無料POSレジ選定 複数比較でお店に最適なレジが見つかります! 詳しくはこちら

モバイルオーダー「OkageGo」Instagram連携で注文が獲得可能に!

飲食店において、人件費の削減と売上アップに効果的なモバイルオーダーシステム。現在では、さまざまなメーカーからモバイルオーダーが登場していますが、飲食店向けモバイルオーダー&ペイシステム「Okage Go店外版」では、テイクアウト・デリバリー領域でInstagram(インスタグラム)と提携し、Instagram経由でテイクアウトの事前注文や決済が可能となりました。

本記事では、Instagramからの集客も期待できるOkageGoとInstagramが連携した詳しいニュースをお伝えするとともに、モバイルオーダー&ペイ「OkageGo」の特徴やメリットについても解説します。

OkageGo導入のご相談はこちら

「Okage Go店外版」が テイクアウト・デリバリー領域で「Instagram」と連携


画像引用:Okageホームページ

写真や動画などをシェアしてつながるSNSの代表ともいえるInstagram(インスタグラム)。2019年3月時点で月間アクティブユーザー数3,300万人を誇っており、今や大人気のサービスとなっています。
そんなInstagramですが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受ける中小企業を支援する取組みの一つとして導入している「料理を注文」機能のパートナーとして、Okage株式会社が提供するモバイルオーダー&ペイシステム「OkageGo店外版」と連携しました。

具体的には、Instagramのプロフィール画面に設置された「料理を注文」アクションボタンを追加することで「OkageGo店外版」で生成されたテイクアウト・デリバリーの事前注文と決済ができるページへ飛ばすことが可能です。さらにストーリーズの投稿の際、「料理を注文」スタンプも使用することができるため、ユーザーがストーリーズを見て「料理を注文」スタンプをタップすることでメニューページへ移動して料理を注文することができます。
またユーザーは、スタンプを自分の投稿としてシェアすることでフォロワーへ拡散することもできます。飲食店にとっては、集客効果の高い連携サービスといえるでしょう。

OkageGo導入のご相談はこちら

>>モバイルオーダーおススメ7選!人件費削減&売上アップに最適

「OkageGo」のInstagram連携、飲食店におけるメリット

モバイルオーダー&ペイ「OkageGo」がInstagramと連携することで、飲食店にはどのようなメリットがもたらされるのでしょうか。ここでは、おもに2つのメリットをお伝えします。

Instagramを活用した集客が可能に

「OkageGo」とInstagramが連携する最大のメリットは、国内3,300万人の圧倒的なユーザー数を誇るInstagramからの集客が期待できるという点にあります。
Instagramは、写真や動画などをメインとする視覚的な訴求ができることが大きな特徴であり、飲食店では自店の料理をInstagramに投稿することで直接アピールすることができます。さらに今回の連携により、「料理の注文」というアクションに至るまでをスムーズにInstagram上で完結させることが可能となります。テイクアウト・デリバリーのニーズが急増する現在、Instagramという集客の間口が増えることで店舗の売上アップは大いに期待できるといえるでしょう。

Instagramでのクチコミ拡散効果も

「OkageGo」店外版と、Instagramが提携することでフォロワーの口コミ拡散効果も期待できます。今回の連携では、飲食店がストーリーズ活用して商品を紹介した際に、「料理を注文」スタンプも使用することができ、ユーザーはそのスタンプをタップすることでメニューページへ移動して料理を注文することができます。さらにそのスタンプを自分の投稿としてフォロワーへシェアすることで飲食店を応援したり、フォロワーへ拡散することも可能となります。
この機能をうまく活用することで、飲食店側ではマーケティング業界で話題となっている「口コミを利用して不特定多数に広まるように仕掛けるバイラルマーケティング」にも応用することができます。SNSマーケティングに力を入れたい飲食店であれば、とくに効果的といえるでしょう。

「OkageGO」とは?

ここまで「OkageGo」店外版のInstagram連携について詳しく説明していきましたが、ここで改めて「OkageGo」とはどういうものなのかをご説明したいと思います。

「OkageGo」とは、お客様のスマホから注文や会計ができるモバイルオーダーシステムです。提供元はOkage株式会社となっており、Okageシリーズとしてモバイル・セルフオーダーシステムやスタッフオーダー、セルフレジなど飲食店向けのサービスを展開しています。

モバイルオーダー&ペイ「OkageGo」には店外版と店内版の2種類があり、店内版の「OkageGo」は、店舗の外からテイクアウトの予約やデリバリーをオーダーして店舗で商品を受け取る仕様となります。一方、「OkageGo」店内版は、店内で料理を注文する際に、ホールスタッフを呼ばずにお客様のスマホから注文できるセルフオーダースタイルとなります。
モバイルオーダー&ペイ「OkageGo」は、Okageシリーズ(レジ・ハンディ・セルフオーダー・モバイルオーダーなど)の端末と連動し、クラウドで一元管理できるため店舗オペレーションの効率化を図ることができ、中食強化を図りたい店舗などもにもおススメです。

OkageGo導入のご相談はこちら

「OkageGO」店外版の詳細・メリット

まずは「OkageGO」店外版の機能や支払いなどの詳細とメリットをみていきましょう。

機能・注文画面の出し方・支払い方法など

≪機能≫
外出先からテイクアウトの予約・デリバリーの注文をして、店頭で受け取るスタイルです。

≪注文画面の出し方≫
飲食店のホームページやチラシなどに貼っている固定のURL・QRコードから注文画面へ移ります。

≪支払い方法≫
商品を注文するときにオンライン決済となります。ただし店頭でのPOSレジ会計も可能です。

≪不正防止対策≫
支払いを済ませてからの注文となるので、注文だけして取りに来ないといったリスクを防ぐことが可能です。

「OkageGO」店外版のメリット

①店舗オペレーションの効率化を図れる
モバイルオーダー&ペイ「OkageGo」は、事前にお客様のスマホから注文・決済を完了することができるため、飲食店は効率よく商品を事前に準備しておくことができます。さまざまなチャネルからの注文を1つのデシャップディスプレイで統一して管理できるので、店内オペレーションの効率化を図ることができるでしょう。

