無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

POSレジとは?導入を検討している人が最低限知っておくべき情報まとめ

店舗の運営を効率的に行うために、また店舗の収益を上げるためにあらゆる業態の店舗で普及しているPOSシステム。まだPOSシステムが使えるレジを導入していない店舗でも、今後の導入を検討しているところは多いのではないでしょうか。

店舗の運営や経営を助けてくれるPOSシステムの需要はどんどん高まっています。しかし具体的にはどんな仕組みをしているのでしょうか。今回は据え置き型のレガシーPOSとタブレットPOSの比較をしながら、改めてPOSシステムの特徴や仕組み、機能、導入費用などについて説明します。POSレジ導入を考えている方は是非ご覧ください。

POSレジとは?

POSレジとは?従来のレジとの違い

POSレジのPOSは「Point of Sales」の頭文字を取ったもので、日本語で「販売時点情報管理」を意味しています。POSレジとは単にお会計金額を計算するだけでなく、お客様と金銭のやり取りをした時点で販売情報を集計・管理・分析するシステムが搭載されたレジのことです。

POSレジに対して、従来使っていたレジのことをガチャレジもしくはレジスターと呼びます。そもそもレジとは「キャッシュレジスター」の略で、日本語では「金銭登録機」と翻訳されます。ガチャレジの主な役割は会計金額の計算や、計算した金額の記録、販売商品の登録などでした。

ガチャレジでも簡単な売上の集計や記録はできましたが、POSレジはこれに加え、蓄積したデータをより詳細に分析して売上向上につなげたり、販売管理に利用したりすることができます。販売データにお客様の年代・性別を紐付けるなどの、顧客管理機能が備わっているPOSレジも多いです。POSレジの詳しい機能については後ほど解説します。

POSレジの仕組み

POSレジはWi-Fiなどを通じてネットワークにつながっています。商品のバーコードをスキャンすると、販売情報はネットワークを経由して店のパソコンやPOSレジ管理画面に送られます。POSシステムによって、バーコード番号、販売数量、販売価格など商品の情報が蓄積されていきます。

管理画面では日々の販売データを分析できるので、発注数を増やすべき商品などが明確になります。ネット環境があればいつでもどこでも情報を確認できるため、経営者はスピーディに経営戦略を立てることができます。

POSシステムの機能とは?

次にPOSシステムで会計を行う流れを追いながら、詳しい機能についてご紹介します。

①会計を行う

会計機能
金額を手入力しなくていいので従来のガチャレジよりも入力ミスがなくなります。金額を反映させる方法としては以下のようなものがあります。
・商品についたバーコードをスキャンする
・オーダーシステムと連動させてテーブルごとの注文情報を読み込む
・あらかじめPOSレジに登録しておいた商品情報(名称、金額など)を選択して個数を入力する
さらに自動釣銭機と連動させれば、お金を投入するだけで自動的に精算してくれるようになります。これにより入力ミスだけではなく計算ミスもなくなり、ヒューマンエラーの撤廃を目指すことができます。

②会計時に得た情報をデータとして蓄積する

売上登録機能
売上情報を登録して管理することができる機能で、商品情報だけではなく金額、個数、購入したお客様の性別や年代も一緒に登録できるPOSレジもあります。さらに季節や天候の情報も蓄積できるので、これらの情報は後の分析に大いに役立てられますね。

顧客管理機能
顧客の名前、来店日、購入商品履歴、合計金額などが登録できる機能です。これらの情報は次回の来店時のおもてなしに活用できます。電話予約があった際には前回来店時の情報と照らし合わせてお客様に合った商品やコースを提案できるので、お客様満足度の向上に活かせられるでしょう。

③蓄積されたデータを分析して経営に活かす

在庫管理機能
毎日の在庫管理や棚卸情報を一括で管理できます。会計情報と自動的に連動させることも可能で、その場合情報が逐次更新されるので在庫切れを事前に防ぐことができ、在庫が少なくなった時にはアラートで知らせてくれるものもあります。複数店舗を経営している場合、本部のパソコンで各店舗の在庫状況を一元管理できるので助かりますね。

売上分析機能
あらゆる集計データを分析する機能で、時間帯や天候を参考にした分析から、年齢や性別による人気商品の傾向分析ができるPOSレジもあります。メイン客層に合った仕入れの参考になると同時に、新たな店舗を出店する時の参考にもなりますね。
さらに近年では高度な分析機能がついているPOSシステムも登場しています。ABC分析、RFM分析、トレンド分析、バスケット分析などさまざまな角度から分析が行えるので、より精度の高い経営戦略を練ることが可能です。

