今さらだけど意外とわかりにくい「POSレジ」の種類について、とにかくわかりやすく解説

こんにちは、レジチョイス編集部です。レジチョイスで何度もご紹介しているPOSレジですが、一口にPOSレジと言ってもいろいろな種類が登場してきています。そこで今回はPOSレジの種類について情報をまとめました。レジの特徴によって適しているお店は異なります。導入するならどの種類のPOSレジがいいか選ぶ参考にしてください。

POSレジ選定をお手伝いしています。
すぐにでも導入を考えている方は、是非こちらからご連絡ください。

コンシェルジュに相談する(無料)

電話相談窓口 : 0120-740-336
(受付時間9:00~19:00) 

そもそもPOSレジとは?

POSレジとは、会計処理に限らず販売情報の集計・管理・分析が出来るシステムを搭載したレジのことです。POSレジのPOSとは「Point of Sales(販売時点情報管理)」のことで、お客様とお金のやり取りをした時点で販売情報が管理できます。

POSレジはインターネット環境を利用して情報を集めているため、販売実績はリアルタイムで反映されます。店舗経営者は外出先からでも、商品の売れ行きサービスの効果を確認することができます。情報を蓄積し分析することで品揃えを改善するなど、経営戦略に活かすこともできるのです。

ガチャレジとはどう違うの?

ガチャレジとは昔からあるレジスターのことです。そもそもレジとは「キャッシュレジスター」の略で、キャッシュレジスターとは日本語で「金銭登録機能」を意味します。この言葉からも分かるように、従来レジの主な役割は会計時の計算や、計算した金額の記憶でした。

ガチャレジには商品の計算やお客様への金額提示といった基本的な会計機能や、1日の取引記録や1月分程の累積額が確認できるなどの集計機能があります。一方POSレジはレジスターでできる機能に加えて、蓄積したデータをより詳細に分析して、マーケティングや販売管理に活かすことが可能です。例えば、販売情報を商品や時間帯といったカテゴリに分けて、業績を分析することもできます。

クラウドで情報管理をしているPOSレジはリアルタイムで情報を確認することができるので、販売戦略をスピーディに立てることが可能です。複数店舗の売上を共有できるPOSレジもあるので、多店舗経営にも向いています。

POSレジ選定をお手伝いしています。
すぐにでも導入を考えている方は、是非こちらからご連絡ください。

コンシェルジュに相談する(無料)

電話相談窓口 : 0120-740-336
(受付時間9:00~19:00) 

 

POSレジの端末の種類

POSレジの種類と、それぞれのレジがどんな店舗適しているかをご紹介します。

ガチャレジ進化版

見た目はガチャレジとほぼ一緒で、ネットワークにつながりPOS機能が使えるレジもあります。このタイプのPOSレジはボタン操作をするため、従来のガチャレジの使い勝手が残っています。なおかつ販売情報の集計・管理・分析機能を搭載し、マーケティングに活用できる画期的なPOSレジです。古くから営業していてガチャレジを使い慣れているお店や、スマホやタブレットを使っておらず液晶画面の操作に慣れていないスタッフが多いお店におすすめです。ガチャレジ進化版のPOSレジは、「東芝テック」「NECプラットフォームズ」「富士通フロンテック」などのメーカーから提供されています。

タブレット型版

タブレット端末やスマホをPOSレジとして使うこともできます。レジチョイスではこのタイプのレジのことを「タブレットPOSレジ」と呼んでいて、タブレットPOSレジはiPadやAndroidなどにPOSレジアプリをインストールして使用します。安価にスタートできるため小規模店にも導入しやすく、現在はこのタイプのレジが主流傾向にあります。

市販されているiPadやAndroidを使用できるもの

タブレットPOSレジは、市販されているiPadやAndroidなど、手持ちの端末で利用できるものが多いです。「ユビレジ」「Uレジ」「スマレジ」などiPadを利用するメーカーが多いですが、「でん票くん」などAndroidにも対応したメーカーもあります。使い慣れた端末をレジとして導入できるため初めから使いやすく、従業員への教育も短い時間で終えることができます。また市販されている端末を利用するので、専用機器を必要とする従来のレジに比べ初期費用を大幅に抑えることができます。