②集客にも効果的
モバイルオーダー&ペイ「OkageGo」は販売促進にも効果を発揮します。「OkageGo」はURL発行型のため自店のホームページやアプリなどのオウンドメディアやInstagram・Twitter・Facebook・LINEなどのSNS、Googleマイビジネスなどにリンクを貼るだけで展開することができ、販売促進につなげることが可能です。

OkageGo導入のご相談はこちら

「OkageGo」店内版の詳細・メリット

つづいて「OkageGO」店内版の機能や支払いなどの詳細とメリットをお伝えします。
機能・注文画面の出し方・支払い方法など
≪機能≫
店内で料理を注文するときに、ホールスタッフを呼んで注文するかわりに、お客様のスマホから直接キッチンへセルフオーダーを行えます。

≪注文画面の出し方≫
飲食店に入りテーブルに着席した後、スタッフから受け取った専用のQRコードから注文画面への移動となります。

≪支払い方法≫
飲食を済ませた後、最後に会計となります。支払いの際は、スタッフ対応またはセルフレジとなります。

≪不正防止対策≫
会計後に使用できなくなる専用のワンタイムQRコードを採用しており、お客様がお店を出たあとに注文ができないようになっています。この仕組みは特許出願済みとなり、不正防止対策につながります。

「OkageGO]店内版のメリット

①少人数での運営と、回転率の向上が期待できる
新型コロナの休業要請などを経て、安定したスタッフの確保が難しい状況が続いているかと思います。そんな人手不足で悩んでいる場合、注文を受ける工程をモバイルオーダーに置き換えることで少人数でも効率良く店舗運営ができるようになります。また、お客様を待たせることがなくなるので、注文時間が短縮され回転率も向上します。

②商品の販売機会損失をなくし、売上UPにつなげる
モバイルオーダー&ペイ「OkageGO」を導入すれば、店内でメニューを注文するときにお客様がスタッフを呼ばずに気軽に注文できるので、忙しく追加注文が取れないなどの機会損失をなくし、売上UPにつなげることができます。

OkageGo導入のご相談はこちら

「Okageシリーズ」は飲食店向けのサービス・機能が豊富

「Okageシリーズ」は、飲食店に特化したサービスや機能が満載です。クラウド一元管理で以下のサービスなどと連動させることで人手不足を解消する省力化や二重オペレーションを防ぐことが可能となります。レジ・ハンディ・タブレットオーダーなど自由に組み合わせて使用することができるため、店舗の課題によって導入することで、より店舗の効率化を図ることができるでしょう。
「Okageシリーズ」では、以下の製品を提供していますので、一つ一つ見ていきましょう。

・店外モバイルオーダー(OkageGo店外版)

来店する前に店外でお客様のスマホから商品を注文することができます。。商品を見ながらEC感覚で料理を楽しく注文することが可能です。

・店内モバイルオーダー(OkageGo店内版)

店舗に来店した際、スタッフを呼ばずにお客様のスマホから直接オーダーすることが可能です。追加注文もスムーズになります。

・タブレットオーダー

紙のメニューデータを取り込み、カンタンにタッチパネルで注文を選択できる電子メニューを作成することが可能です。

・セルフレジ

券売機としても使用できるタブレット連動型のセルフレジとなります。

・ハンディ

スマホにハンディ機能を付けることが可能です。レジ機能も搭載しておりその場で精算することもできます。

・POSレジ

飲食店が欲しい機能満載のPOSレジ。オプションで展開しているキャッシャーやカード端末の導入も併せて可能です。

・キッチンディスプレイ

店内や店外の注文をタブレットで一元管理することができます。クラウド情報なので複数の端末で共有することも可能です。

・デジタルサイネージ

店内のサイネージをフルクラウドで一元管理します。

OkageGo導入のご相談はこちら

>>セルフオーダーもモバイルオーダーも組み合わせられる、飲食店専用の「Okageレジ」

まとめ

今回は、モバイルオーダー&ペイ「OkageGo」とInstagramが連携したニュースを詳しくご紹介しました。現在、多くの飲食店では新型コロナウイルスの影響下の中、売上向上に向けさまざまなへ対策を行っている店舗が多いことでしょう。テイクアウトやデリバリーサービスの需要が加速するなか、Instagramとの連携による新たな機能は、ユーザーにとって便利になるだけでなく店舗にとっても集客に繋がる画期的な機能といえるでしょう。
今後は、withコロナ時代においてモバイルオーダーが飲食店のスタンダードになると予想されます。ぜひこの機会にモバイルオーダー&ペイ「OkageGo」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

OkageGo導入のご相談はこちら

お店に本当に合ったPOSレジ選びをお手伝い
店舗に本当に合った
POSレジ選びをお手伝い
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?
軽減税率対策POSレジのご相談も承ります。
弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。
後悔しないPOSレジ選びを。比較・見直ししてみませんか?軽減税率対応POSレジも。弊社がレジメーカーではない代わりに、無理な提案は一切ございません。

お悩み・目的別タグ

  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • ピピッとチョイス QR・キャッシュレス決済の比較・導入ならピピッとチョイス