導入する前に確認して! POSレジ3つの意外な落とし穴

近年、軽減税率対策に向けてPOSレジを導入する企業が増えてきていますが、POSレジって実際のところはどうなのでしょうか。インターネットで調べると「売上向上」や「業務の効率化」などのメリットばかりが目立って、デメリットや失敗談などはあまり書かれていませんよね。
たまに検索にヒットするデメリットと言えば「導入費用が高い」くらいですが、こちらも以前に比べて手の届きやすい金額のPOSレジも登場しているため、徐々に問題解決されつつあります。
では、POSレジは購入する資金が用意できれば、後は本当にデメリットは無いのでしょうか。実は、便利なPOSレジでも使う人や使い方によっては逆にデメリットになってしまうことがあり、導入店が増える一方で後から失敗に気づいてしまったという相談も少しずつ増えてきています。今回は導入時に失敗しないための対策として、POSレジ導入店が陥りやすい3つの落とし穴をご紹介します。

>>POSレジ導入の無料ご相談はコンシェルジュまで

POSレジの意外な落とし穴3点

1.宝の持ち腐れになる場合もある

POSレジは業務の効率化や売上向上など便利な機能が備わっており、多くのメリットがあることは間違いないのですが、せっかくの高機能も環境によっては逆にデメリットになってしまう場合があります

POSレジ最大のメリットと言える「売上向上」と「コスト削減」に関しても、小規模で経営している店舗の場合、導入費用が高いうえに人件費が削減できなければ逆に損をしてしまいます。たとえば『夫婦2人で切盛りしていたので、人件費も下がらないし、結果的に維持費が高くついてしまった』なんてことがあると勿体ないですよね。

また、最初の設定が難しくて結局放置してしまったり、高性能なPOSレジを導入した故に使いこなせない機能があったりと、せっかくの便利な機能が手に余ってしまう場合もあるようです。従業員が多い店舗などは操作が簡単な物を選んだ方が良く、必要以上に使いきれない機能を加える必要はありません。さらに、POSレジがいくら便利といっても、最初に商品の情報を入力するのは従業員もしくはPOSメーカーのスタッフによる手作業になるため、登録者がミスをすれば移行ずっと間違ったデータを表示し続けることになります。

POSレジのデータを見て、実際に経営戦略を考えるのは自分自身になります。うまくPOS機能を使うことができれば、業務は効率化しますが100%売上が上がる保証は何もないため、POSレジの機能を過信してしまうと痛い目をみるかもしれません

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

2.補助金対象外の可能性

軽減税率対策のためにPOSレジを導入したいという方は多いかと思いますが、みなさん「軽減税率対策補助金制度」はご存じでしょうか。簡単にいえば、複数税率に対応したレジへ切り替える際の費用の一部が補助金で負担してもらえ、1台につき最大20万円の補助金が受け取れる制度です。

実際に、POSレジの導入に向けてこの制度を頼りにしていた方も多いでしょう。うまく利用すればお得な補助金制度ですが、場合によっては対象外になってしまう場合があります。『補助金がもらえるから奮発して高価なPOSレジを選んだけど、申請してみたら対象外って言われてしまった!』なんてことになったら大変ですよね。

軽減税率対策補助金を受け取るためには、補助金対応のレジを購入すればいいと考えられている方も多いようですが、決してそう単純ではありません。そもそも軽減税率に対応する商品を取り扱っていなかったり、補助金の需給期間に申請が完了していなかったりすると、補助金が受け取れなくなってしまいます。
確実に補助金を受け取るためには、事前にしっかり確認しておくことをお勧めします。

補助金の対象か確認するなら
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

3.サービスが安定していない

なんとなく安いからという理由だけでPOSレジを導入してしまうと、突然サービスが終了してしまうなどのトラブルが起こること可能性もないとは言い切れません。たとえ完全無料のサービスでコストがかかっていなかったにしても、次の日にはレジの機能が全て停止してしまうなんてことになったら大変ですよね。
またPOSレジの提供元によっては、サポートサービスやセキュリティー対策を行ってない場合もあり、お客様との間にトラブルが発生してしまった際に迅速に対応できないと、店舗の信頼を落としかねません。

導入前にはしっかりサービスの比較を行って、提供元が安心できる企業なのかも確認することが大切です。また、お店が稼働しているときに停電になると、POSレジの機能もストップしてしまうことがあります。基本的にはデータが消えてしまうということはありませんが、会計や発注作業などの全ての作業が滞り、ただ復旧を待つことしかできない状況になってしまいます。もちろん紙で注文をとっている場合であれば心配要らないので、POSレジだからこそ起こり得るトラブルです。

※注:下記サービスは2017年10月31日をもって終了致しました。
美容室で使える完全無料のモバイルPOSレジ(サービス終了!!!)

安心できるPOSレジの相談は
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み

さいごに

ここまでPOSレジに関する意外な落とし穴を紹介してきましたが、そうは言ってもPOSレジは上手に扱うことさえできれば大きな利益を産める可能性のある便利なツールです。POSレジを導入する企業が増えているのは、やはりメリットの部分が魅力的だからではないでしょうか。何かあってから「知らなかった!」と後悔してしまわないように、POSレジについてしっかり理解したうえで上手く付き合っていくことが大切です。今回はよく陥りがちな落とし穴を3点ご紹介しましたが、導入以前に抱いていた先入観や期待感によってハマる落とし穴は人それぞれです。

ネット上ではメリットしか書かれていない事も多く、どうしても期待感だけが先走ってしまうことが多いようなので、もし少しでも気になる点がございましたら、あなただけの落とし穴にハマってしまわないように、一度レジチョイスのコンシェルジュまでご相談下さい。

レジチョイス無料相談窓口
0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)
 ※土日祝休み