レガシーPOSとタブレットPOS

POSレジには据え置き型のもの、タブレット端末を使ったもの、パソコンを使ったものなど、様々な種類があります。中でも大規模チェーン店では据え置き型の「レガシーPOS」が導入されることが多く、小規模店や個人経営店では「タブレットPOS」の普及が進んでいます。なぜ店舗の規模によって普及しているPOSシステムが異なるのでしょうか。レガシーPOSとタブレットPOSの違いを比較してみましょう。

レガシーPOSとは

レガシーPOSは現在日本で最も流通しているとされるPOSレジです。レジ専用機器を据え置くタイプで、見た目は従来のレジスターと似ています。ボタン操作をするため、従来のガチャレジの使い勝手を残しつつPOS機能が使えます。レガシーPOSは東芝テック・NECプラットフォームズ・富士通フロンテックなどのメーカーから提供されています。

タブレットPOSとは

タブレットPOSは、iPadやAndroidなどのタブレット端末をレジの本体端末として使用するPOSレジです。タブレット端末にPOSレジアプリをインストールして使用します。

iPadを使った世界初のタブレットPOSレジは、2010年に日本の企業「株式会社ユビレジ」が開発した「ユビレジ」です。タブレットPOSレジの歴史は比較的浅いですが、国内外、店舗規模を問わず導入する店が増えています。業界で1番のトレンドになっていると言えるPOSレジのタイプです。タブレットPOSレジはユビレジ以外に、ブレインレジ、USEN、スマレジなどのメーカーから提供されています。

導入費用で比べる

レガシーPOS

レガシーPOSはレジ本体に専用機器を使うため、1台の値段が高くなりがちです。レジの周辺機器も含めてすべて新品で揃えるとなると、導入費用が100万円を超えるケースも珍しくありません。導入コストが高いため、新規開業店舗や小規模店舗、個人店舗は選ばないことが多いです。そのためレガシーPOSは、コストを度外視して導入できる大規模店舗や、これから事業拡大を考えているような店舗に導入されることが多いのです。

また、長年使っているとどうしても機器が老朽化してしまうので、修理や機器入れ替えなどのメンテナンスも必要です。導入費用と同等のコストがかかる場合もあるので、POSレジ導入前に保証体制やメンテナンス費用についても確認しておきましょう。

レガシーPOSは導入段階で店舗に合わせたカスタマイズができることが多いので、途中でアプリなどを追加する必要が少ないです。また、リース契約でなければ月額の利用料が発生しない場合が多いので、故障がなければランニングコストが安いと言えます。

タブレットPOS

タブレットPOSは汎用性のあるタブレット端末を使うため、導入費用を抑えることができます。手持ちのiPhoneやAndroidなどをレジとして使えるため、小規模店舗にも導入しやすいのです。

タブレット端末の値段は端末の種類やデータ容量によって異なりますが、例えばiPadの32G・Wi-Fiモデルを新品で購入すると約4万円程です。その他周辺機器の値段は揃える機器にもよりますが、6万円程から始められるPOSレジもあります。「テーブルトップオーダーを導入する場合に、必要なテーブル数分のタブレット端末を買い足す」「ハンディ端末利用や在庫管理のためにiPhone、iPod touchを購入する」など、周辺機器をたくさん買い集めるケースもあります。

タブレットPOSはタブレット端末にアプリをインストールするものが多く、レジアプリや基本的なレジ機能は無料で利用できることが多いです。詳細な売上分析機能やハンディ機能など機能を拡張する場合や、連携アプリを追加する場合は月額料金が発生することもあります。タブレットPOSの利用料金はオプション料金として追加機能ごとに請求される場合や、「飲食店向けプラン」「小売店向けプラン」のようにプランごとに月額料金が設定されていることが多いです。

サポート体制で比べる

レガシーPOS

レガシーPOSは導入時にレジ業務において必要な機器が付属されているので、周辺機器を自分で買いそろえる手間がありません。

レガシーPOSはタブレットPOSに比べて歴史が長いため、サービス拠点が多いなどサポートが手厚い傾向があります。またPOSレジ提供会社が機器本体とアプリケーションの両面を開発しているので、システムに強いスタッフが多いと言えます。レジの故障時にサポートスタッフに来てもらいやすい、対応がスムーズといった点はレガシーPOSの強みです。サポートサービスは有料オプションになっている場合もあるので、導入前に料金やサポート範囲を確認しておきましょう。

