経営改善に活用しよう! POSデータの基本的な種類と活用方法4選

POSレジにはさまざまな機能が搭載されており、多種多様なデータが集められます。しかし『機能が多すぎて全てを活かしきれないのではないか』と考えられている方も多いようです。
そこで今回はPOSデータの基本的な種類と分析方法についてと、店舗側のメリットについてご紹介したいと思います。

POSレジから取得したデータの活用方法を知っていますか?

経営者にとって店舗のデータ分析は、売上向上において欠かせない業務ですよね。自店舗ではどの商品がどのくらい売れているのか、常に正確な情報として把握しておかなければなりません。

現代では流行もお客様のニーズも移り変わりのスピードが速く、ある時期にある商品が売れたからといってずっとその商品が売れ続けるとは限りません。常に「今、何が売れているのか」という最新の動向を把握する必要があり、そのためにはPOSレジによる売上データが非常に有用となります。

また時間別にデータを追うことで、繁盛タイムや特定の商品が売れやすい時間帯が分かるようになり、お客様を性別や年代などの客層で分類することで、どの客層に何が売れているのかも分かるようになります。

経営改善に有効なデータの種類4選

商品別売上データ

商品ごとの販売数量や売上金額などを分析してどの商品が売れているのか、反対にどの商品が売れていないのかを確認できる、商品別売上データは無駄を省いて売上を伸ばせる可能性を秘めた機能です。

商品別だけではなく商品カテゴリー別で確認できる機能や、粗利総額や構成比などが表示されるPOSレジもあります。ほぼリアルタイムで反映されるので、常に最新のデータとして利用できるでしょう。

正確な商品別の売上データを入手することで、売れ筋商品と死に筋商品を見極める「ABC分析」が可能となります。売れ筋商品が分かれば新商品の開発やサービスや仕入れの数量決定にも活かせるはずです。売れ筋商品は経験や勘である程度掴めても、死に筋商品にはなかなか気付かないということもあるかと思いますが、客観的なデータとして見ることで確実に売れる商品の在庫切れを防ぎ、あまり売れていない商品の仕入れをカットすることが可能になります。

また頻繁に売れている商品の組み合わせが分かる「バスケット解析」では、より一層セットで買いやすい配置に陳列したり、お店側からお客様にセットで提案したりできるようにもなるでしょう。

時間帯別売上データ

1日の中でも時間帯によって売れる商品、売れない商品が変わってくることもありますよね。漠然と経営しているだけでは掴みにくい時間帯別の売上も、POSシステムによりデータ化されることで正確な情報として入手できるようになります。

一日の中で来店数が多い時間帯と少ない時間帯が分かるようになるので比較的暇な時間帯は業務の改善を図ったり、シフトを調整したりすれば無駄な人件費を削減できるようになるでしょう。
あるいはあえてその時間帯に値引きキャンペーンなどを開催して集客を図るという手段もありますね。逆に忙しい時間帯にはスタッフを増員したり、売れ筋商品が在庫切れを起こさないよう準備したりすることも可能です。

単純に一日の時間帯別で見るだけではなく週ごと、月ごとで売上データを確認できる機能もあります。たとえば1週間の中では週末の来店数が多いといったようなことや、月末に比べると月初めは来店数が少ないなどの動向が分かるようになれば、より効率的な経営に活かせるようになるでしょう。

顧客データ

年代や性別など、登録した客層ごとの売上を分析することでお店がどの客層に支持されているのかが分かるようになります。

当初設定したターゲット層に支持されていても、それ以外の客層にはあまり支持されていないようだと判明すれば、他のターゲット層に訴求する戦略も打てるようになりますね。
また当初は想定していなかった客層に支持されていたという思いがけないことが判明する場合もあります。
同じ客層のお客様を対象に人気のある商品を宣伝することで、販売率の向上やさらなる集客にもつなげられるでしょう。

また会員登録を採用している店舗の場合、会員カードなどを通してお客様の個人情報を預かる顧客管理機能も活用できます。
一人ひとりの購買履歴や累計の売上金額が確認できるので、顧客をランク付けするRFM分析が行えるようになり効果的な販売促進を図れるようになるでしょう。

お客様にとって興味のありそうな新商品が発売した時にはお知らせを配信するなど働きかければ、再来店率のアップに繋げられるでしょう。顧客データを上手く利用することにより、新規客の開拓とリピーター定着の両方に結びつけられます。

オープンデータ

オープンデータとは、インターネットを通じて誰でも自由に入手でき、二次利用や再配布が可能な情報のことで、自店舗の売上データや所属企業のビッグデータと組み合わせて利用することで、より経営の幅を広げられる可能性を秘めています。

自分が経営している店舗の情報だけでは、マーケット全体で何が起きているのかが分かりにくいこともありますが、オープンデータを上手く活用することで、マーケットの最新のトレンドや売れている商品の情報が入手できるようになります。

今ではPOSデータレポートをオープンデータとして無料で公開しているサイトも存在するので、公開されているオープンデータを積極的に取り入れることで、より客観的で精度の高い分析が可能となるでしょう。

また新商品が登場した時にもマーケット全体でどの程度の数量が売れているのか把握できれば、仕入れの参考にもなります。
登場したばかりの頃は売れていたけれど後々売れなくなるという商品もあれば、ロングランで支持される商品もあるので、週や月ごとの比較ができればその辺りの動きも掴みやすくなるはずです。

まとめ

 

従来は長年の経験や勘で判断するしかなかった業務や処理も、便利なシステムを利用することで信頼性の高いデータとして割り出せるようになりました。
データはただ持っているだけでは意味がなく、積極的に活用していく必要があります。POSレジの分析によって細分化されたさまざまなデータを比較することで、今までよりもさらに効果的な経営戦略が立てられるようになるでしょう。
あらゆる業界では商品が売れる時代から売れない時代に突入しているので、確実に商品を売り続けて生き残りを図る為には、あらゆるデータを上手く活用するのが大事な要素となるのではないでしょうか。

POSシステムの一括お見積りはコチラ