Androidを使用し開発したもの

Androidを使用し開発されたPOSレジも存在します。従来のレジをコンパクトにしたような外見で、POSレジの特徴である高度な売上分析など、マーケティングに生かせる機能を搭載しています。「スマホやタブレットが苦手でタブレット型POSを避けたい」という人もいると思いますが、Androidを使用して開発されたPOSレジなら、従来のレジの使い勝手が残っているので使いやすいと思います。

ソフトウェアの開発・販売などを行ってきたブレイン株式会社が提供する「blayn(ブレイン)レジ」も、Androidを使用して開発されたPOSレジです。ブレインレジは、従来のレジのようにタッチパネルとレシートプリンタ、料金ディスプレイが一体になっています。

メーカー独自に開発したもの

従来のPOSレジはターミナルPOSといって、レジ専用の機器を使ったものが主流でした。チェーン展開しているコンビニやスーパーなど、大型の店舗で見かけることの多いPOSレジです。レジ本体の機器は、カウンターと一体になった大型のものやハンディターミナルと呼ばれる小型のものまで様々なタイプがあります。

専用機器を導入するため価格が高価になりがちで、レジ本体を含めた機器の老朽化に伴いランニングコストが発生します。費用がかかる分操作性が高く、耐久性があるのでスペックが高いPOSレジだと言えます。大型店舗でこれから業務拡大を考えているようなお店やチェーン店など、導入コストをまとめて出せるお店に適しています。

パソコンを使うもの

PCにPOSシステムのプログラムをインストールし、周辺機器をつないでレジとして使うタイプもあります。パソコンを使用しているため、レジとして使う時以外はオフィスワークに利用することもできます。このタイプのPOSレジは「ビジコム」や「NECソリューションイノベータ」などで開発されています。POSシステムのプログラムはメーカーが独自に開発したものなので、操作を習得するまである程度時間を必要とします。

POSレジ選定をお手伝いしています。
すぐにでも導入を考えている方は、是非こちらからご連絡ください。

コンシェルジュに相談する(無料)

電話相談窓口 : 0120-740-336
(受付時間9:00~19:00) 

 

POSレジの機能の種類

POSレジではどんなことができるのでしょうか?機能を業種別に見ていきましょう。

飲食店向け機能

OESシステム(オーダーエントリーシステム・ハンディ端末)

ハンディ端末を使えるメーカーは多く、ブレインレジ・ユビレジ・スマレジ・Uレジ FOODなどで利用可能です。ハンディ端末は注文受付け業務を効率化するだけでなく、スタッフ育成スピードが速くなることで人件費削減に貢献します。ハンディ端末はボタンを選択すれば注文を受けられるので、メニューを覚えきれていない新人スタッフやお酒の知識がない高校生スタッフでも、聞き慣れないメニューに戸惑うことがありません。

注文情報はキッチンプリタに送信され、お店が混み合う時間帯でもお客様の待ち時間を減らすことができます。メーカーにもよりますが、メニューごとの細かい要望にも対応でき、焼き加減や省いて欲しい具材、料をキッチンに伝達することも可能です。Uレジ FOODなど、「1日○食限定メニュー」といった料理が完売すれば、キッチンや本部からハンディ端末に、メニューを注文できないように設定できるPOSレジもあります。

セルフオーダーシステム(テーブルトップオーダーシステム・TTO)

お客様自身で注文してもらえるセルフオーダーシステムは、人手不足や人件費削減に一役買ってくれるシステムです。ユビレジではiPadをお客様のテーブルに置き、メニューブックとして利用します。「レジ本体を一気に購入すると予算オーバーになる」という店舗には、Uレジ FOODを提供するUSENからリリースされたU-Orderもおすすめです。U-Orderは利用中のレジはそのままで使えるシステムです。

セルフオーダーシステムがあれば、わざわざ店員が注文を聞きに行く必要がありません。店内が混み合っていてもお客様のタイミングで注文ができるため、注文機会損失を防止することができます。また、メニューブックを見ながら気軽に注文できるため、客単価が上がりやすいというのもセルフオーダーシステム導入のメリットです。

