体かからない
データ分析 豊富にできる 基本的になし
機能のアップデート あり なし

POSレジのメリット

POSレジは、売上を管理してデータ集計もしてくれる
優れものということは理解していただけたと思います。次に、POSレジのメリットをご紹介いたします。

1. 業務の効率化(会計・経理機能)

お金

レジ閉めの作業を自動で行ってくれます。仮に、手金庫の場合ですと、一日のお金の計算を
疲れた体を押してしなければなりません。POSレジを導入したことで、「レジ閉め作業が60分以上も短縮された」という話を聞きます。

仮にレジ閉めが1時間短縮された場合、自給800円のアルバイトの拘束時間がなくなります。かけることの30日の場合=2万4千円が月で浮きます。更に、1年だと29万2千円(365日年中無休の場合)になります。

2. 売上向上の為のデータ収集・分析(売上管理)

graphs

つづいては、お店の売上向上についてのメリットですが、具体的には、
・どの時間帯に、どの商品が、いくつ購入されたという事実がリアルタイムで確認が出来る
・過去のデータを活用し、売れ筋をみて今年のメニューや商品ラインナップに活かせる
・どのような客様がリピートに繋がるかを理解し、メニュー開発、店舗づくり、価格構成の改善にも役立てるこ事が出来る

つまり、現状を正確に把握することが出来、仮説検証をおこなうことが出来るというわけです。
PDCA(Plan Do Check Aac)サイクルを繰り返して計画的な売上を築いていきましょう。

3. レジ担当者の不正防止(セキュリティ)

POSレジでは利用者別のアカウントを発行することができ、それぞれのレジ担当者(アルバイト等も含め)を設定することができます。
レジ利用時には、担当者ナンバー等を押すことで、レジの使用ログを残せる為、いつ誰が作業を行ったか明確に出来ます。

つまり レジ担当者がレジ金を盗むといった「内引き」を未然に防止することが出来るわけです。

4. 誤入力単価(打ち間違い)による販売の防止(ミス防止)

no

よく、手入力で金額を打つレジスターであれば、混雑時に頭が混乱してしまい、「デラックス定食!(750円)」といったお客様に対して、誤って「日替わり定食(500円)」をレジスターに打ち込んでしまって、レジ閉めのときに、250円の損金が出てしまい大変です。

そんなときPOSレジであれば商品の金額を予め設定出来る為、打ち間違えをなくす事が出来るので、250円の損金が出ることないので、すぐにレジ閉めを終えることもできスムーズに業務を終えることができます。

5. 経営視点での多店舗関与(データの一元管理)

sales_up

今回初で店舗を出したお店が人気がでて、急遽多店舗展開をすることを決め、次々にお店を出す状況になっても、POSレジを導入しておけば安心です。店舗ごとのPOS情報を連携させることができる為、店舗展開する際も経営者として数字を管理をしやすくできます。

最近では、クラウド管理型のPOSレジが多くリリースされていますので、外出先からでも店舗の売上を把握することができるので、出張先からも各店舗への指示出しが可能になるので安心です。

まとめ

今回はPOSレジについての、基本知識やメリットなどをご紹介させていただきました。今までなんとなく「POSレジという言葉は耳にしていたけど、詳しくは知らなかった」という方も、きっとPOSレジの特徴をつかんでいただけたかと思います。

業務が効率化されたり、売上管理やそれに基づいたデータ分析を行うことができたり、セキュリティや打ちミスの防止ができたり、はてはクラウド上で多店舗の状況をリアルタイムで把握することができたりと、幅広い機能を備えてあるのがPOSレジです。

ぜひ、これらの機能をフルに活用して、お店の売上アップにつなげていっていただけたらと思います。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。