無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

ポイント機能が連動できるPOSレジとは?【コンシェルジュコラム】

当サイトではお店に合ったPOSレジ選びをお手伝いするコンシェルジュ相談窓口を設けております。中でも特にお問い合わせやご要望の多い内容について、コンシェルジュからご紹介をしていきたいと思います。

また、過去の記事でもPOSレジのご紹介や機能比較をしておりますので、是非合わせて他の記事も読んでみて下さいね。色々とPOSレジがありすぎて迷ってしまったという方は是非お気兼ね無く、当サイトコンシェルジュ相談窓口までお問い合わせください。
コンシェルジュがお電話にてお店のご希望・要望をヒアリングした上で、POSレジの選定からメーカーさんのご紹介までお手伝いをいたします。

ポイントカード機能を利用したい

今回はポイント機能が利用できるレジについてご紹介いたします。
POSレジに求める機能は様々かと思いますが、最近増え始めているご要望がこちらの「ポイント機能の利用・連動」についてのお問い合わせです。

楽天ポイントカードやTカードのような共通ポイントカードは勿論のこと、自社・自店舗独自のポイント機能を利用することによって生じるメリットは沢山ありますよね。まずはポイント機能でどういった事ができるのか、ポイント機能を利用するために何が必要なのか、というところからご説明していきます。

ポイント機能の利用に必要なもの

会員カードの発行

ポイント機能を使うに当たって会員カードの発行は必須といってもいいでしょう。
会員カードにはお客様の情報を検索する為に必要な情報を記載します。お名前であったり、会員番号であったり、お店のオペレーションに合わせて必要な情報を載せられるカードを作りましょう。カードの情報を見ることで、顧客情報の呼び出しはスムーズになります。この会員カードはレジメーカーで作成してくれる場合と、店舗にて作成が必要なものとがありますのでご確認ください。また、カードを発行するタイプではなく、スマホのアプリケーションに会員カードを発行できるものもあります。

会員カードを読み取る

会員カードの顧客情報を読み取るためには、スキャナーを用いる方法が一般的です。勿論、カードに記載した名前や会員IDを打ちこむことでPOSレジ本体から顧客情報を検索する、ということも可能ですが、これでは時間がかかってしまいます。顧客情報を結びつけたバーコードを設定しカードに添えておくことによって、スキャナーを使って会員カードのコードを読み取るといったスムーズな対応が可能になります。

ポイントを貯める

ポイントの貯まる条件などは店舗側で設定できるようになっているPOSレジがほとんどです。設定の仕方としては、

  • 100円の利用で1ポイント貯まる…といった購入金額に対する付与率の設定
  • ゴールド会員は5%ポイントが増量…といった会員ランクによる付与率の設定

といったように、個人に対する付与率の他に会員ランクごとの設定が可能なものもあり、顧客のリピート率にも貢献してくれそうな機能です。

ポイントを使う

勿論、ポイントの利用方法も店舗側で設定できるようになっています。

  • 1ポイントで1円相当として利用できる。
  • 規定のポイント数で特定の商品と交換できる。

などといった内容です。あらかじめどういった内容にポイント利用できるか、といったところを提示しておくとよいでしょう。また、利用できる期限についてはも最初にお店側でしっかり決めておくことが大事と言えます。

ポイント機能のついているPOSレジ

ここからは実際にポイント機能が利用できるPOSレジを5つ、ご紹介させて頂きます。有料プランへの加入が利用条件のものもありますのでご注意ください。また、ご不明なことや気になることがあればお気軽にコンシェルジュまでお問い合わせくださいね。

スマレジ

スマレジはipadを利用したアプリケーション式のPOSレジです。業種に縛られることなく、多様な使い方をすることができるので小売以外にも飲食店であったり様々な分野で採用されています。
ポイント機能を利用する為には「プレミアムプラス」以上のプランに加入して頂く必要がありますが、「飲食特化プラン、小売特化プラン」といったプランは必然的にプレミアムプラス以上のプランとなっているのです。ポイントカード・会員カードの作成はスマレジでは行っていないため、自店舗で作成するか制作会社へ依頼する必要があります。
ポイントの後付け機能もしっかり備わっているので、会計時に会員カードを読み込み忘れたり、お客様がカードを忘れてしまったという場合でも対応が可能です。
また、店舗管理画面からマイレージの設定が可能なので、ポイントではなくマイルを貯め、マイルからポイントに変更するということも可能なようです。

BCPOS

BCPOSはビジコム製のPOSレジで様々な業種に対応しています。メーカー製のPOSレジの中でも比較的導入をしやすいPOSレジとなっており、会員カードの作成もビジコムでおこなってくれるのが嬉しいポイントです。また、カード不要で利用できるスマホ会員証も提供しており、ユーザー側はスマートフォンでポイントの確認などが可能になり、この方法であればカードを発行する手間もなくなります。
スマホ会員証を使う事でお客様の会員アプリへお知らせを送ることもできるので、DM効果も持っています。また、ポイント共有オプションを使うことによって、他店舗でのポイント利用が可能となるため複数店舗を展開していても、どこの店舗でも使えるのです。

パワーナレッジPOS

パワーナレッジPOS-SG Liteは、Groony(グルーニー)の提供する理美容・整骨院・サロンなどに向けた業界特化型のPOSレジです。
ポイント機能は勿論のこと、会員様向け機能も充実しており、会員用アプリからネット予約をしたり回数券やコースチケットの利用状況を確認できるようになっています。会員登録は会計時のレシートに印字されているQRコードを読み込むだけなので、対応するスマホを持っている方であれば誰でもスムーズに会員登録が可能です。
その他、電子カルテ機能や、濡れた手でもスムーズにレジ操作ができるタッチパネルなどサロン業界のことを考えた本体機能を備えています。

PowerPOSクラウド(パワクラ)

PowerPOSクラウドは小売業特化のPOSレジで、この一台で高度な在庫管理ができるようになっています。
会員ポイントの利用には「顧客管理オプション」に加入する必要があります。加えて、「スマホ会員サイトオプション」を利用して頂くことで、お客様のスマホをそのまま会員カードとして利用できるようになります。このスマホ会員サイトを利用することで、店頭にQRコードを設置しておけば、お客様側はそれを読み取るだけで会員になることができるため、例えば会計待ちの時間に簡単に会員登録ができるなど非常にスムーズです。
スマホ会員サイトの店舗ページからはECサイトへの誘導も可能なので、通信販売を行っている・行う予定のある店舗にとっては是非活用したい機能になっていますね。

ライブレジ

ライブレジはポイントカード屋さんが作ったPOSレジ、という事で勿論ポイントカード機能がついています。
システム用としてレジ本体の他にもう一台、Windowsのパソコンもしくはサーバーの設置が必要になりますが、実際に店頭でレジとして設置する端末にはタブレットを選ぶことも可能です。また、ポイントカードの制作をしている藤田電機が開発メーカーさんなので、バーコード式からICタイプといった幅広い種別から会員カードを制作してくれるようです。

まとめ

ポイント機能がついているPOSレジについて、今回は5つのレジをご紹介させて頂きました。
最近ではポイント機能はレジを使わずアプリで導入している、といったお店も増えていますので、POSレジを使う事以外でもポイント機能導入の解決方法は見つかりそうですね。

当サイトではPOSレジ選びに悩んでいる方のために、無料相談窓口も設けております。
コンシェルジュが直接お話をお伺いしてPOSレジを選定いたしますので、是非お気兼ね無く御相談ください。

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。