タブレットPOS

周辺機器を導入時に用意してくれるタブレットPOSもありますが、自分で個別に購入しなければならないものもあります。機器を個別に購入するのは手間にも思えますが、必要な機器だけを導入することができますし、元々レシートプリンタやキャッシュドロアを持っていて、新しいタブレットPOSと連動できる場合には導入費用を抑えることもできます。

レガシーPOSに比べて登場が新しいタブレットPOSは、「サービス拠点が少ない」「利用していたサービスの提供が終了してしまう」といったサービスの脆弱性も見受けられてきました。しかし最近ではユビレジ・スマレジ・Airレジのように利用者が多く安定したサービスを提供しているメーカーや、Uレジを提供する株式会社USENのように全国に営業所を設け、24時間365日体制で電話サポートを行うメーカーも出てきています。株式会社フォウカスが提供するposcube(ポス・キューブ)のように店内に専用のネットワークを準備し、安定稼働を実現するサービスもあります。

レガシーPOSと同じように、サポートサービスを受けるには別途料金が発生する場合があります。また、無名で格安のタブレットPOSは、途中でサービスの提供が終了してしまうかもしれません。タブレットPOSを導入する際には、安定して使い続けられるかという点も判断基準に入れておきましょう。

POS機能で比べる

レガシーPOS

レガシーPOSはカスタマイズ性に秀でていて、メーカーが提供する機能の中から自店に合った機能を組み合わせて自分だけのPOSレジが作れます。飲食店向け、小売店向け、医療向けなど業態に特化したレジも多数開発されていて、店舗ごとに最適なシステムを構築することが可能です。

専用機器を使うレガシーPOSは、機能を追加し過ぎると操作が複雑になってきます。アルバイトが多い店舗やスタッフの入れ替わりが多い店舗では、レジの使い方指導に時間がかかったり、機能をほとんど使いきれなかったりする場合もあります。

タブレットPOS

タブレットPOSは店舗ごとのオリジナリティには欠けますが、拡張性が高く欲しい機能が追加しやすいメリットがあります。外部システムと連動させることも可能なので、幅広い使い方ができるでしょう。提供メーカーが新機能を開発した場合、アップデートさえすれば最新の機能を追加することができます。

タブレットPOSはタブレット端末を使うので、スマホを使い慣れた人なら直感的に使いやすく、すぐに操作方法を身に付けることができます。店舗はPOSレジの充実した機能を導入しながら、従業員への教育時間を短縮することができます。

置き場所で比べる

レガシーPOS

レガシーPOSは据え置き型なので、基本的にレジ台から動かすことはありません。(ただしハンディーターミナルで得た情報をPOSレジに送り、会計や商品登録に反映させることが可能です。)従来のレジスターと似た形状で機器自体が大きいため、ある程度の設置スペースを確保しておく必要があります。

タブレットPOS

タブレットPOSはどこにでも持ち運びができ、置き場所を選びません。接客しながらその場で会計を行う、ということも可能です。イベントなどの催事や屋外での販売業務にも適していて、店内販売と同じように運用できます。

タブレットPOSレジはコンパクトなので、レジ周りがスッキリとした印象になります。機器のデザインがスタイリッシュなものも多く、インテリアや雰囲気にこだわった店舗にも人気です。

まとめ

あらゆる業態でPOSシステムの導入が進んでいると言っても、詳しい仕組みが分からないと導入をためらってしまいますよね。仕組みや機能を把握しておけば導入した際には何ができて、どのように活かせるのかがシミュレーションできるようになります。

また自店の形態や規模に合わせたPOSシステムを選ぶのも大事なポイントです。せっかく費用を投じてPOSレジを導入しても、自店に適したシステムでないと使い勝手が悪く、損してしまうこともあります。どんな機能が必要で、どのような用途で使用したいのか、導入予算はどのくらいかなどを検討してからPOSシステムを選ぶようにしましょう。

レジチョイスではPOSレジの導入相談を承っています。様々なメーカーの中からお客様に適したPOSレジをご紹介できるので、下記お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
  • 多機能レジPOS+が飲食店の悩みを解決
  • ユビレジは面倒な補助金申請も無料代行します
  • POSレジの軽減税率対応はお済みですか?今なら、補助金使えます。