まだ間に合う!新年会の予約を獲得するために行いたいこと3選

居酒屋 イメージ

忘年会に引き続き、新年会シーズンも飲食店、とくに居酒屋にとっては書き入れ時となるので、早めに予約を獲得して売上を伸ばしたいところではないでしょうか。
飲食店の予約といえば、電話予約やWeb予約、また来店して直接予約するということもありますが、今回は今のうちから新年会の予約を獲得する方法と、予約客の管理の仕方についてご紹介します。

関連記事:客足が伸びやすい時期だからこそやっておきたい!今後の経営にも活きる年末年始商戦7点

今のうちから新年会の予約を獲得するためにしておきたいこと3選

ターゲットを絞ってピンポイントで宣伝する

ポスティング イメージ

新年会といっても性別や年代によって求められるコースの内容は変わってくるので、まずはターゲットを明確にしましょう。働き盛りのサラリーマンの新年会を狙うのか、もしくは20代女性の女子会を狙うのか、お店のコンセプトや提供できるコースの内容と合致させて考える必要があります。
ターゲットを明確にしたら、新年会の会場に選んでもらうための活動を開始します。たとえば会社の新年会をターゲットに設定したのなら、企業向けにチラシやパンフレットのポスティングを行います。パンフレットには仕事で疲れたサラリーマンに刺さりそうなキーワードやイメージ写真を盛り込みながら、金額やコースの内容を分かりやすく記載しておくと良いでしょう。また、連絡先や受付時間も必ず忘れないように記載してください。

インターネットを利用して幅広く宣伝する

インターネット イメージ

お店選びの際に、パソコンやスマホを使ってインターネットで情報を集める人がどんどん増えています。宣伝のためにグルメサイトや口コミサイトに登録するのは効果的ですが、せっかく高い掲載料を支払ったとしても、ライバル店が多数ある中で他と同じような宣伝内容では他の店舗情報に埋もれてしまいます。全面的にオリジナリティを出したり、自店だけのメリットを提案したりできると見た人の印象に残りやすいので、選んでもらうためにも内容はよく考えてから掲載しましょう。
また、外部のサイトだけではなく自店のホームページやブログなども上手く活用し、コース内容、金額などを分かりやすく伝えるのも効果的です。お客様はお店の知名度だけではなく、自分たちの希望に沿っているかどうかでもお店を選びます。「〇名様までOK」「完全個室でゆったりくつろげる」など、お店のコンセプトに合ったキーワードを一緒に添えておきましょう。

来店客にも積極的にアピールしておく

宣伝活動はお店の外だけではなく、お店の中でも行えます。店内でお客様の目につきやすいところにポスターを貼る、手に取りやすい位置にチラシやパンフレットを用意しておくというのも効果的なポイントです。こちらにも新年会コースや金額などを分かりやすく記載しておきましょう。
また、注文受付時やお会計時など、お客様とコミュニケーションが取れる時は最大のチャンスです。レジの周辺にチラシやパンフレットを用意しておき、自然な流れでお渡しできるといいですね。ただしこれらの宣伝活動は一歩間違うと過剰に感じられて逆効果になりかねませんので、ほどほどのラインを見極め適切な範囲で行ってください。

トラブル防止のためにしておきたい予約情報の整理方法とは?

予約管理システムを活用して予約時のヒューマンエラーを0に!

予約台帳 イメージ

新年会の予約が取れたのなら、次に大事になってくるのが予約管理です。手書きの予約台帳で管理を行っていると、ダブルブッキングや書き漏れなどのトラブルにつながってしまう恐れもあります。そこで便利なのが「トレタ」や「エビカ」などのクラウド型の予約管理システムです。Web予約や電話予約はもちろん、連携したグルメサイトサイトを経由して登録された予約情報もリアルタイムで反映されるので、未然にトラブルを防ぐことが可能です。
繁忙期は忙しさ故に焦ってしまい、ヒューマンエラーが発生しやすくなってしまいがちですが、せっかく予約を入れてくれたお客様のためにも正確な情報が管理・共有できる予約管理システムをうまく活用していきましょう。

関連記事:
トレタってどれくらい便利なの?飲食店向け予約・顧客台帳サービスを徹底調査!
「ebica(エビカ)」で店舗のこだわりを追求!初心者でも使いやすい予約台帳サービスとは?

予約管理とPOSシステムを組み合わせると店舗にファンができる!?

タブレットPOS イメージ

予約管理システムをさらに有効活用するためにも、POSシステムと連携させて利用することをおすすめします。連携によりPOSレジで予約情報と詳しい顧客情報をまとめて管理できるようになるので、お客様により満足していただけるサービスが提供できます。
予約管理システムとPOSレジを連携させておけば、いつでもハンディで顧客譲歩を確認することができるので、予約を受け付けた際に記録した要望やアレルギー情報などを全てのスタッフが把握しておくことが可能です。スムーズで丁寧な接客を行うことで、店舗のファンになってくれるお客様も居るのではないでしょうか。
さらに、予約管理システムとPOSレジを連携することにより、お客様の予約ルートなども分析できるようになるので、今後より効果的なプロモーションが行えるようにもなります。

関連記事:取りこぼし0で売上アップ!予約管理システムから選ぶ飲食店向けタブレットPOS 9選

まとめ

飲み会 イメージ

今回は新年会の予約を獲得、整理するためにできることについて紹介させていただきました。ポイントを絞って行動することで、今からでも充分に新年会のお客様を呼び込むことができるでしょう。また、予約管理システムの導入は、予約の段階で発生しやすいバッティングや予約漏れを防いでくれるだけにとどまらず、POSレジとの連携によりお客様の情報やご要望をスタッフ全員で共有できるようになります。
多くのライバル店の中から自店を選んでくれたお客様とは、今後も長いお付き合いを築きたいところなので、今後リピーター客になっていただくためにもお客様に満足していただける料理やサービスを提供し、予約管理システムやPOSレジを活用して顧客管理を行うと良いでしょう。

飲食店向けPOSシステムのお見積りはコチラ