無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

POSレジの見積もりってこれでいいの?高い?相場・費用感について

POSレジは現在、100社近くのメーカーから提供されていると言われています。たくさんのPOSレジがある中で、機能は勿論ですが価格も様々に設定されています。そういったことから度々ご相談を頂くのが、POSレジの見積もり金額に関するお問い合わせです。

「何社か見積もりをとってみたところ、メーカーによって全く費用が異なっている…」その原因が何であるのか。本当に算出された見積もり金額は妥当なのか。こういったところで、少しご不安になられる方もいるようです。実際、どのようにして費用が変わってくるのでしょうか。
尚、ここではあくまで目安のご紹介となるため、地域やメーカー、利用したいサービス内容によって金額は前後しますのでご留意ください。

レガシーPOSの見積もり相場はいくら?

まず皆さんの頭の中に浮かぶPOSレジ、と言えば、大きな据え置き型の端末ではないでしょうか。大手メーカーから発売されており、多機能で、そして高額といわれているものです。一般的にレガシーPOSと呼ばれるこれらのPOSレジは、例えばスーパーマーケットのような大きな店舗に導入されていることが多く個人店などでは採用されづらいかと思います。これらは大体見積もりの相場として初期費用に100万~300万程かかると言われています。

勿論、大手のメーカー製であることから機器の保守サポートは手厚く、ソフトウェアからハードウェアまでメーカ―で開発しているため安心して利用することができます。グラム単位で金額を計算する必要のある量り売りであったり、ラベルプリンターによってオーダー情報を出力するなど、専門的な分野で利用されるレジの多くはここに属しています。

iPadを利用したタブレット型POSレジの見積もり相場はいくら?

近頃では個人店でもPOSレジの導入が進んでいますが、その背景にはこのタブレット型のPOSレジが普及していることが関係していると言えます。アプリを入れたiPadを本体として利用し、キャッシュドロアーやレシートプリンターなどの周辺機器を連動させることでPOSレジとして運用を行うタイプのものです。
iPadにアプリをインストールすることで利用開始できるものも多く、従来より手軽に始めることができますが、導入にあたってのサポートやプランの相談などはしっかりと受けていただく方がお薦めです。なお、iPadが古すぎると動作保証が難しくなるため、第5世代以降の端末を推奨しているメーカーが増えています。

iPad自体の費用が4~6万くらいですので、当然ながらレガシーPOSよりも本体費用は格段に下がってきます。キャッシュドロアはものによって金額に差がありますが、仮にレシートプリンターと一体型のものを採用したとなれば見積もり額は5万~6万くらいとなります。この他にお客様へ金額を提示するカスタマーディスプレイの利用や、バーコードリーダーを利用するのかなど様々な構成がありますので、周辺機器に合わせて金額が変動していくようなイメージです。

この他にメニューの登録や設置のサポート、月額プランの費用といったその他の諸経費も換算されての初期費用となりますが、使う端末が従来のレガシーPOSと呼ばれる据え置き型の端末とは全くの別物になるため、費用の大幅な違いというのもご納得いただけるかと思います。

メーカー製のタブレットPOSレジの見積もり相場はいくら?

メーカーから出ているタブレットPOSレジ、となってくるとiPadを利用したアプリケーションのPOSレジとは少し異なってきます。端末そのものがレジとして利用することを前提としているため、本体の操作性や耐久性に優れていると言われます。勿論、iPad程安価ではありませんし、アプリケーションではなくてソフトウェアの購入になるので、設置費用など込みで40万~50万くらいが相場と言われています。

また、タブレットではなくWindowsのタッチパネル式PCを本体として採用しているPOSレジもありますが、こちらも大体お見積もりの相場を仮定するなら、40~60万ほどの初期費用と言われています。特徴としてはWindowsの端末を利用しているのでネット回線に接続していればメーカー側の遠隔操作によるサポートが可能なものや、通常のWindowsのPC同様に事務作業を行う端末として兼用するケースもあるようです。
初期費用こそ少し高くなりますが、その分しっかりとした保守サービスがついていることや、外部のソフトを使わずレジだけで十分に利用できるよう機能が豊富に揃っています。

まとめ

一言で「POSレジ」と言っても、レジとして利用する端末そのものが様々な形で展開されています。どのような分析が必要で、どういった形で利用したいのか、また、見積もりを見てレジの費用ばかりを気にするのではなく、どのような人が使うのか、といった点も重要です。PCに不慣れであればしっかりとしたサポートのあるレジがお薦めと言えますし、ある程度iPadといったタブレットを使い慣れた方であればアプリケーションのレジでも問題ないと言えます。

レジチョイスでは様々な観点から、100社近くあると言われているPOSレジメーカ―の中で店舗様にお薦めできるレジを選定・ご紹介させて頂いています。是非、導入に迷った時にはコンシェルジュ問い合わせ窓口までご相談ください。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。