今の時代にホームページは必要?飲食店が専用のホームページを作るメリット

インターネットが生活に浸透した現代、飲食店にとって専用のホームページはお店の看板と言っても過言ではありません。ホームページの有無によって新規客の呼び込み率、リピーターの定着率は大きく左右されます。そこで今回は店舗専用のホームページを持つメリットについてご紹介させていただきたいと思います。

SNSだけじゃダメ? ホームページを作成するメリットとは

悩み イメージ

最近ではぐるなびや食べログなどの大手グルメサイトや、FacebookやTwitterなどSNSの台頭により、店舗専用のホームページを持たないお店も見受けられます。とくに大手グルメサイトはGoogleなどの検索エンジンでは検索結果の上位に表示され目に留まりやすいので、お店の存在を知ってもらうには絶好のチャンスとなるでしょう。

しかし、多くの競合店も同じように登録されているので情報が埋もれやすく、お店ならではの特色やアピールポイントが伝わりにくいというデメリットも存在します。SNSの場合は拡散力がすさまじく宣伝としての効果が期待できる反面で、SNSに登録していない人には情報が届きにくく、また頻繁に更新しなければ他の情報に流されてしまいやすいという点も無視できない問題ではないでしょうか。

大手グルメサイトやSNSは非常に有益ですが、自店ならではの良さを知ってもらうにはさらに一歩踏み込んだアピールが必要となります。そのためにも自店舗専用ホームページの作成をお勧めします。また、グルメサイトやSNSと併用し、連動させることによって、より取りこぼしのない集客が期待できるようになるでしょう。

お客様が欲しい情報を分かりやすくまとめられる

写真や短い文章だけでしか情報を伝えられないSNSとは違い、ホームページはお店に関する情報を詳しく伝えられる術となります。情報過多の時代だからこそ、お客様の欲しい内容が網羅できるホームページを作る必要があると言えるでしょう。お客様の欲しい情報はお店のコンセプトやメインの客層によって異なりますが、最低でも以下の2点は必ず押さえておきしましょう。

基本の店舗情報

店舗の住所や連絡先など、基本となる情報は正確に掲載しておく必要があります。お盆、年末年始で営業時間の変更がある場合もあらかじめ記載しておきましょう。また車で訪れるお客様が多い地域の場合には、お店の駐車場だけではなく近くの駐車場の情報も一緒に記しておくとさらに親切に感じられます。
〈ホームページで常に載せておきたい情報〉
・店舗名
・住所
・連絡先
・地図
・定休日
・営業時間
・駐車場

最新の情報

新メニューの登場やキャンペーンの開始など、新しいお知らせは忘れずに掲載しておきましょう。また、臨時休業や急な営業時間の変更、貸し切りの予約などがあった場合は、分かり次第すぐにホームページ上で知らせる必要があります。
また、いつまでも終わったキャンペーンや季節外れのメニューが掲載されていると、杜撰なイメージを与えてしまいかねないので、こちらは常に最新の情報をお届けする必要があります。こまめに更新されているホームページであればきちんとしたイメージが与えられ、良い評価に繋げられるでしょう。
ホームページはただ作って終わるのではなく、定期的に更新して最新の情報をお届けするようにしましょう。
〈ホームページで頻繁に更新したい情報〉
・新メニュー開始のお知らせ
・旬の食材入荷のお知らせ
・キャンペーンのお知らせ
・限定メニュー終了間近のお知らせ
・臨時休業や貸し切りのお知らせ

ホームページでお店の魅力を伝えられる

撮影 イメージ

ホームページを利用することで、お店の売りとなるコンセプトや独自性をしっかりとお客様に伝えることができます。食材や産地にこだわりがある場合なら産地や生産者についての情報や、食材へのこだわりが記載してあると見た人の共感を生みやすく、来店のきっかけにつなげられるでしょう。

ホームページのレイアウトにこだわることによって、ライバル店との差別化を図ることもできるので、掲載する写真は適当に選ばずに、お店の良さが伝わるものを用意しましょう。もしお店の経営が忙しくホームページを作る暇がない、あるいは作成するスキルがないという場合には、業者に依頼して作ってもらうという方法もあります。

また、おしゃれな料理の写真を掲載しているだけでは、もしかすると中にはお店に敷居を感じてしまうお客様もいるかもしれませんが、ホームページにメニューの内容や料金について掲載されているとお客様に安心感を持っていただけます。さらに予約システムと連携させてホームページ上からもWeb予約ができるようにしておけば、お客様の手を煩わせずに予約や空席状況の確認をしていただくことが可能です。

ホームページで新規客を呼び込み、リピーターを定着させる

ネットサーフィン イメージ

新しいお店を選ぶ時、まずはインターネットで情報を集めてから来店を決めるというパターンが今では主流となっているかと思います。ライバル店がひしめく中でお店の魅力を打ち出したホームページの存在は、新規客の呼び込みにとても大きなプラスとなります。
しかしお店の経営には固定客、いわゆるリピーターの存在も欠かせないものです。店舗専用ホームページの存在は、新規層へのアプローチだけではなくリピーターの確保にも活かせます。ホームページを見て来店されたお客様は、お店の雰囲気や料理を気に入ってくれた場合、再びSNSやホームページをチェックしてくれる可能性が高くなります。たとえば新メニューの登場やキャンペーンの開催など、お客様の関心を高めるようなお知らせが都度更新されていると再来店率のアップにつなげられるでしょう。
ホームページは仕掛け次第で新規客とリピーター両方の集客が期待できるので、うまく活用していきましょう。

まとめ

ホームページ イメージ

今回の記事では、今の時代に店舗専用のホームページを持つメリットについてご紹介させていただきました。ひと昔前は専用のホームページを持っていることは一種のステータスでしたが、スマホやタブレットでも気軽にインターネットにアクセスできるようになった現在、ホームページを持たないということはお客様の取りこぼしにもつながりかねません。
店舗専用のホームページとは、インターネット上でのお店の看板とも言えます。
お客様に安心と信頼感を与え、欲しい情報を的確に提供し、個性を打ち出してライバル店との差別化を図ることができれば、多くの選択肢の中から自店が選ばれる確率は格段にアップするでしょう。
お店にとってもお客様にとってもプラスとなる要素が多いホームページ。ぜひ魅力的なホームページを作成して、お客様の呼び込みと囲い込みの両方に役立ててください。

レジチョイスでは、他にも各業種向けの集客術などについての記事も公開していますので、興味のある方はぜひ合わせてご覧ください。