ポイント機能が連動できるPOSレジとは?【コンシェルジュコラム】

レジチョイス、コンシェルジュ担当の北浦です。

当サイトではPOSレジ選定のご助力をさせて頂く相談窓口を設けておりますが、POSレジのご相談の中で特にお問い合わせやご要望の多い内容について、ご紹介していきたいと思います。

また、過去の記事でもPOSレジ機能の解説・ご紹介をしておりますので是非他の記事も読んでみて下さいね。
結局何がいいのかが分からない、直接コンシェルジュに相談したい、などがございましたら、お気兼ね無く当サイト“コンシェルジュ相談窓口”までお問い合わせください。
私たちコンシェルジュがお電話にて詳細な内容をヒアリングし、POSレジ選定のお手伝いをいたします。

ポイントカード機能を利用したい

今回はポイント機能が利用できるレジについてご紹介いたします。
POSレジに求める機能は皆さま様々かと思いますが、中でも最近増え始めているご要望がこちらの「ポイント機能の利用・連動」についてのお問い合わせです。

楽天ポイントカードやTカードのような共通ポイントカードは勿論のこと、自社・自店舗独自のポイント機能を利用することによって生じるメリットは沢山ありますよね。まずはポイント機能でどういった事ができるのか、何が必要なのかというところからご説明していきます。

ポイント機能の利用に必要なもの

会員カードの発行

ポイント機能を使うに当たって会員カードの発行は必須といってもいいでしょう。
会員カードを読み取ることでPOSレジ上への顧客情報の呼び出しが簡単に行えるため、顧客情報の管理も容易になります。
会員カードはレジメーカーにて作成してくれる場合と、店舗にて作成が必要なものとがありますのでご確認ください。また、カード式のもの以外にアプリ式のものを選べるものもあります。

会員カードを読み取る

会員カードを読み取るためには、スキャナーを用いる方法が一般的です。
POSレジ本体から顧客情報を検索してポイント付与することもできますが、オペレーションに時間がかかってしまうため、スキャナーを使って会員カードのコードを読み取ることでスムーズな対応が可能になります。

ポイントを貯める

ポイントの貯まる条件などは店舗側で設定できるようになっているものがほとんどです。例えば、100円の利用で1ポイント貯まる、ゴールド会員は5%ポイントが増量。などといった具合です。このように、会員個人に対してのポイント付与率の他に、会員ランクの設定が可能なものもあり顧客のリピート率にも貢献してくれそうな機能です。

ポイントを使う

ポイントの利用方法も店舗側で設定できるようになっています。何ポイントで何円相当として利用できる。何ポイントで特定の商品と交換できる。などといった内容です。また、利用できる期限についてはお店側でしっかり決めておきましょう。

ポイント機能のついているPOSレジ

実際にポイント機能のあるPOSレジを5つご紹介させて頂きます。有料プランへの加入が利用条件のものもあります。ご不明な点はお気軽にコンシェルジュまでお問い合わせくださいね。

スマレジ

スマレジは業種に縛られずマルチに利用できる、ipadを利用したアプリ方式のPOSレジです。
プレミアムプラス以上のプランに加入して頂くことでポイント機能が利用可能になりますので飲食特化プラン、小売特化プランなどでもポイント機能が利用できます。ポイントカードの作成はスマレジでは行っていないため、自店舗で作成するか制作会社へ依頼する必要があります。
ポイントの後付け機能もしっかり備わっているので、会計時の読み込み忘れや、お客様がカードを忘れてしまった場合の対応も可能です。
また、店舗管理画面からマイレージの設定が可能になっており、ポイントではなくマイルを貯め、マイルからポイントに変更するということも可能なようです。

BCPOS

BCPOSは様々な業種に対応できる、メーカー製のPOSレジです。会員カードの作成もBCPOSで行ってくれるのが嬉しいポイントです。
また、カード不要で利用できるスマホ会員証も提供しており、ユーザー側はスマートフォンでポイントの確認などが可能になります。
こちらのスマホ会員証は、お客様の携帯へアプリを通じてお知らせを送ることができるサービスになっています。また、ポイント共有オプションを使うことによって、多店舗でのポイント利用が可能になります。

パワーナレッジPOS

パワーナレッジPOS-SG Liteは、理美容・整骨院・サロンなどに向けた業界特化型のPOSレジです。
ポイント機能は勿論のこと、会員様向け機能も充実しており、会員用アプリからネット予約をしたり回数券などの利用状況の確認といった事が可能になっています。会員登録は会計時のレシートに印字されているQRコードを読み込むだけなので、対応の端末を持っている方であれば誰でもスムーズに会員登録が可能です。
その他、電子カルテが利用できたり、濡れた手でもスムーズにレジ操作ができるなどサロン業界のことを考えた機能を備えています。

PowerPOSクラウド(パワクラ)

PowerPOSクラウドは小売業特化のPOSレジで、この一台で高度な在庫管理ができるようになっています。
会員ポイントの利用には顧客管理オプションに加入する必要があります。更にスマホ会員サイトオプションを利用して頂くことで、お客様のスマホをそのまま会員カードとして利用できるようになります。このスマホ会員サイトを利用することで、店頭にQRコードを設置しておけば、お客様側はそれを読み取るだけで会員になることができるため会員登録も非常にスムーズです。
スマホ会員サイトの店舗ページからはECサイトへの誘導も可能なので、通信販売を行っている、行う予定のある店舗にとっては是非活用したい機能になっていますね。

ライブレジ

ライブレジはポイントカード屋さんが作ったPOSレジ、という事で勿論ポイントカード機能がついています。
システム用として必ずWindowsのパソコンもしくはサーバーが必要になりますが、実際に店頭にレジとして設置する端末にはタブレットを選ぶことも可能です。また、ポイントカードの制作をしているメーカーさんのため、バーコード式からICタイプまで幅広く会員カードの制作をしてくれるようです。

まとめ

ポイント機能がついているPOSレジについて、今回は5つのレジをご紹介させて頂きましたが如何でしたでしょうか。
最近ではポイント機能はレジを使わずアプリで導入している、といったお店も増えていますのでPOSレジを使う事以外でも解決方法は見つかりそうですね。

当サイトではPOSレジ選びに悩んでいる方のために、無料相談窓口も設けております。
コンシェルジュが直接お話をお伺いしてPOSレジを選定いたしますので、是非お気兼ね無く御相談ください。