予約機能

飲食店向け予約システムと連携することもできます。例えばユビレジでは、予約・顧客台帳システム「トレタ」と連携することで、食べログやホットペッパーなど複数のシステムの予約を一元管理することができます。予約情報がレジ本体のタブレット内に自動で反映されるなど、予約管理も楽になります。

小売店向け機能

在庫管理機能

POSレジと連動して、リアルタイムで在庫を管理できるメーカーもあります。売れ筋商品の品切れを防ぎ、売上機会損失を防ぎます。従来在庫管理には、専用のハンディターミナルを使っていたと思います。ハンディターミナルの料金は、最低でも30万円以上はするほど高価でしたが、スマレジではiPad touchやiPadと、8万円程のバーコードリーダーで在庫管理ができます。

サロン・ヘアサロン向け機能

カルテ機能

カルテ機能をPOSレジと連携させることができるメーカーもあります。株式会社Groony(グルーニー)が提供するパワーナレッジPOSのように、サロン・ヘアサロン業界に特化したPOSレジメーカーも多いです。パワーナレッジPOSにはカルテ専用機能がありますが、ユビレジのように顧客管理機能をカルテに代用して使えるメーカーもあります。

予約機能

サロン・ヘアサロン向け予約システムと連携することができます。Uレジ BEAUTYは「Uリザ BEAUTY」と、スマレセは「Reservia(リザービア)」と連携可能です。POSレジと予約管理システムを一元管理することで予約管理を簡単にし、ダブルブッキングを防ぐことが出来ます。

お客様への通知機能

POSレジと連動して予約日時の通知や、一度ご来店いただいたお客様へのダイレクトメールをお送りできるシステムもあります。Bionly(ビオンリー)では、お店とお客様が気軽につながれるアプリ「Cheerbe(チアビー)」を使って、予約受付やお店からのキャンペーンの通知が可能です。

POSラボではお客様の注文履歴から、お客様に合わせたキャンペーンをご提案するダイレクトメールをお送りすることができます。メールから直接予約を受け付けることもでき、リピート顧客化への施策を戦略的に進めることができます。

その他

飲食店・小売店・サロン向けPOSレジ以外にも、様々な業界に特化したレジがあります。例えば、ドッグサロン向けの顧客管理や予約管理・CTIコールシステムを備えたコンニチわんタッチやBlackFriday。整体などの治療院向けのカルテ管理・予約管理・在庫管理機能を備えたUレジ HEALTHCAREなどが存在します。

また、インバウンド対策として多言語対応や免税対応機能を搭載したPOSレジもあります。POS+(ポスタス)は導入店舗の海外進出をサポートするために、英語・中国語(簡体字/繁体字)・ベトナム語・タイ語に対応可能です。iPadでパスポートを読み取ることができるので、免税対応も簡単です。POS+では139カ国のパスポート読取に対応しています。

POSレジ選定をお手伝いしています。
すぐにでも導入を考えている方は、是非こちらからご連絡ください。

コンシェルジュに相談する(無料)

電話相談窓口 : 0120-740-336
(受付時間9:00~19:00) 

 

まとめ

POSレジとは会計処理だけでなく、販売情報の集計・管理・分析までできるレジのシステムでした。POSレジにはガチャレジにPOS機能が追加されたもの、パソコンやタブレット端末をレジに応用したもの、メーカーによって独自に開発されたターミナルPOSがありました。POSレジの種類によって使い勝手やサイズ、価格が異なるため、店舗のニーズに合ったものを選びましょう。

レジチョイスではPOSレジ選定のお手伝いも承っています。レジ選びに困っている方は気軽にご相談ください。もちろん、今すぐPOSレジを導入したい方からのお問い合わせも受け付けております。

POSレジ選定をお手伝いしています。
すぐにでも導入を考えている方は、是非こちらからご連絡ください。

コンシェルジュに相談する(無料)

電話相談窓口 : 0120-740-336
(受付時間9:00~19:00)