有名飲食店が数多く採用!大型店でも強いタブレットPOSは?

近年多くの飲食店でタブレットPOSが利用されていますが、まだまだ専用POSレジを利用している飲食店も多いようです。専門のPOSレジが選ばれる理由としては、やはり製品自体の操作性や安定性、そして保守体制の充実が挙げられると思います。既存の専用POSレジは、とにかく機能が豊富であり、各業種業態に沿った機能のカスタマイズからデータの引き継ぎサービス、そして全国津々浦々にある営業所からの保守点検サービスなども充実しています。潤沢な資金があるのであれば、やはり老舗メーカーのレジはおすすめなのかもしれません。
一方でレジの導入や改修、保守にはかなりの費用がかかることも事実です。ある程度の規模の飲食店様のPOSレジを、1から店舗オリジナルで老舗メーカーに製作依頼をかけると相当の費用がかかります。導入費用をできるだけ抑えつつ、機能性が高く安定した専用POSレジのようなレジを利用したいとどの店舗様も一度は思うのではないでしょうか。
そこで今回レジチョイスがご紹介するのは、株式会社フォウカスが提供する『poscube』(ポスキューブ)です。iPadが販売され始めたタブレットPOS黎明期の2011年のリリース以来、着々と導入店舗数を増やしており、飲食店への導入はかなりの実績を誇っているレジになります。レジの魅力ポイントを紹介しながら、機能性の細かい部分までフォーカスしてまいります。

poscube(ポスキューブ)を中規模~大型店舗の飲食店におすすめする理由

001

多くのタブレットPOSは、クラウド形式で専用アプリをそれぞれの端末にダウンロードして無料で使えるなど、比較的小型店舗様向けとした製品が多いかとおもいます。「poscube」(ポスキューブ)は、店舗内にサーバーを構築し、市販のタブレットやPCなどを利用するという製品で、どちらかというと中規模店舗から大型店舗向けであるようです。

専用POS同様の安定性とコストパフォーマンス

002

「poscube」(ポスキューブ)は店舗内にサーバーを構築するため、 専用POSと同様の高いレベルでの安定性を得ることができiPadなどの汎用端末を利用することでハード面での導入費用を抑えられます。言い換えると専用POSのような安定性と、タブレットPOSの費用面での導入のしやすさという両方の良さを兼ね備えている、まさに一挙両得のPOSレジであると言えます。

複数台の端末同時利用可能な稼働体制とカスタマイズ性

10台以上の端末やプリンタの安定した稼働が可能で、帳票の出し分けなども柔軟に調整できるため、大型の飲食店でも安心して利用することができます。また、クラウド形式のアプリよりもカスタマイズ性も高く店舗独自の仕様にシステムを変更でき、本部システムなどの外部システムとの連携も可能で遠隔で店舗の売上情報などを確認することができます。これらのカスタマイズ性や連動性などから、poscube(ポスキューブ)を多数の店舗を展開する中規模・大型の店舗の飲食店におすすめいたします。

レジチョイスが注目した飲食店に特化したposcubeの機能

今まで様々な飲食店様用のPOSレジを紹介してきましたレジチョイスが、注目したposcubeの機能を、活用イメージを織り交ぜながらご紹介をしてまいります。

登録商品へのオプション追加機能

003

飲食店であるとお客様によって様々な注文スタイルがあります。お客様の多岐にわたる要望に飲食店様が柔軟に応えられるように、poscubeはそれぞれのメニューにオプション追加機能をつけています。この機能を使いこなすことで、いつもと違った注文をするイレギュラーのお客様のオーダーを取る時も、動じずに対応ができるはずです。

プリンタの振り分け機能

このPOSレジに連動しているオーダリングシステムでは、ハンディーでうけた注文をキッチンプリンタに印刷させることはもちろん、離れた場所にあるドリンクコーナーにいるバーテンダーにカクテルの注文を出すのも、手元のハンディーから操作することが可能になります。キッチンが2箇所以上あるところや、広い宴会場やパーティー会場などでもプリンタを複数台置いて、振り分け機能を使うことでスタッフの連携をスムーズにし、お客様に最善のサービスを提供することを可能にします。

テーブルの移動や統合なども自由自在

006

テーブルを事前にレジに設定して管理するPOSレジは数多くありますが、リアルタイムでその場でテーブルの移動や統合なども自由に簡単に出来るのもposcubeの魅力ある機能の一つです。テーブルの移動や結合でお店側が困ることは、ホールスタッフがどのテーブルに料理をとどければよいのかが分からなくなるという点です。

商品+画像のメニュー管理

登録商品を文字情報だけでなく、画像情報としてレジの操作画面からも見られる機能も教育の面からも嬉しい機能の一つです。通常のタブレットレジであれば文字情報だけが操作画面に表示されますが、poscubeでは直感的に操作しやすいように登録商品に画像をつけることが出来ます。それにより、新しく入ってきた新人アルバイトの人でも直感的に注文をとることができます。高級なイタリア料理やフランス料理のお店などであれば、メニューも外国語であることは良くあることで、メニューを覚えるまでスタッフの教育に時間がかかります。しかし直感的に操作できる画像付メニューを使い続けることで自然と名前と料理が一致させることができ、結果としてスタッフの教育時間を短縮することも可能になります。

まとめ

005

今回のPOSレジはいかがでしたでしょうか?中規模店舗~大型店舗の飲食店様に特化したPOSレジ「poscube」(ポスキューブ)でしたが、安定稼働で専用レジよりもコストを抑えたこのPOSレジは、店舗内面積が広い飲食店様のコミュニケーションを高めお店のサービス向上の為にも導入を検討しておきたいレジかもしれません。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

poscube公式ホームページ

poscube(ポスキューブ)を導入している一部の店舗様をご紹介いたします。

導入事例一覧はこちら